<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器『家電批評』がセレクト! 楽しい暮らしに役立つおすすめ家電

仕事中も、家でくつろぐ時間にも、生活をするなかで今や家電は欠かすことができない存在です。実用的で便利なものから、楽しむことが目的の趣味に富んだものまで、家電の種類は本当に様々で、私たちの生活に潤いをもたらしてくれます。

そこで、数々の家電をガチでテストしてきた、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』が、世間を騒がせた人気製品からおすすめの家電をセレクトしてみました。

今回はその中から、パナソニックのワイヤレスイヤホン「RZ-S30W」をご紹介します!

AV機器ビギナーが使いやすい入門タイプ! Panasonic「RZ-S30W」

Panasonic
RZ-S30W
実勢価格:1万3200円


サイズ:W約17×H17×D28mm(イヤホン)、W約74×H39×D30mm(充電ケース)
重量:約4g(イヤホン)、約45g(充電ケース)
再生時間(イヤホン単体):約7.5時間
再生時間(ケース併用):約30時間
防水性能:IPX4相当

Panasonic「RZ-S30W」は、同メーカー「RZ-S50W」の下位モデルで、相違箇所はノイズキャンセリング性能の有無です。

ノイズキャンセリングは搭載しないスタンダードなモデルで外部のマイクなどが取り除かれている分、重さ約4gとコンパクト設計になっており、装着感が抜群。気になる音質は、上位モデルと比較すると音質も表現も平坦で若干間延びした印象になりますが、必要な音はしっかり鳴っていて悪くはない無難な仕上がりといえます。

▼音の質

無味無臭なややドンシャリ傾向の音づくり。今時の楽曲の低音もしっかり出せて、うるさすぎない高音もいい感じです。

大澤大輔 氏
サウンドプロデューサー
大澤大輔 氏 のコメント

耳にも軽く、長く装着していても不快感はまったくない。

ただし専用アプリによるイコライザは効果は薄いという見解。音像になんとかメリハリをつけようと試みましたが、バランスを変えられませんでした。

▼アップル、ソニーに第三の刺客!「RZ-S50W」を紹介した記事はこちら。

以上、雑誌『家電批評』がおすすめするPanasonic「RZ-S30W」のご紹介でした。

アップル、ソニーが独占するワイヤレスイヤホンの市場にどう風穴をあけるか注目されているパナソニック。イヤホンにまだ慣れない、着け心地の良さを重視するビギナーさんは、ぜひチェックしてみてくださいね。