AV機器令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

AV機器無条件にオススメできる
2019年最高のテレビ

いま4Kテレビを買うならば「東芝レグザZ730X」を買っておけば間違いありません。

それが2019年数多くの4Kテレビを検証し尽くしてきた家電批評の答えです。

本来ならば、何を見るのかとか、予算はどのくらい? どんな機能が必要? というような条件を絞ってから候補の機種を何台かピックアップするのですが、現状では無条件に「レグザZ730X」を勧めて問題ないと考えています。

東芝
REGZA
55Z730X
実勢価格:16万8732円


サイズ:W1242×H782×D235mm
重量:約19.5kg(スタンド含む)
チューナー:BS4K・CS4K×2、地上デジタル×9、BS・110度CSデジタル×3

そもそも「Z730Xシリーズ」は特別高級なラインナップではなく、かなり標準的な価格帯のシリーズとなっていて、予算的にも無理なく購入できます

もちろん画面サイズ次第で大きく値段が変わりますが、最も小さいサイズで43インチ、大型では65インチと幅があるラインナップで、部屋のサイズや個人の趣向に合わせて選ぶことができるのです。

ここでは、4K画質をしっかりと迫力ある画面で堪能できる55インチモデルを代表的にオブ・ザ・イヤー製品としていますが、この画面サイズによる機能の差はありません。

特に43インチで高性能なシリーズは珍しく、50インチクラスを必要としないユーザーにとっては、使いやすいサイズの43インチモデルこそオブ・ザ・イヤー製品であると考えても問題ありません。

AV機器2019年お値ごろ4Kテレビ
ランキング41台中 第1位を獲得

そもそも東芝が力を入れているシリーズなので、画質や音質についても非常にハイレベルをキープしています。

他メーカーのモデルと比較した結果を見ても、かなり上位であり、特に画質については液晶テレビでは最高クラス。なかでも地デジ放送が非常に高画質なので、普段よく見る番組が高品質に感じることも多く、買い替えの効果を実感しやすくなっています。

受賞の決め手は
「10万円台なのにタイムシフト機能」

レグザユーザーならお馴染みの、かつて100万円したセルレグザの目玉機能だった、番組を丸ごと録画しておいて過去番組表から簡単に再生できるようにする「タイムシフトマシン」機能が搭載されています。

タイムシフトマシンははじめにセッティングしておけば、ひとつひとつの番組を録画予約する必要がなくなるだけではなく、決まった時間ではなく、好きな時間に自由に番組を見られるという生活習慣を変えるほど便利な機能です。

まるで今現在放送している番組表のように見えますが、これすべてが録画してある番組リスト。気になる番組を選択するだけで放送を視聴することができます。

24時間録画した場合は最大6chの放送を約3日分保存しておくことが可能で、空いた時間に好きな番組を観れます。

タイムシフトマシンは2010年に東芝が当時の技術を結集して発表したフラグシップモデル、CELL REGZA 55X1に搭載されていた機能です。画質、音質、録画すべてに最高を目指した革新的モデルで、当時の販売価格は100万円でした。

その目玉機能がお手頃価格のテレビで気軽に使えるようになったというのだから、歴史を知ると非常にありがたみを感じます。

100万円レグザの全録搭載
「Z730Xシリーズ」は別格の最強4K

これまでもレグザの高価格帯モデルには搭載されていましたが、前出のように、「Z730Xシリーズ」は43インチから始まるシリーズなので、手の届きやすい価格帯になっています。

そこにもタイムシフトマシンが搭載されているのだから、それだけでも買う価値はあります。

このように価格、サイズ、画質、録画機能と、どの角度から検討しても2019年のオススメ4Kテレビの筆頭は「Z730Xシリーズ」。満場一致で決まりました。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれた、REGZA Z730Xシリーズの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。