<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は記事作成時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家電後継機の発売で旧世代に……
型落ちなら新品でも格安!

後継機の発売で旧世代に……型落ちなら新品でも格安!

テレビや洗濯機、冷蔵庫など新生活に欠かせない家電。良いものが安く買えると嬉しいですよね。「このまえ出たばかりなのにもう安くなってる」なんて家電に出会ったことはありませんか? そう、「型落ち」は最安の狩り場なんです。

新製品や新モデルが登場したらチャンス到来! 後継機に主役を奪われたモデルたちの実売価格が下がり「底値」に向かっていきます。しかも、こうした型落ち品は在庫処分、在庫一掃という名目でセールの対象にもなりやすく割安に購入できる機会も増えるんです。

ちなみに、「MacBook Pro 15.4インチ」の値動きはこんな感じ。

後継機の発売で旧世代に……型落ちなら新品でも格安!

発売後しばらくすると実売価格が安定します。新製品好きならこの時期に買うのもアリですが、お得になるのは後継機の発売後です。

幸い、ジャンルごとに新製品の発売が集中しやすい時期があります。例えばカメラは2月、エアコンは春、テレビは夏前、iPhoneは9月などなど。新製品シーズンを迎えたらぜひ型落ち品をチェックしてみてください。

家電「型落ちを底値で買う」
これが最もお得な新品購入!

型落ちで買う最大のメリットは、中古ではなく新品ということ。フリマやオークションとは違い、メーカーや量販店から販売されている新品を購入するのでメーカーの保証や量販店の保証はもちろん有効です。また、メーカーが行うキャッシュバックなどのキャンペーンの対象にもなります。

ということで、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』は「良いものを安く買いたい!」そんなシンプルなミッションを達成すべく「型落ち」の現場を大調査。Amazonや楽天で購入できる、おすすめの型落ち家電を見つけ出しました。

その中から今回は、「Wi-Fiルーター」をご紹介します!

家電4×4タイプのコスパ大賞!
「WN-AX2033GR2」

4×4タイプのコスパ大賞!「WN-AX2033GR2」

アイオーデータ
WN-AX2033GR2
実勢価格:4980円


サイズ:W180×H186×D120
重量:410g
アンテナ方式:内蔵アンテナ×4
接続台数:推奨16台
インターネットポート:1000Mbps×1
LANポート:1000Mbps×1

型落ちになり、半額以下まで値下がり中のアイ・オー・データの最上位ルーター、「WN-AX2033GR2」。

2階建ての一軒家で行われた本誌検証では、安定した通信状況とスピードをマークし、「Wi-Fi5ルーターランキング」で2位となった実力の持ち主。安定した高速通信はもちろん、子どもの利用制限や有害サイトブロックなど多機能な一台です。

新規格のWi-Fi6や親機と中継器で広範囲をカバーするメッシュWi-Fiなど、ルーターはどんどん進化していますが、ワンルームから3LDK程度の広さなら、本機のようなWi-Fi5でも十分。

ちなみに、ルーターの速度は「5」や「6」という対応規格や、アンテナ数で変化します。アンテナは、本数(ストリーム)が多いほど高速通信が期待できます。

4×4タイプのコスパ大賞!「WN-AX2033GR2」
「2×2」と表記している箇所がアンテナの本数。

また、親機と複数の中継器を相互接続する「メッシュ」は単体タイプより通信範囲がワイドになるので、4LDKや2階建て以上の広い家に向いています。

2×2タイプのコスパ大賞はこちら

2×2タイプのコスパ大賞はこちら

アイオーデータ
WN-AX1167GR2
実勢価格:3600円


サイズ:W150×H157×D83
重量:250g
アンテナ方式:内蔵アンテナ×2
接続台数:推奨16台
インターネットポート:1000Mbps×1
LANポート:1000Mbps×1

WN-AX1167GR2」は型落ち品ではありませんが、先程の「WN-AX2033GR2」に続き、「Wi-Fi5ルーターランキング」で第3位となっています。こちらも速度は安定しており、360度方向に電波を飛ばして死角を作らない「360コネクト」技術で広範囲をカバーしてくれます。

以上、雑誌『家電批評』がおすすめする型落ち家電、Wi-Fiルーターのご紹介でした。

家電最安購入の鉄則は相場を知ること!
相場検索の基本テクニック3つ

そもそも、最安で購入するなら相場を知ることが最も肝心。型落ち品などの新品でも、中古やフリマでも、「相場」は安く買うための必須情報です。

相場のチェックといえば価格.comですが、全てのショップは網羅されていません。ちょっと手間はかかりますが、複数の方法で相場を調べるのがオススメ。最後は、相場を調べるためのテクニックをお教えしますね。

テクニック1:Googleショッピングでチェックする

テクニック1:Googleショッピングでチェックする

Googleショッピングでは、新品や中古、メルカリの相場を見比べることができます。価格.comには掲載されていない最安店が見つかることもあるなど、意外と有能なんです。

テクニック2:Google Chromeにプラグインを導入する

テクニック2:Google Chromeにプラグインを導入する

WebブラウザのGoogle Chromeに「Keepa」プラグインを導入するとアマゾンの価格推移を確認できます。価格の上がり下がりが一目瞭然。底値か高値かの判別に便利です。

テクニック3:「過去落札相場検索」でチェックする

テクニック3:「過去落札相場検索」でチェックする

オークションの相場を調べるならヤフオクの「過去落札相場検索」がオススメ。ヤフオクでは過去の落札相場が検索できます。入札の締め切り前に一気に入札数が増えて高値になる傾向があるため、相場の把握は大事です。

いつ、どこで、何を、どう買えばお得に入手できるのか。このように、情報を制する者が買い物を制するのです。情報を上手く利用して、良いものを安く手に入れましょう!