A+評価マクセルイズミ「毛玉取り器 KC-NW722」の実力をチェック!

マクセルイズミ「毛玉取り器 KC-NW722」の実力をチェック! イメージ
王冠アイコン

マクセルイズミ
毛玉取り器 KC-NW722
実勢価格:4850円

サイズ・重量:W66×D95×H185mm・約216g(ふわふわガード装着時)
電源:充電・交流式 AC100〜240V、50〜60Hz
充電時間:約8時間
使用可能時間:満充電時/約38分
付属品:ふわふわガード、充電アダプター、ブラシ、ポーチ、取扱説明書

昔ながらの毛玉取り器といえば、100均などでも売っている安価なものを想像する人も多いでしょう。その点、こちらのマクセルイズミ「毛玉取り器 KC-NW722」は約5000円と少々値が張る印象です。

これからの時期に活躍してくれるであろう本製品ですが、安価なものと比べてどうなのか。また、マクセルイズミがプッシュしている本製品のウリは、正しいのか。

というわけで男女テスター、また担当編集でその実力を検証してみました。

ちなみに担当編集はカーディガンをよく着るのですが、朝の出かけ際に毛玉取りをよく使っています。普段の製品とどう違うのかを合わせてチェックしました。

ホームテスト1:100均製品と毛玉の取れ方に差はあるのか?

結果:細かい毛玉の取れ方に大きな差があった!

結果:細かい毛玉の取れ方に大きな差があった! イメージ

マクセルイズミ「KC-NW722」と100均で販売されている一般的な毛玉取り器(税込220円)をニット、セーター、帽子、毛足の長いスリッパの4ジャンルで毛玉の取れやすさを比較しました。

結果は、はっきり言って圧倒的に「KC-NW722」のほうが優秀。

大きめの毛玉に関してはどちらも問題なく取れたのですが、ニットやセーターにありがちな小さい毛玉の取れ方には大きな違いが現れました。

結果:細かい毛玉の取れ方に大きな差があった! イメージ2

「KC-NW722」は52mmの大型刃かつ、「ふわふわガード」を装着すれば衣類の毛足にあわせて「高・中・低」の3段階切り替えが可能。小さい毛玉に対しては「低」モードにすることで、ほとんどが除去できました。

結果:細かい毛玉の取れ方に大きな差があった! イメージ3

対する100均製品は小さな毛玉を逃すことが多く、除去できていた部分でもボコボコと「刈った跡」のような痕跡が残ってしまいました。

もちろん価格差があるので当然のように思えますが、あらためてその違いを知ると、安い機種を選ぶことに抵抗が生まれました。

20代・女性
モニター
20代・女性 のコメント

毛玉が綺麗に取れるだけでなく、仕上がりが綺麗でとてもいいですね。

ホームテスト2:着ている状態でもすぐに毛玉は取れるのか?

結果:着たまま毛玉を取れるモードがある!
 

結果:着たまま毛玉を取れるモードがある!  イメージ

忙しい朝の家を出る間際に、ふと洋服に大量の毛玉がついていることに気づく。そんなときにささっと対処できれば嬉しいですよね。「KC-NW722」は衣服を着たままで毛玉取りができることがウリのようです。

さっそく試してみると、「KC-NW722」は持ち手が握りやすく、狙った毛玉にきちんと刃を当てることができる点が非常に優秀でした。大柄な男性テスターの手はもちろん、小柄な女性モニターの手でも安定して握ることができる持ち手です。

対する100均製品は持ち手部分の幅がやや狭く、衣服を着たままだとやや安定性に欠けるという結果に。せわしない朝にこのロスは大問題です。

また「KC-NW722」には着たまま毛玉取りをする際、またおしゃれ着等の毛玉取りに向けた「care」モードがあり、着たままの作業時に不安定になりがちな腕や裾まわりの毛玉を取ろうとする際に衣服を傷つけにくいことがわかりました。

30代・男性モニター
モニター
30代・男性モニター のコメント

家を出る直前に立ったまま、洋服を着たままでしっかり毛玉を取れるのが素晴らしいです。

ホームテスト3:使用時の騒音はうるさいのか?

結果:静かではないですが、100均よりはかなりマシ!

普段使いするうえで、使用時の音量も気になるものです。

そこで「KC-NW722」、また100均製品を毛足の長い靴下に当て、30cm離れた位置から騒音計を使って音量計測を行いました。

以下がその結果です。

KC-NW722

Max Min
85.2dBA 79.1dBA

100均製品

Max Min
97.2dBA 86.7dBA

※未使用時騒音値/45.1dBA、衣服に当てない状態の騒音値/72.8dBA

「KC-NW722」と100均製品の音の大きさは、Max時で12.0dBA、Min時で7.6dBAの差がありました。

体感でも圧倒的に「KC-NW722」のほうが静かですが、静音性が非常に高いというほどではなく、扉を挟んだ別の部屋からも音が聞こえるレベルではあります。

建部博
MONOQLO/家電批評 編集長
建部博 のコメント

もう少し静かだと、子どもが寝静まった時間でも使いやすいと感じました。

ホームテスト4:付属品は役に立つの?

結果:「ふわふわガード」の存在は感動を呼びました!
 

結果:「ふわふわガード」の存在は感動を呼びました!  イメージ

今回検証をしていて、モニターから感嘆の声があがったのが、「ふわふわガード」の存在です。

こちらを装着すると刃と衣類の間に空間ができるため、特に気をつけなければならない衣服の毛玉を取るときに安心。ガードがあっても毛玉取りの性能はばっちりのため、“最悪の事態”になりづらいです。

結果:「ふわふわガード」の存在は感動を呼びました!  イメージ2

また電池式ではなく充電式であるため、チャージしておけば、コードレスで使用できる点も高評価です。

メーカー曰く、満充電時の使用時間目安は約38分ですが、実際に試したところ、30分21秒と、基本使用には問題とならない範囲の差でした。

結果:「ふわふわガード」の存在は感動を呼びました!  イメージ3

ダストボックスに溜まった毛玉を捨てる際も、ゴミに触れることなく行えますので、安心です。

ホーム買っておけばずっと使える安心・安全なアイテムでした!

テスト結果は、満場一致のベストバイに。

モニターからは特に「着たままで使用できる点」や「ふわふわガード装着時の安心感」が高評価を得ました。

買っておけばずっと使える安心・安全なアイテムでした! イメージ

100均製品よりも全体的にしっかりした作りで、大切な衣服をケアしながら毛玉取りが行える点が非常に優秀な製品です。

これからの時期、ぜひとも使ってほしいと言えます。

買っておけばずっと使える安心・安全なアイテムでした! イメージ2

もこもこなスリッパなどにも使えて、汎用性も高いです。

ホームテスト結果とアピールポイントを総まとめ!

テスト結果とアピールポイントを総まとめ! イメージ
王冠アイコン

マクセルイズミ
毛玉取り器 KC-NW722
実勢価格:4850円

サイズ・重量:W66×D95×H185mm・約216g(ふわふわガード装着時)
電源:充電・交流式 AC100〜240V、50〜60Hz
充電時間:約8時間
使用可能時間:満充電時/約38分
付属品:ふわふわガード、充電アダプター、ブラシ、ポーチ、取扱説明書

▼テスト結果

総合評価 毛玉の取れやすさ 衣服の傷つけにくさ 使い勝手 静音性 充電しやすさ 付属品
A+

最後にマクセルイズミ「毛玉取り器 KC-NW722」のよかった点と残念だった点をまとめました。

▼よかった点

  • 大きめな毛玉はもちろん、小さい毛玉もばっちり取り除ける
  • 「ふわふわガード」を装着することで要ケアな衣類にも安心して使用できる
  • 持ち手が握りやすく、着たままでも安定して毛玉取りができる

▼残念だった点

  • やや音が大きく、静かとは言えない

ホーム毛玉取りの売れ筋ランキングもチェック!

毛玉取りのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。