スマートフォン今、アツい家電”は何?読者・識者・家電好き芸人にアンケート!

今、アツい家電”は何?読者・識者・家電好き芸人にアンケート!

ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』では、毎月、数多くの家電を検証・紹介しています。しかし、別ジャンルで注目している家電や、改めて使ってみたら超便利だった以前の製品などはなかなかフォローすることができません。

そこで、いつもご協力いただいている識者の方々だけでなく、家電好きの芸人や読者の皆さま、総勢405人にアンケート調査「家電・デジタル総選挙」を実施! 「これで暮らしが変わりました」「とにかく誰かにオススメしたい」、そんな思い入れのある製品に1票を投じてもらい、「今、アツい家電」をピックアップしました。

今回は、眠りの質を客観視する活動量計です。

スマートフォン睡眠の質改善へ導くFitbit「Charge 4」

睡眠の質改善へ導くFitbit「Charge 4」

Fitbit
Charge 4
実勢価格:2万1738円

サイズ:W22.7×H35.8×D12.5mm
搭載センサー&パーツ:3 軸加速度計、光学式心拍数トラッカー、GPS、振動モーター、NFCチップ( Fitbit Payに対応)、高度計
バッテリー持続時間:最大7日間( GPSの継続使用 時は最大5時間)
バッテリー充電時間:2時間
通信方式:Bluetooth
※楽天のリンクは色違いの製品です。

健康のために睡眠が大切なのは理解していても、自分の睡眠の質ってよくわからないですよね。そこで役立つのが睡眠トラッカー。2020年春に登場したFitbitの新モデルFitbit「Charge 4」は、眠りの深さや中途覚醒頻度、血中酸素飽和度(推定酸素変動量)がわかるだけでなく、入眠した瞬間の時間までバッチリわかってしまう精度の高さが魅力です。

本体が非常に軽く、寝ているときに違和感から外してしまう心配も少ないですよ。

睡眠の質改善へ導くFitbit「Charge 4」
睡眠の質改善へ導くFitbit「Charge 4」

タッチパネルとサイドのボタンで操作します。従来モデルに比べてGPSが搭載されたり、生活防水が50m防水になるなどさまざまな点で進化しています。

小林麻利子 氏
眠りとお風呂の専門家
小林麻利子 氏 のコメント

睡眠対策を考えるきっかけづくりに1台持っておきたいです

眠りの深さや体内の酸素変動がわかる

眠りの深さや体内の酸素変動がわかる

睡眠の深さの推移や時間をグラフで表示してくれるのでわかりやすいですね。

眠りの深さや体内の酸素変動がわかる

歩数や消費カロリー、心拍数の記録もお手のもの。さまざまな角度から健康状態を可視化することができます。

フィットネスにもはや必携「AppleWatch Series 6」

スマートウォッチはヘルスケア機能がますます充実してきています。2020年9月に発表されたAppleWatch「Series 6」には、血中酸素を測るセンサーが搭載されて話題になりました。

フィットネスにもはや必携「AppleWatch Series 6」

AppleWatch
Series 6
実勢価格:
GPSモデル/4万7080円~
GPS+Cellularモデル/5万9180円~

新モデルpleWatch「Series 6」は、ワークアウト時の消費電力が改善。ヘルスケア端末としての地位をさらに一段上へと高めています。

以上、眠りの質を客観視する活動量計のご紹介でした。自分の睡眠の質や運動量などを客観的に評価して、生活習慣の改善に取り組んでみませんか。

▼スマホ連携できる体組成計(体重計)が人気! おすすめはこちら

▼スマートウォッチってそもそも何ができる? おすすめはこちら

スマートフォン『家電批評』2020年10月号

『家電批評』2020年10月号

家電批評
2020年10月号

「家電・デジタル総選挙」の詳しい結果が掲載された『家電批評』2020年10月号はこちらから購入できます。家電好きの芸人やプロも愛用品を紹介。ぜひチェックしてみてくださいね。