快適な走りを求める人必携の「自転車専用グローブ」

快適な走りを求める人必携の「自転車専用グローブ」

ロードバイクやクロスバイクに乗っているとき、素手でハンドルを握っていて手が痛くなったり、滑ったりしたことはありませんか?

快適なサイクリングをするために、おすすめなのが「自転車用のグローブ」です。自転車用のグローブをつけると、こんなメリットがあります。

1:手を衝撃から守ってくれる

1:手を衝撃から守ってくれる

走行中の手は、つねに道路からの衝撃を受け続けています。素手でハンドルを握った場合、近場でのツーリングやポタリングではあまり感じませんが、長距離のライドでは衝撃により手に疲労がたまる、痛くなるなどのトラブルに見舞われる方も多いのではないでしょうか。

その点、ロードバイク用のグローブにはジェルパッドなど衝撃吸収性に優れた素材が付いているため、手を疲労や痛みから守ってくれるのです。

2:滑りを防止してグリップ力を高めてくれる

2:滑りを防止してグリップ力を高めてくれる

素手での走行では雨や汗で、ハンドルを握る手が滑ってしまうと、非常に危険。一方ロードバイク用のグローブには滑り止めが施されているため、滑りにくくなります。

3:落車時に手を守ってくれる

3:落車時に手を守ってくれる

自転車は落車時に地面に手をつき大けがをすることがあります。完ぺきではありませんが、グローブを装着することで、ケガの確率を下げることができます。

ちょっとした落車だと、膝小僧の擦り傷などは、我慢して走れるものですが、手のひらの擦過傷だと、痛みが気になってハンドル操作が疎かになることも。落車しない安全運転は当たり前、ヘルメットとセットのつもりで着用を強くオススメします。

4:防風・防寒対策になる

4:防風・防寒対策になる

秋~冬場は風を受けて手が予想以上に冷えてしまいます。ロードバイク用グローブには防風性・防寒性の高い素材を使ったものがあり、着用することで寒さ対策になります。ただし防寒専用のグローブ以外は完全な防寒はできないので要注意。

5:汗拭きになる

5:汗拭きになる

ロードバイク用グローブには親指部分にマイクロフリースが付いています。これは汗を拭きとったり、サングラスの汚れを取ったりするためのもので、意外に便利です。

大きくわけて2種類!グローブにはどんなタイプがある?

サイクルグローブは大きく2種類に分かれます。

タイプ1:ハーフフィンガータイプ

タイプ1:ハーフフィンガータイプ

指切りグローブと呼ばれるもので主に春~夏向けです。手の甲にメッシュ素材を使ったり空気穴を付けたりといった工夫が施されており、手が蒸れにくくなっています。また指は直接ハンドルやブレーキに触れるため、細かい操作を行うことができます。

タイプ2:フルフィンガータイプ

タイプ2:フルフィンガータイプ

指先まで生地があるグローブです。フルフィンガーには3種類のタイプがあります。

・薄手のフルフィンガータイプ
主に春~秋用です。手の保護、日焼け防止の目的で着用します。
・厚手のフルフィンガータイプ
主に春、秋、初冬用のタイプです。多少の防寒性能を持っていますが、寒い真冬などは役に立たず使えません。
・防寒機能を持ったフルフィンガータイプ
主に冬用で、気温0~5℃といった寒い時期に対応するグローブです。

今回は「1」と「2」どちらのタイプもご紹介しますが、フルフィンガーはハーフフィンガーと比べると手をすべて覆ってしまうため、自転車の操作性はやや落ちるので要注意。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

同じコンペティションのレース用途のグローブでも、衝撃吸収とダイレクトな感触のモデルがあります。乗る自転車、走行スピード、用途などにもよりますが、まずは薄手のダイレクトな感触モデルを試してみて、痛みや疲労がでなければ、そのまま継続。痛みが出る場合には、グローブの衝撃吸収を上げてみたり、グリップを変えてみたり、ほかのアイテムもいろいろ試してみてもいいかもしれません。また、サドルも含めて初心者ほどあちこち痛みを訴えるケースが多いような気がします。3つのル=「ペダル」「サドル」「ハンドル」でしか、身体は自転車と接していません。3つのル、への体重配分を適切になるよう調整することと同時に、常時同じポジションではなく、ときどき立ち漕ぎをするとか、ちょっとポジションを変えるのが一番のコツだと思っています。

チェックポイントはここ!サイクリング用グローブの選び方

ここからは義村氏にグローブの選び方を具体的に解説してもらいます。

ポイント1:サイズ

ポイント1:サイズ

グローブのサイズは大きすぎず、小さすぎずがベストです。キツすぎると血流の妨げが原因で変な疲れが生じることも。かといってブカブカでは、特にフルフィンガータイプのグローブでブレーキや変速操作に問題が生じます。

ただしネット通販を利用する場合、実際に着用することができませんので、商品解説で手のひらの計り方が掲載されているものを選ぶとよいでしょう。しっかりと計った上で、サイズを選んでください。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

個人的には、夜寝る時に着用して、朝起きた時に違和感が無いかチェックしたり、洗濯で縮むのか、伸びるのかをチェックしたりしますね。ある程度消耗品だと思って、気に入ったのが出たらまとめ買いします。またアマゾンファッションだと返品、サイズ交換が無料だったりするので、これを行使するという選択もありますね。

ポイント2:ジェルパッドの厚さ・位置

ポイント2:ジェルパッドの厚さ・位置

商品によってクッション(ジェルパッドなど)の厚さや位置が異なります。ジェルパッドは厚ければ良いというわけではありません。

厚すぎる生地や、パッドの位置によってはハンドルの操作性が低下します。どんな道を、どのくらいの距離を走るかで選択肢が変わりますが、操作性を重視する人はなるべく薄め、長距離や凸凹道を走ることが多く、手が痛くなる人はやや厚めでクッション性が高いものを選ぶとよいでしょう。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

ジェルパットの位置・配置は商品によって異なりますが意外に重要です。人によってハンドルの握り方や力のかけ方が異なるので、まず1つ購入して、その位置・配置を基準に選んでいくのがよいでしょう。マニアックなことを言うと、ロードバイクならバーテープ、クロスバイクやマウンテンバイクなどではグリップの厚さや衝撃吸収性と、ブレーキレバーや変速機との相性もあります。

ポイント3:外しやすさ

ポイント3:外しやすさ

サイクルグローブは着脱が意外に面倒なので、重要なポイントと言ってもよいでしょう。とくに汗をかいたときなどは手にまとわりついて外しにくくなります。そのため指の部分にフックが付いているものを選ぶのがオススメです。

そういったタイプなら簡単に脱げて裏返しにならないので、またすぐ着けられます。レース専用なら不要ですが、サイクリングや自転車通勤では、意外に着け外しが多いので重宝します。

ちなみに、マジックテープを締めすぎると、フィット感は増しますが、長時間だと血流の妨げになって疲労しやすくなることも。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

マジックテープは洗濯機で他の衣類に傷を着けたり、くっついて迷子になったりします。今回の製品はすべて一昔前のマジックテープより傷を着けにくい改良品になってはいますが、洗濯するときマジックテープは接着した状態にすることをオススメします。

ポイント4:通気性

ポイント4:通気性

気性・速乾性は主にハーフフィンガータイプに求められる性能です。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

暑い時期は甲の部分はできるだけ涼しい素材のほうがよいと思います。ただし夏は甲の部分はすぐに乾きます。手のひら部分の素材は、摩擦に強い丈夫な素材が使われているのでやや乾きにくい。パット部分はさらに乾きにくい。蒸れが気になる人は手の平の一部がメッシュ素材になっているようなタイプを選ぶとよいかもしれません。

ポイント5:防寒・防風

ポイント5:防寒・防風

春・秋の肌寒い季節の走行では手も予想以上に冷たくなります。そうした時期は比較的厚手のフルフィンガーを着用すれば多少防寒・防風対策になります。ただし寒い真冬は役に立たないので。以下のような「防寒用」のグローブが必要になります。

ポイント5:防寒・防風

※画像はAmazonより

Souke Sports
サイクルグローブ冬 防風防寒グローブ スマホ対応
実勢価格:2499円

防寒・防風グローブは「0~5℃」といったように対応する気温が書かれているので、必ず確認してから購入しましょう。

フィット感や機能性などをチェック!グローブ10製品を検証

今回は、ハーフフィンガータイプとフルフィンガータイプ10製品を集め、義村氏に評価してもらいました。チェック項目や採点基準は以下のとおりです。

1:フィット感(配点25点)

1:フィット感(配点25点)

着けたときに手をしっかり包み込んでフィットするかどうかが本項目のポイント。今回は義村氏に同一サイズをすべて着用の上、実際にハンドルを握ってフィット感をチェックしてもらいました。

2:機能性(配点25点)

2:機能性(配点25点)

指側に着脱がラクにできるフックがついているかどうか。フルフィンガーの場合、スマホ操作ができるかどうか(タッチパネル対応)、手首の締め付け調整機能はあるか……など細かい機能も重要です。

2:機能性(配点25点)

使い勝手がよい機能が付いているかどうかチェックしました。

3:素材・作り(配点25点)

3:素材・作り(配点25点)

ひとつの手袋の中で、たくさんの素材が使われている方が優れたグローブであることが多い傾向があります。

たとえば手のひらはジェルを配した頑丈な作りでも、手首には柔らかい素材を使っているといった具合。そのほうが手を動かしやすくハンドル操作もしやすいのです。このポイントでは素材の使われ方に気を配られているかどうか、さらに縫製などをチェックしました。

4:コスパ(配点25点)

4:コスパ(配点25点)

以上のポイントを踏まえた上、価格との比較でお買い得かどうかをチェックしました。

それではお待たせしました! 「ハーフフィンガータイプ」と「フルフィンガータイプ」のタイプ別に、ロードバイク用グローブのランキングをご紹介していきます。

ロードバイク用グローブランキング【ハーフフィンガータイプ5選】

まずは、「ハーフフィンガータイプ」の製品ランキングから。ここでは、5つのおすすめ商品を紹介します。

柔軟性がありフィット感抜群の「シマノ」

柔軟性がありフィット感抜群の「シマノ」

シマノ(SHIMANO)
トランジット グローブ 春夏用
実勢価格:1480円


サイズ:S/M/L/XL
カラー:ネイビー/ブラック/ジンファンデル
素材:手のひら部分・ポリアミド60%、ポリウレタン40%/手の裏面:・ポリエステル 77%、ポリアミド19%、ポリウレタン4%

▼検証結果

  • フィット感: 24/25点
  • 機能性: 25/25点
  • 素材・つくり: 24/25点
  • コスパ: 24/25点
  • 総合: 97/100点

1位となった「シマノ(SHIMANO) 」は、シンプルなデザインのグローブです。柔らかく柔軟性に富んだ素材を使っていて、手にしっかりとフィットします。

柔軟性がありフィット感抜群の「シマノ」

パッドは薄目で操作性を重視する人向き。UVカット機能や、汗拭きパッド、グローブを脱ぐときに便利なタグ、抗菌性能など機能性抜群です。

柔軟性がありフィット感抜群の「シマノ」
義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

今回のハーフフィンガーの商品はみな高品質で感心しましたが、その中でもこのグローブはとくに秀逸。パッドはほぼないと言っていいぐらいですが、フィット感が抜群。薄手なのでポケットに簡単に入るのも◎。またリフレクターなど安全性にこだわった作りに好感が持てます。マジックテープによる手首の調整はありませんが、ふだん使いで頻繁に着脱する方は無いほうが便利だったりもします。シンプルな構造なので、連続使用、例えば、土曜日使って洗濯して、日曜日に使用するのもOK。それとメーカーが無難なシマノです。

衝撃吸収性の重視派にオススメ「Gretop」

衝撃吸収性の重視派にオススメ「Gretop」

Gretop
サイクルグローブ 春 夏 秋 専用
実勢価格:1150円


サイズ:S/M/L/XL
カラー:ブルー/ブラック
素材:ポリエステル繊維88%、ライクラ12%

▼検証結果

  • フィット感: 24/25点
  • 機能性: 23/25点
  • 素材・作り: 24/25点
  • コスパ: 24/25点
  • 総合: 95/100点

2位の「Gretop」は、フルフィンガーも発売されているグローブです。UVカット加工、スマホ対応の機能を備え、ベルクロストラップでフィット感の調節ができます。

衝撃吸収性の重視派にオススメ「Gretop」

甲部には冷んやり感を与える生地を採用。また手の平の一部がメッシュになっていて夏場に使うのに最適です。

衝撃吸収性の重視派にオススメ「Gretop」

クッション部は1位商品より厚めで、衝撃吸収性を重視する人におすすめです。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

個人的にパッドの位置が好みです。パッドはやや厚めだと感じました。手首の締め付け調節機能でフィット感を変えられるのもよいですね。デザインがシンプルなのも使い勝手がいいのでは?

滑りにくい素材でグリップ力抜群「JK.rose」

滑りにくい素材でグリップ力抜群「JK.rose」

JK.rose
サイクリンググローブ 夏 3D
実勢価格:1380円


サイズ:S/M/L
カラー:ブルー/ブラック/ピンク/グリーンイエロー
素材:高弾性ライクラ生地、スエード生地、シリコン、SBRパッドなど

▼検証結果

  • フィット感: 23/25点
  • 機能性: 23/25点
  • 素材・作り: 23/25点
  • コスパ: 24/25点
  • 総合: 93/100点

3位の「JK.rose」は、甲部に高弾性の生地を採用したグローブ。滑り止めシリコン加工と滑り止め耐震クッションパッド採用で高グリップ力を実現しています。

滑りにくい素材でグリップ力抜群「JK.rose」

スエード生地なので耐久性も期待できるグローブです。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

ジェルのせいか、非常に滑りにくいグローブですが、個人的にはもう少し滑った方がハンドル操作の点でよいと思います。全体的に厚みがあるのでジェル部の厚みはさほど感じませんが、使い勝手という点では、1、2位商品に軍配が上がります。若干、外すときのループが長すぎて、指に干渉します。

4位: 甲部がメッシュで通気性が高い「Souke Sports」

4位: 甲部がメッシュで通気性が高い「Souke Sports」

Souke Sports
サイクルグローブ メンズ 3Dパッド付
実勢価格:1999円


サイズ:S/M/L/XL/XXL
カラー:ブラック/ブラックブルー/ブラックグリーン/ブラックホワイト
素材:70%Nylon、20%Polyurethane、10%Polyester

フィット感 23/25点
機能性 23/25点
素材・作り 23/25点
コスパ 22/25点
総合 91/100点

4位の「Souke Sports」は、手の甲にメッシュ素材を採用したグローブ。通気性と発汗性に配慮された作りになっています。

4位: 甲部がメッシュで通気性が高い「Souke Sports」

親指のマイクロフリース、手首のマジックテープなど基本的な機能はすべて備えていて、使いやすいグローブです。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

甲がメッシュですが、前述の通り、だから取り立てて良いというわけではありません。滑り止めは強いすぎず、弱すぎずで、ちょうど良い感じ。全体に薄手なので、ポケットに入れやすいというメリットがあります。ただし価格がやや高めなので、コスパで評価を落としました。あと、どっかの有名自転車メーカーっぽいロゴがちょっと幻滅。

5位: 着け心地はよいが2か所のフックがジャマ「ARCH GLOBAL」

5位: 着け心地はよいが2か所のフックがジャマ「ARCH GLOBAL」

ARCH GLOBAL
サイクリンググローブ 夏
実勢価格:1490円


サイズ:S/M/L/XL
カラー:ブラック/ホワイト/レッド
素材:ポリウレタン50%、ポリエステル45%、レーヨン 5%、クッション材、スポンジ、シリコン

▼検証結果

  • フィット感: 23/25点
  • 機能性: 23/25点
  • 素材・作り: 22/25点
  • コスパ: 22/25点
  • 総合: 90/100点

5位の「ARCH GLOBAL」は、水濡れても縮みにくい “ポリジックレーヨン”という生地を採用したグローブ。

5位: 着け心地はよいが2か所のフックがジャマ「ARCH GLOBAL」

汗による伸縮性の低下を防ぎ、快適な走りを演出してくれます。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

着け心地は非常にいいですね。滑り止めもちょうど良い感じです。ただし指先のループが片手だけで2か所についておりちょっとジャマな感じ。自分ならばカットして使います。2つの指に長いループがあると、乗車中に不意にブレーキレバーに絡んだりして怖い思いをすることがあるかもしれません。

ロードバイク用グローブランキング【フルフィンガータイプ5選】

続いては、「フルフィンガータイプ」のランキングです。5つの製品をご紹介します。

フルフィンガーでも1位獲得の「シマノ」

フルフィンガーでも1位獲得の「シマノ」

シマノ(SHIMANO)
ロンググローブ 2020年
実勢価格:1980円(ブラック・M)


サイズ:S/M/L/XL
カラー:ブラック/ホワイト/ブルー
素材:ポリエステル、ポリアミド、エラスタン

▼検証結果

  • フィット感: 24/25点
  • 機能性: 25/25点
  • 素材・作り: 24/25点
  • コスパ: 23/25点
  • 総合: 96/100点

ハーフフィンガーと同じく、フルフィンガーでも「シマノ(SHIMANO) 」が第1位を獲得しました。

フルフィンガーでも1位獲得の「シマノ」

手のひらには合成皮革を使い、グリップ力を高めています。さらにGEL+EVAパッド採用で操作性も抜群。やや薄手の春・秋用フルフィンガーです。

フルフィンガーでも1位獲得の「シマノ」

全体的に作りもしっかりしており、耐久性に優れたグローブだと言えます。なお色やサイズによって実勢価格が変わるので要注意です。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

パッドの感じが厚すぎなくて使いやすいグローブだと思います。親指部分には柔らかい汗拭き面があり便利。またタッチパネル対応と機能面も充実しています。定価はお高めですが、人気のないカラーの場合、実勢価格の割引率が高いのでコスパに優れた商品だと言えるでしょう。

裏地がついた春~秋用のフルフィンガー「NICEWIN」

裏地がついた春~秋用のフルフィンガー「NICEWIN」

NICEWIN
サイクルグローブ
サイクリンググローブ メンズ レディース 春夏
実勢価格:1818円


サイズ:S/M/L/XL
カラー:ブラック/レッド/ブルー
素材:ポリエステル、シリコン他

▼検証結果

  • フィット感: 24/25点
  • 機能性: 24/25点
  • 素材・作り: 24/25点
  • コスパ: 23/25点
  • 総合: 95/100点

2位の「NICEWIN」は、サラサラとした裏地がついた春~秋用の男女兼用フルフィンガー。とくに通気性に優れた素材を使っていて、薄手の甲部、通気孔がついた手の平部など湿気を外に逃がす工夫が施されています。

裏地がついた春~秋用のフルフィンガー「NICEWIN」

夏用としてもOKで、親指部分には吸水性の高いタオル生地が採用されています。機能面ではタッチパネル対応なので便利です。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

通気性に優れたグローブです。パッドはかなり滑りにくく、グリップ力があります。通気性に優れているので、汗ばむ季節でも使いやすいですね。

秋~初冬向きの防風タイプ「Gretop」

秋~初冬向きの防風タイプ「Gretop」

Gretop
サイクルグローブ 防寒 防水 スマホ対応
実勢価格:1390円


サイズ:M/L/XL/XXL
カラー:ブラック/ブルー
素材:ポリエステル繊維88%、ライクラ12%、マイクロファイバー

▼検証結果

  • フィット感: 24/25点
  • 機能性: 22/25点
  • 素材・作り: 24/25点
  • コスパ: 23/25点
  • 総合: 93/100点

3位の「Gretop」は、パッドの位置が独特なフルフィンガー。親指部には汗ぬぐいがついていて便利。また手の背部に反射テープが付いています。

秋~初冬向きの防風タイプ「Gretop」

タッチパネル対応なので装着したままスマホが使えます。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

多少の防寒性能があるタイプですね。秋~初冬で使えますが、真冬はきついと思います。手首までしっかりとはめることができるのでフィット感は◎。防水と謳っていますが、縫い目にシームの処理はされていないので、水に浸けたり、大雨だと縫製部分から浸水するでしょうが、おそらく自転車用途ならば、ちょうどぐらいなのでは。ただし全体に厚みがあり、ハンドル操作性は1、2位商品に比べて格段に落ちます。

4位: 初冬の防風・防寒対策におすすめ「COTOP」

4位: 初冬の防風・防寒対策におすすめ「COTOP」

COTOP
アウトドアグローブ タッチパネル対応
実勢価格:1598円


サイズ:M/L/XL
カラー:ブラック
素材:マイクロファイバー他

▼検証結果

  • フィット感: 23/25点
  • 機能性: 23/25点
  • 素材・作り: 23/25点
  • コスパ: 23/25点
  • 総合: 92/100点

4位の「COTOP」は、マイクロファイバーを全体に使用した通気性に優れたグローブです。防寒性能・保温性は今回紹介する中では1番優れていると言えます。サイドには縦にジッパーが付いていて着脱がラクにできます。

4位: 初冬の防風・防寒対策におすすめ「COTOP」

滑り止めシリコンは手の平全体に均等に施されています。パッドがないので衝撃吸収性に欠けますが、その分指を曲げやすくハンドル操作性も上々。またタッチパネル対応なのもうれしいポイントです。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

着脱チャックがよいアイデアです。はめてみると結構あたたかく秋~初冬用の防寒グローブとしてもおすすめ。スマホ対応の指が左右3フィンガーずつついているのも◎。自転車用途に特化しておらず、ふだん着にグローブをしていても違和感ないのがいいですね。自転車での近所の買い物などふだん使いしやすいデザインです。パッドはありませんが、滑り止めが優秀なのでワンサイズ上を買って、下にハーフフィンガーのサイクリンググローブを使うという手もあったりします。

5位: 操作性は合格点だがフィット感は△「サンティック」

5位: 操作性は合格点だがフィット感は△「サンティック」

サンティック(Santic)
自転車グローブ
実勢価格:2280円


サイズ:S/M/L/XL/XXL
カラー:オレンジ/グレー/ブルー/レッド
素材:ポリエステル、マイクロファイバー、ナイロン

▼検証結果

  • フィット感: 20/25点
  • 機能性: 22/25点
  • 素材・作り: 21/25点
  • コスパ: 22/25点
  • 総合: 85/100点

5位の「サンティック(Santic) 」は、手の平部がメッシュになっているフルフィンガーです。滑り止め効果はあまり強くなく、操作性は合格点。

5位: 操作性は合格点だがフィット感は△「サンティック」

親指の汗ぬぐいフリース、反射ログなど基本的な機能を備えています。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

さまざまな素材を使っているのはいいのですが、やや作りや素材が涼しいのか、温かいのか、ちぐはぐな印象を受けるグローブです。わりとごちゃごちゃしているので、砂やほこりがたまりやすいかもしれません。また実際にはめてみて親指と人差し指の間がフィットしないなと感じました。値段もやや高めなのも残念でした。

【まとめ】購入の際はレビューもチェックするのがおすすめ

【まとめ】購入の際はレビューもチェックするのがおすすめ

以上、ロードバイク用グローブのランキングでした。

耐久性に関しての検証は今回は行いませんでしたが、通販サイトのレビューでは「一回洗濯しただけで穴が空いた」といった報告がなされているので、参考にしてみてください。またサイズ感に関しても、メーカーの解説以外にレビューをチェックするとよいでしょう。

以上のことを参考に、自分の手に合ったフィット性とデザイン性の高いグローブをぜひ見つけてくださいね!