メンズ雨にも負けない防水リュックをテスト

雨にも負けない防水リュックをテスト イメージ

突然の雨。傘は持っていても、背中のリュックまでカバーできず、知らない間にリュックがビショビショ……という経験ありませんか? 

そこで今回注目するのは「防水リュック」。名前の通り、濡れても中は濡れない加工がされているリュックです。そこでAmazonで防水をうたう6製品をピックアップし、防水性能を検証しました。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品 おすすめポイント
LAD WEATHER防水リュック
LAD WEATHER 防水リュック イメージ
4.00
シンプルで使いやすく背負いやすい/撥水性がよく濡れてもすぐ拭ける/縫い目が圧着されていて防水に割り切ったつくり
4.00 4.00 4.00 4.00
42cm
13cm
60cm
25L
Happy Go防水 バックパック
Happy Go 防水 バックパック イメージ
3.00
簡素だけど実用性は高め/ジッパーの動きが良好
4.00 2.00 3.00 3.00
30cm
15cm
42cm
18L
AOSLEビジネスリュックサック
AOSLE ビジネスリュックサック イメージ
3.00
アイデアや細部のギミックが優秀/反射パーツ付きで自転車乗りにおすすめ
4.00 2.00 4.00 2.00
33cm
18cm
45cm
30L
コールマンリュック シールド25
コールマン リュック シールド25 イメージ
3.25
4.00 1.00 4.00 4.00
27cm
15cm
44cm
25L
SUNOGEビジネスリュック
SUNOGE ビジネスリュック イメージ
2.50
4.00 2.00 2.00 2.00
32cm
17cm
48cm
37L(マチ拡張時)
Lavancia大容量PU革リュック
Lavancia 大容量PU革リュック イメージ
2.50
4.00 2.00 2.00 2.00
42cm
13cm
60cm
25L

2つのテストで検証しました

テスト1:防水性

各製品に半紙を入れ、毎分1ℓの水を雨のように広範囲に降らせることのできる装置で一定時間水をかけ、濡れ具合を確認。

テスト2:使い勝手

背負い心地などの使い勝手を確認。服飾ジャーナリストの飯野高広さんにチェックしていただきました。

それではテストの結果、評価の高かった順に紹介します。

S評価LAD WEATHER「防水リュック」

  • LAD WEATHER防水リュック
  • 実勢価格: ¥3,980

総合評価: 4.00

防水性(1分後)
 4.00
防水性(5分後)
 4.00
つくり
 4.00
使用感
 4.00

今回見事ベストバイを獲得したのは、LAD WEATHER「防水リュック」です。余計な収納などを排したシンプルさが使いやすく、背負いやすさも優秀。確実に防水できるおすすめリュックです。

おすすめポイント
  1. シンプルで使いやすく背負いやすい
  2. 撥水性がよく濡れてもすぐ拭ける
  3. 縫い目が圧着されていて防水に割り切ったつくり
42cm
奥行
13cm
高さ
60cm
容量
25L
型番
ladbag002-whgy
LAD WEATHER「防水リュック」 イメージ

防水性:1分後◎/5分後◎

素材の撥水もよく、濡れてもすぐ拭けます。入り口を巻く方式でジッパー部分がなく、縫い目は圧着されているので、水の侵入する経路ナシ。濡れる心配がありません。

つくり:◎

つくり:◎ イメージ

縫い目が圧着されるなど防水に割り切ったつくりです。

使用感:◎

使用感:◎ イメージ

背負いやすく、がさっと荷物を入れられるので使いやすいです。

飯野高広 氏
服飾ジャーナリスト
飯野高広 氏 のコメント

ポケットなどがなくシンプルなつくりですが、背負い心地は良好。口が広いので、普段使いのバッグをそのまま丸ごと入れて使うのもありです。

A評価Happy Go「 防水 バックパック」

Happy Go 防水 バックパック イメージ1
  • Happy Go防水 バックパック
  • 検証時価格: ¥3,880

総合評価: 3.00

防水性(1分後)
 4.00
防水性(5分後)
 2.00
つくり
 3.00
使用感
 3.00

次に高評価だったのは、A評価のHappy Go「防水 バックパック」です。簡素だけど実用性は高め。形状ゆえ、書類を入れる際は曲がらないよう注意が必要です。食品の買い出しなどに重宝しそうです。

おすすめポイント
  1. 簡素だけど実用性は高め
  2. ジッパーの動きが良好
がっかりポイント
  1. 書類を入れる際は曲がらないよう注意が必要
30cm
奥行
15cm
高さ
42cm
容量
18L

防水性:1分後◎/5分後△

ジッパー部分が布で覆われていますが、やや水が侵入しました。

つくり:○

つくり:○ イメージ

ジッパーの動きが良好。ポケットも過不足なくあります。

使用感:○

使用感:○ イメージ

素材は柔らかいですが引っ張られる感じはなく、背負いやすいです。

B評価AOSLE「ビジネスリュックサック」

  • AOSLEビジネスリュックサック
  • 実勢価格: ¥6,999

総合評価: 3.00

防水性(1分後)
 4.00
防水性(5分後)
 2.00
つくり
 4.00
使用感
 2.00

B評価はAOSLE「ビジネスリュックサック」です。底部が靴入れになってたりと、アイデアや細部のギミックが優秀。ただしやや背負いにくく、長時間歩くのには向かない印象です。

おすすめポイント
  1. アイデアや細部のギミックが優秀
  2. 反射パーツ付きで自転車乗りにおすすめ
がっかりポイント
  1. やや背負いにくい
33cm
奥行
18cm
高さ
45cm
容量
30L
型番
XIE01

防水性:1分後◎/5分後△

背中側から水が入り込みやすく、撥水性がいま一歩でした。

つくり:◎

つくり:◎ イメージ

軽さは優秀。反射するパーツがあるなど自転車乗りにおすすめです。

使用感:△

使用感:△ イメージ

色付きで荷物が見えやすいですが、中で動く感じがあるのは不便でした。

B評価コールマン「リュック シールド25」

  • コールマンリュック シールド25
  • 実勢価格: ¥7,256

総合評価: 3.25

防水性(1分後)
 4.00
防水性(5分後)
 1.00
つくり
 4.00
使用感
 4.00

コールマン「リュック シールド25」もB評価です。背負いやすさはダントツ優秀で、直立するので荷物が入れやすい点も便利。リュックとしては最高ですが、防水性が惜しいです。雨上がりなど、本格的に濡れる心配がない状況で使うならありです。

27cm
奥行
15cm
高さ
44cm
容量
25L
型番
SHIELD 25 ヘザーブラック

防水性:1分後◎/5分後×

背中側から底部分に溜まるほど、水が入り込んでいました。

つくり:◎

つくり:◎ イメージ

全体的にしっかり。ジッパーのすべりもよくストレスがありません。

使用感:◎

使用感:◎ イメージ

背中によくフィットし、背負いやすさは良好です。「背負っても下がる感じがなく使いやすいですね」と、飯野さんも高評価。「ポケットの数や位置もよく、バッグ自体が直立し荷物の出し入れがしやすいです」と使用感も優秀でした。

B評価SUNOGE「ビジネスリュック」

  • SUNOGEビジネスリュック
  • 実勢価格: ¥6,999

総合評価: 2.50

防水性(1分後)
 4.00
防水性(5分後)
 2.00
つくり
 2.00
使用感
 2.00

SUNOGE「ビジネスリュック」もB評価です。豊富な収納など多機能なのはよかったですが、背負うと背中から浮く感じがあり、リュックとしてイマイチでした。

32cm
奥行
17cm
高さ
48cm
容量
37L(マチ拡張時)
型番
B07SXHBBFC-allegro

防水性:1分後◎/5分後△

ジッパーから水が入りこみます。収納物の上部分が濡れやすかったです。

つくり:△

つくり:△ イメージ

ロック部分が固く引っかかるなど、細部がやや粗めです。

使用感:△

使用感:△ イメージ

マチを広げると容量アップしますが、収納が多すぎてどこに何を入れたのか把握がしづらい面もアリ。

使用感:△ イメージ2

また背負うと引っ張られる感じがあるので、長時間の使用には向いていないかもしれません。

飯野高広 氏
服飾ジャーナリスト
飯野高広 氏 のコメント

収納力アップなどのアイデアはいいのですが、使用感や質感が追いついていない印象です。

C評価Lavancia「Lavancia  大容量PU革リュック」

  • Lavancia大容量PU革リュック
  • 実勢価格: ¥6,999

総合評価: 2.50

防水性(1分後)
 4.00
防水性(5分後)
 2.00
つくり
 2.00
使用感
 2.00

Lavancia「Lavancia 大容量PU革リュック」もC評価です。デザインはグッドですが、防水の工夫に欠ける印象です。背負うと荷物が下がるので、PCを入れるには不向きです。

42cm
奥行
13cm
高さ
60cm
容量
25L

防水性:1分後◎/5分後△

バッグ底まで濡れました。こちらも背中側から水が入った様子です。

つくり:△

つくり:△ イメージ

縫い目がカバーされていないのが気になります。シッパーは固めです。

使用感:△

使用感:△ イメージ

荷物が下がる感じがあります。ポケットのボタンが留めづらかったです。

メンズまとめ:小雨程度ならどれもOK。長時間ならベストバイを

まとめ:小雨程度ならどれもOK。長時間ならベストバイを イメージ

今回検証した6製品の防水性ですが、どれも1分濡らしただけでは中まで濡れませんでした。小雨や、本降りでも雨宿り場所にすぐ駆けこめば、中身が犠牲になることはなさそうです。

しかし、5分となると話は別。LAD WEATHER「防水リュック」だけが中を濡らさず守り抜き、防水性能の差を見せました。

ただし飯野さんによると「この手の製品はポリウレタンなどの経年劣化に弱い素材が使われていることが多いので、基本的に寿命は2〜3年と割り切って使いましょう」とのこと。大切なものを入れるなら、定期的に新しいものにしたほうがよさそうです。

結論としては、ベストバイのLAD WEATHER「防水リュック」は、おすすめできる防水リュックです。急な雨やアウトドアなどでも活躍してくれそうなポテンシャルもあり、ひとつ持っておくと重宝しますよ。

メンズバックパックの売れ筋ランキングもチェック!

バックパックのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。