おもちゃ・ホビー金属やすりのメリットは?

金属やすりのメリットは? 金属やすりおすすめ イメージ

現在ほど高品質な板付きヤスリが定番になっていなかった頃は、模型工作において金属製ヤスリは必須でした。

しかし、現在ではある程度のクッション性としなりを持った板付きヤスリが多く流通するようになり、また模型の品質も上がったことから、金属製ヤスリに頼る局面は以前ほどではありません。普通に完成させるなら、手元になくても問題ない工具ではあります。

しかし、金属製ヤスリには紙ヤスリに比べてシャープな面が短時間で作れるというメリットも。

削るというより細かい刃でプラスチックの表面を切って均すので、均一な平面を手早く作ることができます。

また、あまりに安いヤスリはすぐ目詰まりを起こしたり削りにくかったりと、品質と削り心地が正比例するのも金属製ヤスリの特徴。

入手する場合は、しっかりした性能のヤスリを選びたいところです。

高級な金属製やすりは切れ味が別次元

高性能な高級金属製ヤスリは、もともとは彫金などを行うためのものでした。それがメタル製のカーモデルの製作に使われるようになり、プラスチック製キットの組み立てにも流用されるようになったという経緯があります。

高精度な金属製ヤスリは「擦りとっている」というよりは「小さな刃で表面を切っている」という感覚に近く、初めて使うとその削れ方に驚くはず。

お値段は張りますが、それだけの価値はある逸品です。

おもちゃ・ホビー金属やすりの選び方は?

形状によって得意なパーツが違うのが金属ヤスリ。形状と合わない部位を無理やり削ろうとすると、トラブルが発生することも……。

代表的な3種のヤスリに向いたパーツ形状を覚えておきましょう。

選び方1:平刃が向くところ

選び方1:平刃が向くところ 金属やすりおすすめ イメージ

平刃の金属製ヤスリが向いているのは、広い平面があるパーツ。均等な力で磨けば、シャープな面を作ることができます。

選び方2:丸刃が向くところ

選び方2:丸刃が向くところ 金属やすりおすすめ イメージ

円柱型で、周囲全面に刃が付いている棒ヤスリは、パーツに開口した穴を広げたりする際に威力を発揮します。

選び方3:半円刃が向くところ

選び方3:半円刃が向くところ 金属やすりおすすめ イメージ

断面が半円になっているヤスリが向いているのは、フレア状のパーツの削り込み。裏から磨けば薄くシャープになります。

おもちゃ・ホビー金属やすりの検証方法は?

金属やすりの検証方法は? 金属やすりおすすめ イメージ

人間の目では見えにくいヤスリの表面の細かさも、マイクロスコープでしっかりチェックしました。

おもちゃ・ホビー金属やすりのおすすめは?

実際に使ってみた、金属やすりのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 おすすめポイント
第1位
ウェーブバローベヤスリ 平
金属やすりおすすめ ウェーブ バローベヤスリ  平 イメージ

目の精度が高い/持ちやすく作業がしやすい
140mm(約)
第2位
タミヤベーシック ヤスリセット (細目 ダブルカット)
金属やすりおすすめ タミヤ ベーシック ヤスリセット (細目 ダブルカット)  イメージ

削る場所によって使い分けが可能/悪い部分がなく初心者におすすめ
142mm
第2位
タミヤクラフトヤスリPRO (平16mm幅)
金属やすりおすすめ タミヤ クラフトヤスリPRO (平16mm幅) イメージ

大型で目詰まりしにくい/パーツの合わせ目消しやキャラクターキットの面出し作業に大活躍!
200mm
スジボリ堂鉄ヤスリ 薄刃鬼斬
金属やすりおすすめ スジボリ堂 鉄ヤスリ 薄刃鬼斬 イメージ

171mm(約)
GSI クレオス匠之鑢・極 玄人 薄平 0.5mm厚
金属やすりおすすめ GSI クレオス 匠之鑢・極 玄人  薄平 0.5mm厚  イメージ

190mm
ダイソー ホビー工作ヤスリ 2本組
金属やすりおすすめ ダイソー  ホビー工作ヤスリ 2本組 イメージ

160mm

第1位ウェーブ「バローベヤスリ 平」

  • ウェーブバローベヤスリ 平
  • 実勢価格: ¥1,737検証時価格: ¥1,738

スイス製の高品質ヤスリは丁寧な仕事が可能!

金属やすりのおすすめランキングで1位を獲得し、ベストバイに輝いたのはウェーブ「バローベヤスリ 平」でした!

バローベは、スイスの有名精密ヤスリメーカー。近年ではウェーブが輸入しており、模型用として流通するようになりました。

切断面に刻まれた細かな目は、いかにもよく切れそうな雰囲気。サイズは幅4.8×全長140mmとほどよい細長さで、細かな部分の作業に便利。ハンドル部分も小さいですが持ちやすく、作業もしやすいです。

平刃や棒ヤスリ、半円など使用頻度の高い5種類の形状がラインナップされており、さらに目の細かい仕上げ用も販売されています。

整面作業で失敗したくない場所は迷わずこの1本をおすすめします!

おすすめポイント
  1. 目の精度が高い
  2. 持ちやすく作業がしやすい
長さ
140mm(約)
型番
HT-226
▼テスト結果
  • 目の細かさ:1位
  • 削り具合 :1位
  • 目詰まり :3位

【おすすめの理由】他の追随を許さない超高精度なヤスリ目

【おすすめの理由】他の追随を許さない超高精度なヤスリ目 金属やすりおすすめ イメージ

密に刻まれた目のエッジひとつひとつがプラスチックをしっかり削ります。

【目の細かさ】間隔が細かくて精度が高い

【目の細かさ】間隔が細かくて精度が高い 金属やすりおすすめ イメージ

目がとても細かく、仕上げのペーパーがけが要らなさそうです。

【削り具合】ムラなく面で磨けて傷が浅め

【削り具合】ムラなく面で磨けて傷が浅め 金属やすりおすすめ イメージ

面でしっかり密着するので、削った箇所にムラがありません。傷が浅めで均等に削りカスが付いています。

【目詰まり】ブラシでしっかり取る必要がある

【目詰まり】ブラシでしっかり取る必要がある 金属やすりおすすめ イメージ

かなり細かい粒子が付いており、ブラシでしっかり取り除く必要があります。

第2位タミヤ「ベーシック ヤスリセット(細目 ダブルカット)」

  • タミヤベーシック ヤスリセット (細目 ダブルカット)
  • 実勢価格: ¥508検証時価格: ¥443

3本セットでこの価格はオトク!

金属やすりのおすすめランキングで2位となったのは、タミヤ「ベーシック ヤスリセット(細目 ダブルカット)」でした!

幅5mmの平ヤスリ、幅4.5mmの半丸ヤスリ、幅2.5mmの丸ヤスリの3本組みで、削る場所によって使い分けられるのが便利です。

特に悪いポイントもなく、初心者が最初に購入するヤスリとしておすすめできます。

おすすめポイント
  1. 削る場所によって使い分けが可能
  2. 悪い部分がなく初心者におすすめ
長さ
142mm
型番
TAM74104
▼テスト結果
  • 目の細かさ:2位
  • 削り具合 :2位
  • 目詰まり :4位

【削り具合】面でしっかり密着する

【削り具合】面でしっかり密着する 金属やすりおすすめ イメージ

幅5mmの平ヤスリで削ってみたところ、プラ板への密着度が高いため、均等に削ることができてムラが見られません。

【目詰まり】手だけでは取りにくい

【目詰まり】手だけでは取りにくい 金属やすりおすすめ イメージ

こちらもかなり細かい粒子が目にビッシリと付着。ブラシで定期的に掃除する必要があります。

まずはこのセットを買ってみましょう

まずはこのセットを買ってみましょう 金属やすりおすすめ イメージ

平ヤスリ、円柱状の棒ヤスリ、そして半円状のヤスリを3本セットにした商品。金属製ヤスリは削りたいところの形状に合わせるもののため、「使う場面が多い形状か」で選ぶのが無難です。

その点、この3種は、幅広い模型で使う場面が多い形状。まずはこのセットがあれば大丈夫です。

平ヤスリ
平ヤスリ 金属やすりおすすめ イメージ

まっすぐな平面が作れる平ヤスリ。ゲート跡や合わせ目を消すときにも活躍します。

半円状のヤスリ
半円状のヤスリ 金属やすりおすすめ イメージ

先端が細くなっているので平ヤスリが入らないところにも使えます。

円柱状の棒ヤスリ
円柱状の棒ヤスリ 金属やすりおすすめ イメージ

窪んだ部分を均す棒ヤスリ。これでないと削れないパーツがたまにあります。

第2位タミヤ「クラフトヤスリPRO(平16mm幅)」

  • タミヤクラフトヤスリPRO (平16mm幅)
  • 実勢価格: ¥2,244検証時価格: ¥1,673

やや太めのヤスリで持ちやすく削りカスが落としやすい

金属やすりのおすすめランキングで同じく2位となったのは、タミヤ「クラフトヤスリPRO(平16mm幅)」でした!

タミヤの金属製ヤスリの中でも、特に削る力が強くシャープに仕上がりになるのが「クラフトヤスリPRO」

サイズは幅16×全長200mmと、やや広め。

斜め方向の深い溝の間に浅い溝が細かく掘られたチップブレーカが加工されており、目詰まりがしにくく削りカスが落としやすいのは利点。

またヤスリの目も鋭く、見た目のごつさに反してシャープで滑らかな面を一気に作ることができます。

おすすめポイント
  1. 大型で目詰まりしにくい
  2. パーツの合わせ目消しやキャラクターキットの面出し作業に大活躍!
長さ
200mm
型番
74058
▼テスト結果
  • 目の細かさ:2位
  • 削り具合 :5位
  • 目詰まり :1位

目詰まり知らずで切れ味バツグンのPROモデル

目詰まり知らずで切れ味バツグンのPROモデル 金属やすりおすすめ イメージ
目詰まり知らずで切れ味バツグンのPROモデル 金属やすりおすすめ イメージ2

しっかりと刃が立てられたヤスリ目で一気に表面を削り取れます。

削り粉がヤスリの目から太いミゾに押し出され、目詰まりなく快適な削り心地が維持されます。

【削り具合】当たりにムラがある

【削り具合】当たりにムラがある 金属やすりおすすめ イメージ

やや厚みがありしなりにくいヤスリのためか、切削は浅めでムラが出る場所も見られました。

【目詰まり】指だけでも取りやすい

【目詰まり】指だけでも取りやすい 金属やすりおすすめ イメージ

ほかのヤスリと比べると目がやや粗めのため、削りカスは軽い力でも落としやすいです。

4位: スジボリ堂「鉄ヤスリ 薄刃鬼斬」

  • スジボリ堂鉄ヤスリ 薄刃鬼斬
  • 実勢価格: ¥5,201検証時価格: ¥1,650

かなり薄くて小さいので細かい場所を削るのには最適 !

金属やすりのおすすめランキングで4位となったのは、ヤスリ職人が手作業で目立てをしているスジボリ堂「鉄ヤスリ 薄刃鬼斬」

サイズは幅4×全長173mmで、厚さも1mmしかない、かなり細いヤスリ。取り回しがしやすく、細いパイプやすき間にもシャープなヤスリがけが可能。

エッジが立った刃先から生まれる、滑らかな削り肌が魅力です。鉄ヤスリとは思えないほど綺麗な表面になります。

幅4mmという細さなので、細部の仕上げにも使えます。

長さ
171mm(約)
▼テスト結果
  • 目の細かさ:2位
  • 削り具合 :2位
  • 目詰まり :5位

【削り具合】ムラがなく傷も浅め

【削り具合】ムラがなく傷も浅め 金属やすりおすすめ イメージ

細い面がプラ板にしっかり密着するのでムラが皆無。細かい部分を慎重に削りたいときには頼りになります!

【目詰まり】目の奥の方まで詰まる

【目詰まり】目の奥の方まで詰まる 金属やすりおすすめ イメージ

細かい削りカスが、目の中にビッシリと詰まりました。ブラシを使ってしっかり除去する必要があります。

5位: GSIクレオス「匠之鑢・極 玄人 薄平 0.5mm厚」

  • GSI クレオス匠之鑢・極 玄人 薄平 0.5mm厚
  • 検証時価格: ¥1,760

かなり薄い作りのため力を入れるとヤスリが反ってしまう

GSIクレオス「匠之鑢・極 玄人 薄平 0.5mm厚」は、金属やすりのおすすめランキングで5位となりました。

ヤスリ自体が反っています。縦に直線の筋がランダムで刻み込まれており、しっかり削れるか不安になります。

削ってみると両端に負荷が集中するためか、傷は深めでムラが出ます。サイズは幅10×全長190mm。厚さが0.5mmとかなり薄めです。

長さ
190mm
型番
MF07
▼テスト結果
  • 目の細かさ:2位
  • 削り具合 :6位
  • 目詰まり :2位

【削り具合】当たりにムラがある

【削り具合】当たりにムラがある 金属やすりおすすめ イメージ

ヤスリが曲がりやすいので、力の入れ具合が難しい。当たりにかなりムラがあり、白く付いた筋も粗めでした。

【目詰まり】触っただけで取れる

【目詰まり】触っただけで取れる 金属やすりおすすめ イメージ

削りカスは目の中にあまり入り込まず、削った直後でもヤスリの地が見えます。掃除はとてもしやすいです。

6位: ダイソー「ホビー工作ヤスリ」

金属やすりおすすめ ダイソー  ホビー工作ヤスリ 2本組 イメージ1
  • ダイソー ホビー工作ヤスリ 2本組
  • 検証時価格: ¥110

細かい場所をしっかり削れ1本50円と激安でも悪くない

ダイソー「ホビー工作ヤスリ」は、金属やすりのおすすめランキングで6位となりました。

平刃と三角の半円刃の2本組で110円と激安ですが、目はしっかりと刻まれています。

サイズは幅6×全長160mmとやや小さめながらしっかり削れ、細かい場所を一気に削り進められます。

100均ですがあなどれません。

長さ
160mm
▼テスト結果
  • 目の細かさ:2位
  • 削り具合 :4位
  • 目詰まり :6位

【削り具合】ガシガシ削りたいときに

【削り具合】ガシガシ削りたいときに 金属やすりおすすめ イメージ

削り心地は悪くなく、ムラもあまり見られませんでした。傷は深めで、ガシガシ削れるので作業時間短縮に役立ちそうです。

【目詰まり】塊が大きいのに取れない

【目詰まり】塊が大きいのに取れない 金属やすりおすすめ イメージ

削りカスは大きめですが、目の中にしっかり入り込んでいます。軽い力では取りにくく、しっかり掃除する必要あります。

おもちゃ・ホビー金属やすりの使い方は?

金属製ヤスリだけでパーツの表面処理を終えるのはほぼ不可能。金属製ヤスリはあくまで荒削りに使い、最後の仕上げは板付きヤスリなどで整えると、綺麗なパーツを作ることができるのです。

金属やすりの使い方は? 金属やすりおすすめ イメージ

金属製ヤスリで削ったままの状態。パーツ表面に刃の跡が残り、微妙にざらついた状態になってしまっています。

金属やすりの使い方は? 金属やすりおすすめ イメージ2

金属製ヤスリで削った面を、板付きヤスリで磨いて整えます。600番程度のヤスリで磨けばおよそ綺麗になります。

金属やすりの使い方は? 金属やすりおすすめ イメージ3

板付きヤスリで磨き終わった状態。金属ヤスリでヤスっただけの状態と比べると、グッと綺麗な仕上がりになりました。

おもちゃ・ホビーまとめ:バローベを使うとプラモを美しく仕上げられる

以上、金属やすりのおすすめランキングのご紹介でした!

どんなに切れ味が鋭いニッパーを使っても、ランナーからパーツを切り離すとゲート跡が出っ張ってしまいます。

この部分を削って平らな表面を作り上げるのに必要なのがヤスリ。

今回6種類のヤスリを用意して、マイクロスコープで目の細かさをチェック。また実際に削ってみてムラの度合いを検証し、削ったあとの目詰まりも確認しました。

その結果、ベストバイだったのは「バローベヤスリ平」。目が細かくてしっかり密着するため、ムラなく削ることができました。表面の美しさを追求したい人にはかなりおすすめです。

今回紹介したさまざまな商品を参考に、自分に合った最適な1本をぜひ見つけてくださいね。

金属やすりのおすすめ

金属やすりのおすすめ 金属やすりおすすめ イメージ

ウェーブ
バローベヤスリ 平

おもちゃ・ホビー金属やすりの売れ筋ランキングもチェック!

金属やすりのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。