メンズ2022年上半期のヒット商品は本当にいいモノ?

2022年上半期のヒット商品は本当にいいモノ?

はやくも半分が過ぎた2022年ですが、数々のヒット商品が登場しました。ヒットに結びついたと思われるのが、コロナ禍による生活スタイルの変化です。

例えば、癒しアイテムや家事を楽にする掃除道具のほか、テレワークのお供に便利な「ながら聴き」ができるイヤホンが売れたり、ノンアルや微アルなど「控えめ」なお酒が人気になったり。でも、そんなヒット商品って、本当にいいものなのでしょうか。

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』が2022年上半期ヒット商品の実力を確かめるべく、プロと一緒に徹底テスト。「絶対買い」「買ってよし」「人によってはアリ」「ちょっと待った」の4段階でオススメ度をジャッジしました。

今回は、在宅ワーク時代のメンズファッション3製品です。

A評価AOKI「【パジャマスーツ】ドットサッカー無地 ラペル付きジャケット セットアップ着用可」

AOKI「【パジャマスーツ】ドットサッカー無地 ラペル付きジャケット セットアップ着用可」
王冠アイコン

AOKI
【パジャマスーツ】
ドットサッカー無地ラペル付きジャケット セットアップ着用可
実勢価格:8789円

サイズ:S/M/L/LL/B M/B L/B LL
カラー:紺
素材:ポリエステル88%、レーヨン12%

AOKI
【パジャマスーツ】
ドットサッカー無地
ノータックパンツ セットアップ着用可
実勢価格:5489円

サイズ:S/M/L/3L
カラー:紺
素材:ポリエステル88%、レーヨン12%

▼総合評価

  • 買ってよし

「パジャマ以上、オシャレ着未満」というコンセプトが受け、2020年秋の発売からこれまでに10万着以上を売り上げる大ヒットとなっているAOKIの【パジャマスーツ】。リモートワークのときに欠かせない、Web会議にも活躍します。

雑誌『MONOQLO』でも一度テストを実施しましたが、昨年秋からはラペル付きのジャケットが新登場しています。さらにビジネス使いがしやすくなっているようなので、『MONOQLO』2022年8月号では改めてテストしてみました。

昨秋に登場したラペル(下襟)付きモデルのなかから、代表的な5製品を服飾ジャーナリストの飯野さんとチェックした結果、ベストバイに選出されたのがAOKI「【パジャマスーツ】ドットサッカー無地 ラペル付きジャケット セットアップ着用可」です。

落ち着いた色味でジャケットにはフラップポケット、パンツにはベルトループがあり、比較的カチッとした印象を与えてくれます。また、価格のわりに「ボタンホールなどの縫製もしっかりしていて、ボタン自体の質感も頑張っている」(飯野さん)のも高評価でした。

飯野高広 氏
服飾ジャーナリスト
飯野高広 氏 のコメント

快適性だけでなく、季節感も取りいれられるのはいいですね。

襟付きだからパジャマっぽさがない!

デザイン:◎

デザイン:◎

セットアップで着用するとこんな感じ。パジャマっぽさはありません。

Web会議の印象:◎

Web会議の印象:◎

一般的なスーツに使われる見慣れた素材でもあるので、Web会議などカメラ越しでも、落ち着いた印象を演出できます。出社できるかどうかはオフィスの雰囲気次第ですがあり得るレベルです。

着心地のラクさ:○

着心地のラクさ:○

生地は風通しがよく、非常に涼しいです! 伸縮性もあり、着心地はパジャマというか、かなりジャージな印象です。

AOKIの【パジャマスーツ】の姉妹品として、【パジャマシューズ】も出ているので、試してみました。

メンズAOKI「【パジャマシューズ】ドレススニーカー 外羽根式 ストレートチップ」

AOKI「【パジャマシューズ】ドレススニーカー 外羽根式 ストレートチップ」

AOKI
【パジャマシューズ】
ドレススニーカー 外羽根式
ストレートチップ
実勢価格:7689円

サイズ:25.0/26.0/27.0
カラー:黒
素材:甲部分/合成皮革、底材の種類/合成底

▼総合評価

  • ちょっと待った

AOKI「【パジャマシューズ】ドレススニーカー 外羽根式 ストレートチップ」は、デザインもはき心地も微妙でした。ジャケットとパンツが良かっただけに、ちょっと期待外れ。

脱ぎ履きがラクなビジネスシューズはほかにもあるうえ、見た目だけのためにひもを付ける必要性も感じませんでした。

メンズワークマン「BASIC STRETCH(ベーシックストレッチ)デニムパンツ」

ワークマン「BASIC STRETCH(ベーシックストレッチ)デニムパンツ」

ワークマン
BASIC STRETCH
(ベーシックストレッチ)
デニムパンツ
実勢価格:1900円

サイズ:M/L/LL/3L
カラー:ネイビー、ブルー、デニムブラック、デニムグリーン
実勢価格:5489円

▼総合評価

  • 人によってはアリ

限定3万本が争奪戦になったワークマン「BASIC STRETCH(ベーシックストレッチ)デニムパンツ」。 カイハラデニムを採用した5ポケットパンツで、さらに低価格……というと、真っ先に思い浮かぶのがユニクロですが、約2000円も安いのは、素直にスゴいと感じます。

スタイリストのKOKAさんは、「はき心地もまずまずで、パッと見も安っぽくない」と評価。とはいえ、飯野さんの「まだユニクロのようにお出かけ着にできるレベルにはない」という意見もありました。

飯野高広 氏
服飾ジャーナリスト
飯野高広 氏 のコメント

縫製に粗さを感じるのでブラッシュアップに期待。

KOKA 氏
スタイリスト
KOKA 氏 のコメント

生地が少し薄く耐久性は心配ですが、コスパは最高。

作業着としては活躍しそう

はき心地:○

はき心地:○

ストレッチが利いた、はき心地は上々です。

つくり:△

つくり:△

縫製など細部をチェックするとつくりが粗い部分も。ただし、作業着として見れば十分すぎです!

以上、2022年上半期に話題になったAOKIの「パジャマスーツ」と「パジャマシューズ」、そしてワークマン「デニムパンツ」の検証でした。話題になったからと飛びつく前に、検証の結果をぜひ参考にしてみてください。

メンズビジネスシューズの売れ筋ランキングもチェック!

ビジネスシューズのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。