メンズスーツにも合って便利なビジネスリュックを探しました!

メールやWebでのオンラインの業務が増えてきたとはいえ、営業の仕事で「顧客と会う」ことは避けられません。1日の大半を外回りしなければならないこともあるでしょう。

そこで重要となってくるのが移動時の相棒ともいえるビジネスバッグ。最近はリュックタイプの「ビジネスリュック」が人気です。

スーツにも合って便利なビジネスリュックを探しました! ビジネスリュックおすすめ イメージ

雑誌『MONOQLO』で初めてビジネスリュックを取り上げたのは6年前。

当時、ビジネス用のカバンといえばブリーフケースのような手提げタイプが主流で、「リュックサックは……」の声もありましたが、コロナ禍を経て働き方や環境が変わり、気づけば「スーツにリュック」をあちこちで見かけるように。

ビジネスリュックというジャンルが確立されるほどになり、ビジネスマンの通勤バッグの選択肢の一つとして欠かせないバッグになってきています。

しかし、いざビジネスバッグを購入しようと思っても、人気の吉田カバンをはじめ、ブリーフィング・マスターピース・ サムソナイト・タケオキクチなど、さまざまなブランドから多くの商品が発売されていてどれを選べばいいのか悩んでしまいますよね。

スーツにも合って便利なビジネスリュックを探しました! ビジネスリュックおすすめ イメージ2

そこで、雑誌『MONOQLO』ではビジネスリュックを比較。今回は、シーンによってリュックとブリーフケースとを使い分けられる2または3WAYタイプに絞り、人気ブランドのビジネスリュックを比較しました。

メンズビジネスリュックの選び方は?

おすすめ商品を紹介する前に、まずはビジネスリュックの選び方のポイントです。

選び方1:収納力

選び方1:収納力 ビジネスリュックおすすめ イメージ

スマホをはじめ、ラップトップやタブレット、大量の書類など、ビジネスマンは持ち運ぶ物が多いのではないでしょうか。仕事で使うビジネスバッグは、荷物がしっかり入る容量でなくては頼りないですよね。

大物から小物までたくさん収納できるような内部の作りになっているか、マチの広さや荷物をラクに探せるかもチェックしましょう。

選び方2:軽さ

選び方2:軽さ ビジネスリュックおすすめ イメージ

たくさんの荷物を持ち運ぶのに、バッグ自体が重かったら堪りません。本体が軽いことがいちばんですが、それだけではなく、重心バランスも大切です。

バランスのいいリュックは持ちやすさや背負いやすさに大きく影響します。

選び方3:背負い心地

選び方3:背負い心地 ビジネスリュックおすすめ イメージ

たとえ持ち手がついていても、やはりビジネスリュックは背負うのが基本です。せっかく軽量でも、背負ったときに重く感じるようだと移動時にはストレスになってしまいます。

長時間の電車通勤などでも、重さを感じず楽なリュックを選ぶとよいでしょう。

選び方4:品質

どうしてもカジュアルになりがちなリュックは、高品質なものを選べば手持ち鞄にも劣らない印象を与えられます。

ビジネスリュックに使用されている生地は、レザー・ナイロン・ポリエステルなどさまざまですが、素材の質感がマットなものや、華美なファスナーがないものを選ぶようにしましょう。

選び方5:機能

選び方5:機能 ビジネスリュックおすすめ イメージ

ビジネスリュックには、ノートパソコンを入れられるケースがついているものが便利です。素材や作りが丈夫で、なおかつきちんとPCを守れるかをチェックしましょう。

選び方6:デザイン

選び方6:デザイン ビジネスリュックおすすめ イメージ

ビジネスリュックをデザイン優先で選ぶには、既存のブランドにはとらわれない柔軟な見方が選択のコツといえます。

ビジネスリュックも出退勤または仕事で利用するアイテムではありますが、手提げタイプのビジネスバッグとは異なり、スーツや仕事着との親和度が重要となります。

第三者の意見を聞いてみよう

ビジネスリュックは、ビジネスで着用する洋服との相性を気にする必要があるアイテムなので、ブランドにこだわるよりも、背中に装着した際の外見がどうなのか、という点を第一に考えるべきなのです。

横からあるいは後ろから見た感じは、自分では分からない感覚でもあるので、家族や知人などの意見もよく聞き、普段の自分のビジネススタイルに最適なデザインの品を選ぶようにしたいものです。

選び方7:価格

最近は女性も好んで利用するようになったビジネスリュックですが、ユーザーの大半は20代から30代の男性のビジネスパーソン中心です。となると、必然的にその世代の男性が好むスタイルということに落ち着きそうです。

ただし、ビジネスリュックはファッションアイテムという側面と同時に「必要なモノが入ればいい」とする実用性重視の見方をする男性も多いようです。

「必要最小限のビジネスアイテムを持ち運べて、ある程度の耐久性があればOK」という人なら、まずは予算を立て、できるだけ安価な品を選択する、という方法がよいでしょう。

価格優先なら通気性と防水性をクリアしたノーブランド品を

実際にノーブランド品であれば安価でも十分で長持ちする品が少なからず見つかります。ただし、価格優先で選んだ耐久性に問題ない品であっても、意外な盲点で後悔するケースもあります。

ビジネスリュックは背中に背負うアイテムなので、夏場には通気性が問題となります。外回りが多い営業職であれば、降雨の影響も無視できません。通気性と防水性をクリアしている低価格な品を見つけることを忘れずに選んでみましょう。

選び方8:ブランド

「ビジネスリュックといえどファッションアイテムのひとつ」と考えている人もいることでしょう。しかしながら、ビジネスリュックをブランドで選んで思わぬ後悔する羽目になるケースもあるのです。

ビジネスリュックをブランド重視で選ぶには、自分の好みよりも仕事の内容や取引先との関係なども考慮する必要があります

ビジネスリュックは手提げタイプのビジネスバッグとは異なり、かなり目立つアイテムなので、取引先などを訪問する営業職の場合は、その品を選んだ人物のセンスも判断されることがあるのです。

大げさに感じるかもしれませんが、特にファッション業界の企業の管理職は取引先の営業マンの感性によって会社の傾向を読むことがあるので、あまり見た目の悪い品では悪印象を相手に与えてしまうからです。

ブランドのバックグラウンドを調べておく

「自分の所有物を自分で買うのだから自分が好きなブランドを」という気持ちは一旦捨てて「このブランドの品を背負って取引先に出向いたら、相手はどういう反応を示すだろう?」ということもよく考えてブランド選びをすることが大切です。

それと、ブランドのメーカーが、意外な企業の子会社だったということもあり得るので、ブランドのバックグラウンドまでよく調べておくことも大切です。

新品で買ったブランドのビジネスリュックで意気揚々と取引先を訪問したら、取引先のライバル企業が親会社のブランドだった、という笑えない話があるからです。

メンズビジネスリュックの人気商品を比較

今回は雑誌『MONOQLO』が、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどネット通販で購入できる人気の2WAY・3WAYタイプのビジネスリュックをピックアップ。

服飾ジャーナリスト 飯野高広さんと一緒に、以下の項目でテストしました。

テスト1:デザイン性

テスト1:デザイン性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

スーツに合うか、2WAY両スタイルで確認しました。

テスト2:つくり

縫製や素材、耐久性があるかなどをチェックしました。

テスト3:持ちやすさ

テスト3:持ちやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

背負いやすさと手持ちでの持ちやすさを確認しました。

テスト4:出し入れしやすさ

テスト4:出し入れしやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

全製品に同じ荷物を入れ、出し入れしやすさを確認しました。

テスト5:撥水性

テスト5:撥水性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

LAB.360にて、撥水度試験を実施。撥水度を評価しました。

それでは、テスト結果が評価の高かった順に、ビジネスリュックのおすすめ商品を紹介します。

メンズビジネスリュックのおすすめは?

プロと一緒に実際に使ってみた、ビジネスリュックのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A+評価
インケースIcon Slim Backpack
ビジネスリュックおすすめ インケース Icon Slim Backpack イメージ
4.80
30cm(約)
20cm(約)
48cm(約)
ブラック、ネイビー
A評価
ザ・ノース・フェイスシャトル3 ウェイデイ パック
ビジネスリュックおすすめ ザ・ノース・フェイス シャトル3 ウェイデイ パック イメージ
4.60
44cm(約)
16cm(約)
31cm(約)
A評価
PORTERPORTER / STAGE 2WAY RUCKSACK
ビジネスリュックおすすめ PORTER PORTER / STAGE 2WAY RUCKSACK イメージ
4.60
31cm(約)
11cm(約)
40cm(約)
A評価
エースコンビライト バックパック 62511
ビジネスリュックおすすめ エース コンビライト バックパック 62511 イメージ
4.60
30cm(約)
10cm(約)
42cm(約)
A評価
モレスキンバーチカル (縦型) デバイス バッグ
ビジネスリュックおすすめ モレスキン バーチカル (縦型) デバイス バッグ イメージ
4.00
29cm(約)
6cm(約)
39cm(約)
B評価
エレコムビジネス バックパック 2WAYタイプ BM-BPTWBK
ビジネスリュックおすすめ エレコム ビジネス バックパック 2WAYタイプ BM-BPTWBK イメージ
3.40
26cm(約)
11cm(約)
40cm(約)
B評価
サンワダイレクト3WAY ビジネスバッグ
ビジネスリュックおすすめ サンワダイレクト 3WAY ビジネスバッグ イメージ
3.40
42cm(約)
17~23cm(約)
30.5~37cm(約)
C評価
MARK RYDENMuzee MR2900 リュック
ビジネスリュックおすすめ MARK RYDEN Muzee MR2900 リュック イメージ
2.80
27cm(約)
10cm(約)
40cm(約)

A+評価 【1位】インケース「Icon Slim Backpack」

  • インケースIcon Slim Backpack
  • 実勢価格: ¥22,980

総合評価: 4.80

 
デザイン性
 5.00
つくり
 5.00
持ちやすさ
 5.00
出し入れしやすさ
 5.00
撥水性
 4.00

背負い心地が圧倒的No.1! 背中にフィットするから軽く感じる

2WAYビジネスリュックのおすすめランキング1位でベストバイに選ばれたのは、A+評価のインケース(Incase)「Icon Slim Backpack」でした。

雑誌『MONOQLO』が以前行った比較テストでベストバイを獲得した同じシリーズの製品違いですが、2連覇と言っていいでしょう。

秀逸なのは背負いやすさで、アウトドア製品を思わせる安定感があります。ポケットの開き方や位置、数も適切で、「完璧!」とプロも賞賛。

特徴的な脇ポケットはサイズこそ小さいものの、よく見ると、メインポケットの中身のこぼれ落ちを防いだり、型崩れ防止の役割も果たしていると思われ、納得。

隅々まで計算された堂々のベストです。

デザイン的に苦手な人、NGな場はあるかもしれませんが、体への負担が気になる人にはおすすめです。

おすすめポイント
  1. 背負いやすさがバツグン
  2. モノの出し入れがしやすい
がっかりポイント
  1. デザインはややカジュアル
30cm(約)
奥行
20cm(約)
高さ
48cm(約)
カラー
ブラック、ネイビー

【デザイン性】手持ちでも形が崩れすぎない

【デザイン性】手持ちでも形が崩れすぎない ビジネスリュックおすすめ イメージ

丸みを帯びたスクエア型です。

【デザイン性】手持ちでも形が崩れすぎない ビジネスリュックおすすめ イメージ2

カジュアル寄りですが、幅も厚みもスリムで型崩れも少なそうです。

飯野高広 氏
服飾ジャーナリスト
飯野高広 氏 のコメント

ややカジュアルなので、万人向けでないかもしれませんが、文句なしのデザインです。

つくり

裁縫もファスナーもしっかりしており、全く問題なし。透かし模様が入った内布がおしゃれです。

【持ちやすさ】体に負担がかからず重さを感じにくい

【持ちやすさ】体に負担がかからず重さを感じにくい ビジネスリュックおすすめ イメージ

背負いやすさは今回のラインナップ中1番。手持ちタテ持ちのみ。持ち手にクッション性があり感触は◯です。

肩に負担がかからないショルダーストラップ
肩に負担がかからないショルダーストラップ ビジネスリュックおすすめ イメージ

他製品と最も異なったのが、ショルダーストラップと背中部分の丁寧なつくりです。

クッションたっぷりのストラップは体に沿う形状で、上部の接着部分も工夫されています。

背中、腰にしっかりしたクッション
背中、腰にしっかりしたクッション ビジネスリュックおすすめ イメージ

さらに、背面3カ所のクッションが体にやさしくフィット。重みを腰で支える形状はさすがです。

手持ちの際の持ち手も合格点でした

【出し入れしやすさ】ポケットの開き方や位置、数が適切

【出し入れしやすさ】ポケットの開き方や位置、数が適切 ビジネスリュックおすすめ イメージ

PCポケットはB4サイズまで対応。本体が自立するので立てたまま出し入れ可能です。

メインポケットは大きく開き、出し入れ快適。やんちゃに入れても大丈夫です! 検証では荷物が全部、余裕で入りました。

背負ったままでも使いやすい
背負ったままでも使いやすい ビジネスリュックおすすめ イメージ

脇ポケットは背負ったままでも開閉しやすい形。IDカードや鍵入れに便利です。

撥水性

撥水性は問題なし。水、カビ、汚れに強く、強度もあるというバリスティックナイロンを使用しています。

A評価【同率2位】ザ・ノース・フェイス「シャトル3 ウェイデイ パック」

  • ザ・ノース・フェイスシャトル3 ウェイデイ パック
  • 実勢価格: ¥22,848

総合評価: 4.60

 
デザイン性
 5.00
つくり
 5.00
持ちやすさ
 5.00
出し入れしやすさ
 4.00
撥水性
 4.00

A評価のザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)「シャトル3 ウェイデイ パック」は、2WAYビジネスリュックのおすすめランキングで2位になりました!

PCポケットに止水ファスナーが使われていたり、ワンショルダー用のストラップが付属していたりと配慮のきめ細かさがさすがです。

おすすめポイント
  1. すっきりしたデザイン
  2. フィット感があり背負いやすい
  3. 開き口が大きく出し入れがラク
44cm(約)
奥行
16cm(約)
高さ
31cm(約)
型番
NM82331
飯野高広 氏
服飾ジャーナリスト
飯野高広 氏 のコメント

配慮のきめ細かさがさすが。

デザイン性

デザイン性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

※同製品・別カラーで撮影しています

カジュアル感のあるスクエア型ですが、前面は控え目なロゴのみですっきりしたデザインです。

持ちやすさ

フィット感のあるショルダーストラップで背負いやすいです。

手持ちはタテヨコ両方。やわらかい持ち手が◎です。

出し入れしやすさ

出し入れしやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

PCポケットは15インチまで対応。メインポケットは3面ぐるりと開くので、出し入れがラクです。

A評価【同率2位】PORTER「PORTER / STAGE 2WAY RUCKSACK」

  • PORTERPORTER / STAGE 2WAY RUCKSACK
  • 実勢価格: ¥38,500

総合評価: 4.60

 
デザイン性
 5.00
つくり
 5.00
持ちやすさ
 4.00
出し入れしやすさ
 5.00
撥水性
 4.00

A評価のPORTER(ポーター)「PORTER / STAGE 2WAY RUCKSACK」は2WAYビジネスリュックのおすすめランキングで同率2位となりました。

タテ持ちでも比較的きちんと感があります。

メインポケットの開き具合と、こぼれ落ちを防ぐマチの大きさが絶妙で、高評価でした。

おすすめポイント
  1. きちんと感のあるデザイン
  2. メインポケットのつくりが絶妙
31cm(約)
奥行
11cm(約)
高さ
40cm(約)
型番
620-07575

デザイン性

デザイン性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

ポーターらしい直線を活かしたシンプルなデザイン。ビジネス寄りですが、かたすぎません。

持ちやすさ

背負いやすさは問題ありません。手持ちはタテのみ。持ち手の革の補強が新品のうちは、やや硬く感じます。

出し入れしやすさ

出し入れしやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

PCポケットは15インチまで対応。メインポケットは大きく開くものの、マチがしっかりあり安心です。

A評価【同率2位】エース「コンビライト バックパック 62511」

  • エースコンビライト バックパック 62511
  • 実勢価格: ¥28,488

総合評価: 4.60

 
デザイン性
 5.00
つくり
 5.00
持ちやすさ
 4.00
出し入れしやすさ
 4.00
撥水性
 5.00

A評価のエース(ace.)「コンビライト バックパック 62511」も2WAYビジネスリュックのおすすめランキングで2位となりました。

ポケットは数が多いだけでなく、用途ごとに形状が工夫されています。

きちんと仕分け収納したい人におすすめです。

おすすめポイント
  1. 上品な素材できちんとした印象が出せる
  2. ポケットの形状が工夫されていて収納しやすい
30cm(約)
奥行
10cm(約)
高さ
42cm(約)
型番
62511
飯野高広 氏
服飾ジャーナリスト
飯野高広 氏 のコメント

芸が細かく丁寧。

デザイン性

デザイン性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

かっちりしたスクエア型。上品なメランジ調のメイン素材で、きちんとした印象が出せます。

持ちやすさ

背負いやすさは問題ないものの、底部が腰に当たる感触があります。

手持ちはタテヨコ両方。持ち手はやや硬めです。

出し入れしやすさ

出し入れしやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

PCポケットは15インチまで対応。メインポケットのマチは面ファスナー付きで全開も可能です。

A評価【5位】モレスキン「バーチカル (縦型) デバイス バッグ」

  • モレスキンバーチカル (縦型) デバイス バッグ
  • 実勢価格: ¥19,030

総合評価: 4.00

 
デザイン性
 5.00
つくり
 4.00
持ちやすさ
 4.00
出し入れしやすさ
 3.00
撥水性
 4.00

A評価のモレスキン(Moleskine)「バーチカル(縦型)デバイス バッグ」は2WAYビジネスリュックのおすすめランキングで5位となりました。

荷物の少ない人向きです。

ドットとモレスキンの「M」を組み合わせた内布がおしゃれ。「そういう点にグッとくる人におすすめ」とプロが評価しました。

おすすめポイント
  1. コンパクトサイズで可愛らしさがある
  2. 快適に背負えるショルダーストラップ
がっかりポイント
  1. 収納力はやや弱め
29cm(約)
奥行
6cm(約)
高さ
39cm(約)
型番
CLASSIC DEVICE BAG VERTICAL BL

デザイン性

デザイン性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

女性でも使えそうなコンパクトサイズでかわいらしさのあるデザイン。モード感があります。

持ちやすさ

ショルダーストラップは簡易的に見えますが、背負うと快適です。

手持ちはタテのみ。持ち手は問題ありません。

出し入れしやすさ

出し入れしやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

PCポケットは15インチまで対応。メインポケットは真ん中まで開きます。収納力はやや弱めです。

B評価【同率6位】エレコム「ビジネス バックパック 2WAYタイプ」

  • エレコムビジネス バックパック 2WAYタイプ BM-BPTWBK
  • 実勢価格: ¥4,457

総合評価: 3.40

 
デザイン性
 3.00
つくり
 3.00
持ちやすさ
 4.00
出し入れしやすさ
 2.00
撥水性
 5.00

B評価のエレコム(ELECOM)「ビジネス バックパック 2WAYタイプ BM-BPTWBK」は2WAYビジネスリュックのおすすめランキングで6位となりました。

真面目なつくりで、比較的多くの人に似合うデザインですが、見た目よりもモノが入らなかったのが残念な点。

荷物が少なめの人向きです。

26cm(約)
奥行
11cm(約)
高さ
40cm(約)
型番
BM-BPTWBK

デザイン性

デザイン性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

丸みはありながら、かっちり見えるスクエア型。個性が強くないので、使いやすいデザインです。

持ちやすさ

背負い心地は問題なし。手持ちはタテヨコ両方。持ち手はクッション性があり、持ちやすいです。

出し入れしやすさ

出し入れしやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

PCポケットは14インチ対応。メインポケットはガバッと開くので、こぼれ落ちには注意です。

B評価【同率6位】サンワダイレクト「3WAY ビジネスバッグ」

  • サンワダイレクト3WAY ビジネスバッグ
  • 実勢価格: ¥5,980

総合評価: 3.40

 
デザイン性
 4.00
つくり
 4.00
持ちやすさ
 3.00
出し入れしやすさ
 2.00
撥水性
 4.00

B評価のサンワダイレクト「3WAY ビジネスバッグ」は2WAYビジネスリュックのおすすめランキングで同率6位となりました。

1〜2泊の出張にも使えるタイプ。ショルダーストラップは収納可能です。

ポケット数は、飯野さんによると「多すぎと感じる人もいるのでは」とのことでした。

42cm(約)
奥行
17~23cm(約)
高さ
30.5~37cm(約)
型番
200-BAG048

デザイン性

デザイン性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

8製品中では最大サイズ。ブリーフケースとしても自然で、多様なビジネスシーンで使えます。

持ちやすさ

背負った際、本体が腰に当たる感触があります。手持ちはタテヨコ両方。持ち手はしっかりしていて快適です。

出し入れしやすさ

出し入れしやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

PCポケットは15.6インチまで対応。ポケットは好みが分かれそう。マチが広げられるのは◯です。

C評価【8位】MARK RYDEN「Muzee MR2900 リュック」

ビジネスリュックおすすめ MARK RYDEN Muzee MR2900 リュック イメージ1
  • MARK RYDENMuzee MR2900 リュック
  • 検証時価格: ¥5,299

総合評価: 2.80

 
デザイン性
 3.00
つくり
 3.00
持ちやすさ
 4.00
出し入れしやすさ
 3.00
撥水性
 1.00

2WAYビジネスリュックのおすすめランキング8位は、C評価のMARK RYDEN「Muzee MR2900 リュック」でした。

一定量のモノは入りますが、薄型のためペットボトル飲料や書類などを同時に入れると形が崩れます。

価格が手頃なのはうれしい点です。

27cm(約)
奥行
10cm(約)
高さ
40cm(約)

デザイン性

デザイン性 ビジネスリュックおすすめ イメージ

比較的誰でも使いやすいデザイン。メイン素材の質感のせいか、ややチープに見えるのが残念です。

持ちやすさ

太めのショルダーストラップで背負い心地は安定感があります。手持ちはタテのみ。こちらも太めで持ちやすいです。

出し入れしやすさ

出し入れしやすさ ビジネスリュックおすすめ イメージ

PCポケットは15.6インチまで対応。メイン開口部に問題はありませんが、厚めのモノが入りにくいです。

メンズビジネスリュックのおすすめ まとめ

以上、2WAYビジネスリュックのおすすめランキングでした。

以前行った比較テストを意識せずに今回の検証を行ったものの、やはり背負い心地の良さがバツグンで、インケース「Icon Slim Backpack」がベストバイに。

また、今回改めてビジネスリュックの検証をしてわかったことは、荷物の重さの感じ方は製品の重量よりも、背負い心地や持ちやすさが大きく影響するということです。

2位以下はランキングの通りですが、1位と2・3位との差はごくわずか。「どれも良い製品なので、好みで選んで良いでしょう」と飯野さん。

まだビジネスリュックデビューしてない人も、快適に多数のビジネスツールを持ち歩けるので、検討してみてはいかがでしょうか。

飯野高広 氏
服飾ジャーナリスト
飯野高広 氏 のコメント

正式なビジネスマナーでは、ショルダーがあるだけでカジュアルとみなされます。それを知った上で、TPOに応じて使用すれば、2WAYリュックはとても便利です。

通勤が軽やかになるインケース

通勤が軽やかになるインケース ビジネスリュックおすすめ イメージ
通勤が軽やかになるインケース ビジネスリュックおすすめ イメージ2

インケース
Icon Slim Backpack

メンズビジネスリュックの売れ筋ランキングもチェック!

ビジネスリュックのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。