<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年2月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

大量の荷物が入って両手が空く
ビジネスリュックが人気です

パソコンに文房具に紙資料…。特に外回りするビジネスマンは荷物が多いのではないでしょうか。これらの荷物を一般的なビジネスバッグに入れると、重たくなる上に手も塞がってしまいます。そこで、機能的なビジネスリュックを使う人が増えています

ビジネスリュックを選ぶ際、予算やブランド、基本のつくりなど優先するポイントは人それぞれ異なりますが、ショップやカバン専門店でなくても今やAmazonでサクッと購入できます。

しかも、リュックなどのバッグ類は、実はAmazonでも人気のジャンルなんです。

ということで今回は、Amazonで購入できる人気の機能性格安リュック5製品をテストすることに。特に外付けのUSBポートがついた機能性リュックは他の店舗ではあまり手に入らない製品であることから、今回はすべて外付けのUSBポートがあるタイプを検証しました。

また、Amazonの人気製品を集めた検証ではありますが、楽天市場でお取り扱いのある製品は販売ページへのリンクを配置しています。

USBボート付きの機能性リュック
機能性や疲れにくさなどを検証

テストするのはAmazonで高評価レビューのついている、下記の人気5製品です。すべて外付けのUSBポートがあるタイプとなっています。

・MARK RYDEN バックパック
・EnacFire ビジネスリュック
・SUNOGE リュックサック
・SOLIN 新型防犯リュック
・TSUNEO. リュックサック


検証したのは、「1:機能性」「2:疲れにくさ」「3:デザイン」の3項目。この3項目を厳しくチェックして、もっとも優秀な機能性リュックを探しました。

はたして、どの製品が高評価を得たのでしょうか。それでは、テストの結果を発表したいと思います。

防水×大容量でデジモノ運びにいい
MARK RYDEN

MARK RYDEN
バックパック
実勢価格:5799円


サイズ:W32×D16×H50cm 
容量:約30L
PC収納:17インチまで

▼テスト結果
 機能性  :◎
 疲れにくさ:◎
 デザイン :◎


5製品の中でダントツのS評価だったのは、MARK RYDEN バックパック。2気室+PCスリーブの大容量に加えてポケット数が多く、整理・アクセス性もいいので欲しいものをすぐに取り出せます。防水生地に止水ジッパーまで備え、絶対に濡らせない書類やガジェット、PCの持ち運びには最高です。

おすすめ1:大容量で整理しやすい

これだけ入れても、まだまだ余裕があります。

背面ポケットは財布やパスポートなど貴重品をしまうのに最適。スリ対策として海外旅行時にも役立ちます。

おすすめ2:肩パッドが頑丈で疲れにくい

肩パッドが分厚く頑丈なので、重い荷物を入れても肩に負担がかからず疲れにくいです。

おすすめ3:雨も完封できる

ビニール素材の防水生地で水を通しません。要所には止水ジッパーも装備アリ。

おすすめ4:デザイン性も◎

見た目もシンプルでおしゃれです。シンプルなデザインでオンもオフも両方で使えます。

バッテリーをいちいち取り出す必要がなく手間が軽減されていて、さりげない配置も◎。

圧倒的な使いやすさ、機能性の点で他に差を付けた形となりました!

PCポケットは随一の安心感で
保護力もあるSUNOGE

SUNOGE
リュックサック
実勢価格:2680円

▼テスト結果
 機能性  :◯
 疲れにくさ:◎
 デザイン :◯


A評価だったのは、SUNOGE リュックサック。PCポケットは随一の安心感で、クッションも分厚く入っていて保護力◎。

16インチの大型ノートPCもすっぽり入ります。

ポケットが多いから整理しやすく
傘も収納しやすいEnacFire

EnacFire
ビジネスリュック
実勢価格:3480円

▼テスト結果
 機能性  :◯
 疲れにくさ:◯
 デザイン :◯


同じくA評価だったのは、EnacFire ビジネスリュック。薄マチタイプですが、ポケットは多く整理はしやすいです。背の高いものを倒さず収納できる工夫も○。

折りたたみ傘を入れても仕切りがあるから、倒れません。

サイドポケットにある充電ポートが
やや使いにくいTSUNEO.

TSUNEO.
リュックサック
実勢価格:4380円

▼テスト結果
 機能性  :△
 疲れにくさ:◯
 デザイン :△


B評価だったのが、TSUNEO. リュックサック。充電ポートがサイドポケットの底にありやや使いにくいです。飲み物を同時に入れられないのも△でした。

充電ポートが不便な位置にあって、使いにくいのが残念でした。

C評価: 持ち手部分の金属パーツがズレたり
細部の縫製や処理が雑なSOLIN

SOLIN
新型防犯リュック
実勢価格:3299円

▼テスト結果
 機能性  :△
 疲れにくさ:△
 デザイン :△


C評価だったのは、SOLIN 新型防犯リュック。今回テストした製品では、持ち手部分の金属パーツがすぐにずれ、未処理の断面が手に当たることもあり危険な場面もありました。

細部の縫製や処理がやや雑になっています。

今回5製品をテストしてみた結果、USB自体の送電性能にはあまり差がないことがわかりました。一方、差が出たのはポケットの数や位置といった収納スペースの使いやすさ、縫製の頑丈さや背負った時の疲れにくさ、撥水・防水性といったリュックとしての実用的な機能。

その点でS評価のMARK RYDENなら、機能性も疲れにくさもデザインも兼ね備えているのでおすすめです。

リュックやバッグ使用時のお悩みは
この4アイテムがあれば解決します

リュックを長時間背負っていると肩が痛くなる、自転車やバイクでの通勤中に急な雨に降られてカバンが濡れるなど、リュックやカバンを使用しているとさまざまななトラブルが発生します。

そんなお悩みを解決してくれる貴重な4アイテムを発見しましたので、目的別にご紹介します。

1:突然の雨で濡れるのを防ぐ
雨をガードするリュックカバー

Frelaxy
リュックカバー(Mサイズ)
実勢価格:1160円


対応サイズ:5~35Lサイズ(W32~32cm×D15~18cm×H45~52cm)
重量:80g
素材:ナイロン

自転車やバイクで通勤している際、突然雨に降られるとかなり迷惑で、PCやタブレットなどを入れていると濡れていないかどうかがかなり気になります。

そんなとき、このリュックカバーがあれば大丈夫。防水素材のリュックカバーを使えば、多少の雨なら傘なしでもガードできます。

2:マフラーや手袋などの小物は
ベルトにかけてコンパクトに

NEXARY
ポータブルジャケットホルダー
実勢価格:899円

冬の時期はマフラーや手袋・上着などが室内でかさばります。そんな時はポータブルジャケットホルダーをカバンに付ければ、手荷物をまとめてスマートに行動できるようになります。

マフラーなどの一時置きにピッタリです。

3:ベルトが食い込んで痛いなら
肩ベルトで痛みと疲労感を軽減!

ジェルトロン
ショルダーパッド
実勢価格:2420円

肩掛けタイプの鞄に荷物をたくさん入れると、ベルトが食い込んで肩が痛くなってしまいます。それを解決するのがジェルトロン。柔らかいジェルで圧力を分散し、肩にかかる負担を減らしてくれます。

つければ驚くほど肩がラクになります。

4:容量&機能性を高めるなら
バッグインバッグがおすすめ!

G-KAKO
バッグインバッグ(アーチ型Mサイズ)
実勢価格:1499円


サイズ:W24×D13×H31cm
素材:ナイロン

ポケットの少ないシンプルなリュックでも、スペースを有効活用できるのがG-KAKO。ポケットが多く小物の整理が圧倒的にしやすくなります。

以上、機能性リュックおすすめ5選とさらに機能性をアップさせる便利アイテムの紹介でした。

S~A評価の製品は格安ながらも独自の機能や使いやすい工夫がありました。一方で、格安製品の中には作りが甘いものもあるようです。毎日の付き合いになるビジネスリュック、よく吟味して選ぶことをおすすめします!