<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

メンズ通勤用のビジネスバッグとして
リュックの人気が高まっています

通勤用のビジネスバッグとしてリュックの人気が高まっています

(C)PaylessImages-/123RF.COM

メールやWebでのオンラインの業務が増えてきたとはいえ、営業の仕事で「顧客と会う」ことは避けられません。1日の大半を外回りしなければならないこともあるでしょう。そこで重要となってくるのが移動時の相棒ともいえるビジネスバッグです。

以前はビジネスバッグといえばブリーフケースのような手提げタイプが主流で、「ビジネスシーンにカジュアルなリュックは非常識」と言われてしまうことも。しかし、最近はリュックタイプの人気が高まり、ビジネスリュックというジャンルが確立されるほどに。もはや、ビジネスマンぼ通勤バッグの選択肢の一つとして欠かせないバッグになってきています。

通勤用のビジネスバッグとしてリュックの人気が高まっています

スーツにリュックはマナー違反にならない?と思う人もいるでしょう。でも心配ご無用、細身のスーツにリュックは問題ありません。ただ、ビジネスシーンにふさわしいデザインを選ぶようにしたいですね。

メンズ失敗しないビジネスリュックを
選ぶ5つのポイント

ビジネスにふさわしいデザインという大前提のほかにも、ビジネスリュックには選ぶべき5つのポイントがあります。

ポイント1:収納力

ポイント1:収納力

パソコンやスマホ、大量の書類など、ビジネスマンは持ち運ぶ物が多いのではないでしょうか。仕事で使うビジネスバッグは、荷物がしっかり入らなくては頼りないですよね。

大物から小物までたくさん収納できるような内部の作りになっているか、マチの広さや荷物をラクに探せるかもチェックしましょう。

ポイント2:軽さ

ポイント2:軽さ

たくさんの荷物を持ち運ぶのに、バッグ自体が重かったら堪りません。本体が軽いことがいちばんですが、それだけではなく、重心バランスも大切です。

バランスのいいリュックは持ちやすさや背負いやすさに大きく影響します。

ポイント3:背負い心地

ポイント3:背負い心地

たとえ持ち手がついていても、やはりビジネスリュックは背負うのが基本です。せっかく軽量でも、背負ったときに重く感じるようだと移動時にはストレスになってしまいます。

長時間の電車通勤などでも、重さを感じず楽なリュックを選ぶとよいでしょう。

ポイント4:品質

ポイント4:品質

どうしてもカジュアルになりがちなリュックは、高品質なものを選べば手持ち鞄にも劣らない印象を与えられます。

素材の質感がマットなものや、華美なファスナーがないものを選ぶようにしましょう。

ポイント5:機能

ポイント5:機能

ビジネスリュックには、ノートPCを入れられるケースがついているものが便利です。素材や作りがしっかりしていて、なおかつきちんとPCを守れるかをチェック!

以上、5つのポイントを考慮し、おすすめのビジネスリュックをブランド別にご紹介します。

▼ご紹介するブランド
 ・PORTER(ポーター)
 ・THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
 ・Incace(インケース)
 ・ace.GENE(エースジーン)
 ・その他

メンズ価格優先で選ぶコツ

価格優先で選ぶコツ

「いいものをできるだけ安価に」とは、どんな商品にもいえることですが、特に毎日仕事で使うビジネスリュックとなれば「まずは価格優先で」というユーザーも多いことでしょう。

そこで「ビジネスリュックを価格優先で選ぶコツ」について紹介しましょう。

予算を立ててできるだけ安価なモノを

最近は女性も好んで利用するようになったビジネスリュックですが、ユーザーの大半は20代から30代の男性ビジネスマン中心です。となると、必然的にその世代の男性が好むスタイルということに落ち着きそうです。

ただし、ビジネスリュックはファッションアイテムという側面と同時に「必要なモノが入ればいい」とする実用性重視の見方をする男性も多いようです。

「必要最小限のビジネスアイテムを持ち運べて、ある程度の耐久性があればOK」という人なら、まずは予算を立て、できるだけ安価な品を選択する、という方法がよいでしょう。

通気性と防水性をクリアしたノーブランド品を

実際にノーブランド品であれば安価でも十分で長持ちする品が少なからず見つかります。

ただし、価格優先で選んだ耐久性に問題ない品であっても、意外な盲点で後悔するケースもあります。ビジネスリュックは背中に背負うアイテムなので、夏場には通気性が問題となります。外回りが多い営業職であれば、降雨の影響も無視できません。通気性と防水性をクリアしている低価格な品を見つけることを忘れずに選んでみましょう。

メンズデザイン優先で選ぶコツ

デザイン優先で選ぶコツ

「最新のビジネスリュックはやはりデザイン優先で選びたい」とは、多くの20代の若い世代の望みでしょう。そんな貴方のために「ビジネスリュックをデザイン優先」で選ぶコツについて紹介しましょう。

スーツや仕事着との親和度が重要

ビジネスリュックをデザイン優先で選ぶには、既存のブランドにはとらわれない柔軟な見方が選択のコツといえます。

ビジネスリュックも出退勤または仕事で利用するアイテムではありますが、手提げタイプのビジネスバッグとは異なり、スーツや仕事着との親和度が重要となります。

第三者の意見を聞いてみよう

ビジネスリュックは、ビジネスで着用する洋服との相性を気にする必要があるアイテムなので、ブランドにこだわるよりも、背中に装着した際の外見がどうなのか、という点を第一に考えるべきなのです。

横からあるいは後ろから見た感じは、自分では分からない感覚でもあるので、家族や知人などの意見もよく聞き、普段の自分のビジネス姿に最も合ったデザインの品を選ぶようにしたいものです。

メンズブランドで選ぶコツ

ブランドで選ぶコツ

「ビジネスリュックといえどファッションアイテムのひとつ」と考えている人もいることでしょう。しかしながら、ビジネスリュックをブランドで選んで思わぬ後悔する羽目になるケースもあるのです。以下に紹介する「ビジネスリュックをブランドで選ぶコツ」をぜひ参考にしてみてください。

「仕事で使う」ことをよく考えよう

ビジネスリュックをブランド重視で選ぶには、自分の好みよりも仕事の内容や取引先との関係なども考慮する必要があります。ビジネスリュックは手提げタイプのビジネスバッグとは異なり、かなり目立つアイテムなので、取引先などを訪問する営業職の場合は、その品を選んだ人物のセンスも判断されることがあるのです。

大げさに感じるかもしれませんが、特にファッション業界の企業の管理職は取引先の営業マンの感性によって会社の傾向を読むことがあるので、あまり見た目の悪い品では悪印象を相手に与えてしまうからです。

ブランドのバックグラウンドを調べておく

「自分の所有物を自分で買うのだから自分が好きなブランドを」という気持ちは一旦捨てて「このブランドの品を背負って取引先に出向いたら、相手はどういう反応を示すだろう?」ということもよく考えてブランド選びをすることが大切です。

それと、ブランドのメーカーが、意外な企業の子会社だったということもあり得るので、ブランドのバックグラウンドまでよく調べておくことも大切です。新品で買ったブランドのビジネスリュックで意気揚々と訪問したら、ブランドは取引先のライバル企業が親会社のブランドだった、という笑えない逸話があるからです。

メンズ日本の老舗ブランド
「PORTER」2選

日本の老舗ブランド「PORTER」2選

「PORTER(ポーター)」は日本の老舗鞄メーカーである「吉田カバン」の主力ブランドです。ビジネスバッグのノウハウがそのままリュックに展開されており、ビジネスシーンにもマッチ。スーツに合わせても恥ずかしくない品質で、バッチリ決まります!

メンズ①ビジネスでも好印象
「PORTER TIME」

PORTER:PORTER TIME

PORTER
PORTER TIME
655-06169
実勢価格:3万9600円


サイズ:約 W290×H430×D160 mm
重量:約 945グラム

スクエアタイプの「PORTER TIME」は、生地の質感や細かい縫製など、とにかく高品質! 「取引相手がこのリュックできたらどう思うか」というアンケートで、ほぼ全員が好印象と答えたリュックです。

①ビジネスでも好印象「PORTER TIME」

リュック上部のベルトは、縫製がとてもしっかりしています。たくさんの荷物で重くなったリュックを持ち上げる際も、不安はありません。背負うために肩ベルトを掴むときも、つねに重心が真下に向いているので、軽々と持ち上げられます。

①ビジネスでも好印象「PORTER TIME」

生地はPORTERオリジナルのナイロンツイルを使用していて、汚れや水もある程度ハジきます。見た目だけでなく、軽量性や耐久面のよさも魅力です。

メンズ②柔らかい生地なのに型崩れしない
「PORTER FLASH」

PORTER:PORTER FLASH

PORTER
PORTER FLASH(フラッシュ)
689-05936
実勢価格:3万9600円


サイズ:約 W285×H400×D110 mm
重量:約 1000グラム

「PORTER FLASH」は「TIME」と比べるとややカジュアル寄りですが、縫製はしっかりしていて高品質。生地が柔らかいのに、型崩れしないのはうれしいです。

②柔らかい生地なのに型崩れしない「PORTER FLASH」

見えない裏地にも手を抜きません。とっても細かい縫い目で丁寧に作り込まれ、こだわりを感じます。

通常、ナイロンリュックの寿命は長くて5年と言われますが、しっかりお手入れすれば、もっと長く使えそうです。

メンズアウトドア系ノウハウが生きる
「THE NORTH FACE」1選

アウトドア系ノウハウが生きる「THE NORTH FACE」1選

アウトドアブランドの代表格「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」。近年、アウターの人気モデルが発売即売り切れになるほど人気が過熱しています。リュックにもファンが多く、アウトドア系のノウハウを生かした、スタイリッシュなビジネスリュックです。

メンズオンオフ切り替えられる3WAY
「Shuttle 3way Daypack」

THE NORTH FACE:Shuttle 3way Daypack

THE NORTH FACE
Shuttle 3way Daypack
実勢価格:1万9556円
※リンク先は2019年モデルです
サイズ:約 W310×H445×D160 mm
重量:約 1050グラム
※リンク先のカラーはブラックです

3WAYタイプの「Shuttle 3way Daypack」は、シーンに合わせて手持ちバージョンや、ショルダーバージョンにも使えてとても便利。PCとA3書類を楽々入れられる収納性も文句ナシです!

オンオフ切り替えられる3WAY「Shuttle 3way Daypack」

アウトドアブランドらしく生地もタフさを感じます。素材に弾力性のあるものが使われているのに加え、メッシュもしっかりついていて、背負い心地が快適!

メンズ人気上昇中のリュックブランド
「Incase」4選

人気上昇中のリュックブランド「Incase」4選

「Incase(インケース)」は1997年にアメリカで発足した、人気上昇中のリュックブランドです。ビジネスからカジュアルまでカバーし、リュックとしての性能はピカイチ! 背負い心地やデザイン性もバツグンで、機能性重視の人におすすめです。

メンズ①大きなPC収納がある
「Icon Pack Nylon」

Incase:Icon Pack Nylon

Incase
Icon Pack Nylon
実勢価格:3万1900円


サイズ:約 W260×H455×D175 mm
重量:約 1120グラム

「Icon Pack Nylon」は、持ち運びのしやすさを重視して作られており、メインの収納とは別に大きなPC収納があります。樹脂は使わず、起毛素材とクッションでしっかりPCを守ります。高級感のある素材のシンプルなデザインなので、カジュアルにも使えそうです。

①大きなPC収納がある「Icon Pack Nylon」

腰に当たる部分は硬く感じますが、ずっと背負ってもラクなんです。というのも、衝撃を吸収するクッションが付いているので、そこを支点に腰でリュックを支えることができ、型くずれせずに安定します。さらにベルトで前留めすれば、安定感がアップ!

メンズ②たくさん入ってスッキリ収まる
「City Collection Backpack」

Incase:City Collection Backpack

Incase
City Collection Backpack
実勢価格:2万2000円


サイズ:約 W320×H460×D110 mm
重量:約 1050グラム

「City Collection Backpack」も「Icon Pack Nylon」同様、起毛素材でPCを守るタイプ。大きめのPCも収納できるので、持ち歩くPCのサイズを気にしなくてOKです。

②たくさん入ってスッキリ収まる「City Collection Backpack」

収納力も抜群で、写真のものが全部入って余裕があるほど。「たくさん入ってスッキリ収まる!」を実現しているリュックです。

メンズジム通いにピッタリな大容量
「Sport Field Bag Lite」

Incase:Sport Field Bag Lite

Incase
Sport Field Bag Lite
実勢価格:1万6500円


サイズ:約 W330×H530×D190 mm
重量:約 760グラム

荷物が多い人や、仕事帰りにジムに通いたい人には大容量の「Sport Field Bag Lite」がおすすめ。大容量タイプにありがちな細かい小物が整理しにくかったり、奥の荷物を取り出しにくかったりという問題を解決し、その上、荷物をたくさん詰めてもラクに背負えて、ストレスを感じるようなことがありません!

③ジム通いにピッタリな大容量「Sport Field Bag Lite」

シューズなどの専用ポケットがあるので、仕事の道具とジム用品を分けて入れられます。また、専用ポケットに収納することで上げ底になるので、奥に手が届きやすくなります。

メインルームには15インチMacBookまでが収納可能なPC収納を装備していて、デジタルガジェットも安心して持ち運べます。

メンズ④PC直入れでも傷つかない!
「Reform Tensaerlite Backpack 13"」

Incase:Reform Tensaerlite Backpack 13

Incase
Reform Tensaerlite Backpack 13"
実勢価格:2万4750円


サイズ:約 W270×H460×D170 mm
重量:約 1000グラム

PC収納が起毛素材と硬い樹脂の衝撃吸収素材(Tensaerlite)で覆われている「Reform Tensaerlite Backpack 13"」。PCをケースに入れずに直入れしても、傷つくことなくしっかり守ってくれます。

④PC直入れでも傷つかない!「Reform Tensaerlite Backpack 13

PCケースに入れなくて済むのはうれしいのですが、どんなPCでも収納できるわけではありません。MacBookなどの薄型に限られるので、ご注意を。

メンズ快適な移動を実現する
ace.GENE 2選

快適な移動を実現するace.GENE 2選

「ace.GENE(エースジーン)」は、日本の老舗バッグメーカー「エース株式会社」が創業以来培ってきた、鞄作りの経験とノウハウの結晶ともいえブランドです。日本の美意識や心遣いを感じるようなデザインで、使いやすく高品質なモノづくりをしています。

メンズ①防水機能で書類を守る
クロスタイド S No. 54677

ace.:クロスタイド:S:No. 54677

ace.GENE
クロスタイド S No. 54677
実勢価格:1万2100円


サイズ:約 W320×H440×D140 mm
重量:約 950グラム
※リンク先のカラーはオレンジです

「クロスタイド S No. 54677」は、本体が撥水加工されているだけではなく、樹脂シートで内側が覆われた防水ポケット付きリュックです。口がガバっと大きく開くので、どんな状況でも中身の確認やすく、書類をサッと取り出せます。

①防水機能で書類を守るクロスタイド S No. 54677

防水ポケットは、折り畳み傘を入れるのにちょうどいいサイズ。濡れてしまった折り畳み傘や、ペットボトルなどを入れれば、他の荷物を濡らさずにすみます。

メンズ②高級感のあるこだわりの素材
EVL-3.0 59512

ace.:EVL-3.0 59512

ace.GENE
EVL-3.0 59512
実勢価格:2万20円


サイズ:約 W330×H450×D160 mm
重量:約 1160グラム

大容量タイプのリュックは、荷物を入れると自立しにくいものが多いのですが、「EVL-3.0 59512」は自立します! 素材も高品質で、こだわりを感じますます。ただ、口が大きく開かないので、少し荷物が入れにくいのがちょっと残念です。

なお、こちらの商品は新しいモデルが出ています。

ace.:EVL-3.5 62012

ace.GENE
EVL-3.5 62012
実勢価格:2万8600円


サイズ:約 W320×H450×D160 mm
重量:約 1210グラム
※画像はAmazonより

メンズ様々なニーズに応える個性派たち
その他ブランド 5選

様々なニーズに応える個性派たちその他ブランド 5選

その他編ではエレコムなど、5ブランドの製品をご紹介します。ちょっと変わったリュックばかりで、個性が光ります。

メンズ①背負ったまま充電&通話が叶う
エレコム「Ruminant」

エレコム:ELECOM:Ruminant

エレコム(ELECOM)
Ruminant
実勢価格:7070円


サイズ:約W300×H430×D160mm
重量:約1110g
PC収納部内寸:W270×H375×D30mm
USB規格:USB2.0規格(準拠)

「Ruminant(ルミナント)」は、パソコンやデジタル機器関連製品の開発、製造、販売を手掛けるガジェットメーカーの大手「ELECOM」がプロデュースするバックパックです。当然、ただの4気室大容量リュックではありません。背負ったまま、スムーズにスマホの充電ができるんです。

①背負ったまま充電&通話が叶うエレコム「Ruminant」

リュックの背中側上部にあるガジェット収納スペースにモバイルバッテリーをつないでおくと、肩ポケットの中にあるUSB端子に給電されます。お手持ちの充電ケーブルをこのUSB端子につなぐことにより、いつでもここから充電できます。

①背負ったまま充電&通話が叶うエレコム「Ruminant」

充電する時は肩ポケットを開けるだけなので、通話中でもスムーズに充電できます。使ったあともケーブルをそのまま、このスペースにしまえて便利。

さらにサブポケットも充実していて、使える上に見た目もカッコ良くてスマート。

メンズ②大きく開いて肩が疲れない
グッシオ ウォーモ

グッシオ ウォーモ:3Wayビジネスバッグ

グッシオ ウォーモ
3Wayビジネスバッグ
実勢価格5580円


サイズ:約 W440×H320×D100 mm
重量:約 840グラム

グッシオ ウォーモの「3Wayビジネスバッグ」は、肩が疲れる……とお悩みの方におすすめしたいリュックです。ショルダーストラップ全体に程よいクッションが入っていて、肩が疲れにくいんです。

②大きく開いて肩が疲れないグッシオ ウォーモ

開口部が大きく開き、大容量タイプなのに中身がひと目でわかります。また、背中に当たる部分に入った緩衝材が、PCやタブレットと背中を同時に保護してくれます。これなら安心かつ楽にデジタルデバイスを持ち運べますね。

メンズ③仕事帰りのジム通いにぴったり
MAMMUT「セオン カーゴ」

MAMMUT:マムート:セオン カーゴ:35L

MAMMUT(マムート)
セオン カーゴ 35L
実勢価格:1万5850円


サイズ:約 W270×H520×D160 mm
重量:約 830グラム

MAMMUTの「セオン カーゴ」は、上述のIncase「Sport Field Bag Lite」同様、仕事帰りのジム通いにぴったりな大容量リュックです。ややカジュアル寄りなので、スーツでカチッとしなくてもいい職場に向いているかもしれません。

③仕事帰りのジム通いにぴったりMAMMUT「セオン カーゴ」

ファスナーを全開にしてガバっと開くと、大小細かいポケットが搭載されています。シューズとウェアを別々に収納に収納できるのはいいいですね。

③仕事帰りのジム通いにぴったりMAMMUT「セオン カーゴ」
左:シューズ収納  右:PCポケット

シューズは前開き部に、ノートPCやタブレット類は、独立したPCポケットへ収納。およそ15~15.6インチのPCまで収納できます。

さらにカメラやガジェットポケットも豊富。シンプルなデザインなので、オン・オフ切り替えることなく、どちらにも対応できるデザインもグッドです。

メンズ④収納力MAX! 何でも入っちゃう
「Slicks Travel Bag Complete Kit 」

④収納力MAX! 何でも入っちゃう「Slicks Travel Bag Complete Kit 」

SLICKS
Slicks Travel Bag Complete Kit
実勢価格:4万8000円(税抜)


サイズ:約 W320×H520×D200 mm
重量:約 1390グラム(本体のみ)

3Wayに使える「Slicks Travel Bag Complete Kit 」は、見た目はコンパクトなのにとんでもなく大容量のバックパック。これがあれば出張の帰りに観光やスポーツなども楽しめます。

④収納力MAX! 何でも入っちゃう「Slicks Travel Bag Complete Kit 」

見かけよりも容積が大きく、翌日の着替えやネクタイなども軽~く収納。ジーンズもラクラク入ります。

側面の最も取り出しやすい場所にある大きなポケットには、ペットボトルなど何でも入ります。表面のポケット下には深めのポケットがあり、なんと靴まで入ります!

④収納力MAX! 何でも入っちゃう「Slicks Travel Bag Complete Kit 」

大切なPCは、一番衝撃を受けない背面のポケットに収納。収納できるのは15インチまでのPCになりますので、サイズにご注意ください。

④収納力MAX! 何でも入っちゃう「Slicks Travel Bag Complete Kit 」
左:ウォッシュバッグ  右:シャツカバー

本体の収納力もさることながら、付属品も充実しています。洗面道具を吊るせるウォッシュバッグがついており、ホテルなどでも使い勝手が良いですね。

また、襟ガード付きのシャツカバーは、シャツがしわにならないようにという嬉しい配慮です。そのうえ、スーツカバーも完備。

付属のケースにも大量のポケットがつき、脱いだ洗濯物を入れる防水加工のランドリーバッグもついていて、至れり尽くせりなんです!

メンズ⑤オシャレで使い勝手がいい
Cote&Ciel(コート&シエル)

Cote&Ciel:コート&シエル:Isar Rucksack:M

Cote&Ciel(コート&シエル)
Isar Rucksack M
実勢価格:2万5800円


サイズ:約 W320×H470×D200 mm
重量:約 1640グラム

他の人と同じモノは持ちたくない! というこだわりのある人にオススメなのがCote&Cielの「Isar Rucksack M(イザール リュックサック)」。ちょっと変わったデザインで、口が非常に大きなリュックです。どんな状況でも中身の確認しやすく、書類をサッと取り出せます。

収納力は普通ですが、若干、奥に手が届きにくいという声がありました。

以上、ビジネスシーンにマッチしたリュックのご紹介でした。たくさんの荷物を運べて両手が楽になるリュックなら、移動の際のストレスも軽減されるでしょう。そして、スーツの後ろ姿もスタイリッシュになりますよ! こちらを参考にして、ご自身のニーズに合ったリュックを選んでみてはいかがでしょうか。