パソコンTP-Link「Archer AX23」を上半期ベストバイに選定した理由

TP-Link「Archer AX23」を上半期ベストバイに選定した理由
王冠アイコン

TP-Link
Archer AX23
実勢価格:7245円

サイズ:W260.2×D135×H38.6mm
通信速度:5GHz/1201Mbps、2.4GHz/574Mbps
有線ポート:WAN×1、LAN×4

国内メーカーが強みを見せてきたWi-Fiルーターですが、今回のテストでは、近年存在感を増しているTP-Linkの新機種「Archer AX23」が堂々のベストバイに輝きました。

2022年3月に発売された本製品は1万円以下で購入可能なエントリーモデルでありながら、実測テストでより高速な速度を謳っているクラスの製品に匹敵するパフォーマンスを発揮。

通信距離が離れるほど速度が低下しがちなWi-Fiですが、本機は戸建て住宅のすみずみまで安定した通信が行えました。

TP-Link「Archer AX23」のメリット/デメリット

ベストバイに選定した理由として、メリットとデメリットは以下のとおりです。

▼メリット

  • 離れた場所でも電波が安定
  • 2.4GHz帯の速度も速い

▼デメリット

  • 外部アンテナの採用で設置場所に制約が発生する

お手軽価格で一般家庭には必要十分な性能

お手軽価格で一般家庭には必要十分な性能

実売価格が7000円台とお手軽でありながら、実測テストで十分な通信速度を記録。ルーターから離れた場所の通信速度低下も小さく、最大接続台数も36台と一般的な家庭ならストレスなく使用可能です。

ただし、外部アンテナを採用しているため、向きの調整が必須となり設置場所に気を配る必要があります。

パソコン【1万円以下の競合製品と転送速度テスト】戸建ての各部屋で実際に計測

【1万円以下の競合製品と転送速度テスト】戸建ての各部屋で実際に計測

上の図の一軒家の書斎にルーターを設置。書斎、寝室、キッチン、リビングの各部屋でWi-Fi6対応のノートパソコンとルーター間のデータ転送速度を計測し、以下3製品を比較してみました。

▼比較したWi-Fiルーター

  • TP-Link「Archer AX23」
  • TP-Link「Archer AX53」
  • NEC「Aterm WX1500HP」

それぞれのテスト結果は以下のとおりです。

【S評価】TP-Link「Archer AX23」

【S評価】TP-Link「Archer AX23」

TP-Link
Archer AX23
実勢価格:7245円

2.4GHz帯でも平均で100Mbpsを超えており、快適な通信ができています。

▼最大速度

  5GHz帯 2.4GHz帯
ダウンロード 773.0Mbps 212.1Mbps
アップロード 345.3Mbps 128.2Mbps

▼平均速度

  5GHz帯 2.4GHz帯
ダウンロード 622.1Mbps 187.0Mbps
アップロード 294.5Mbps 108.2Mbps

【A評価】TP-Link「Archer AX53」

【A評価】TP-Link「Archer AX53」

TP-Link
Archer AX53
実勢価格:8514円

5GHz帯のスペックはArcher AX23より高速なものの、実測すると同等レベル。しかも、2.4GHz帯の速度が伸び悩みました。一般的な使用では実売価格の安いArcher AX23のほうがコスパに優れるといえます。

▼最大速度

  5GHz帯 2.4GHz帯
ダウンロード 775.1Mbps 163.7Mbps
アップロード 336.2Mbps 105.1Mbps

▼平均速度

  5GHz帯 2.4GHz帯
ダウンロード 633.0Mbps 149.7Mbps
アップロード 289.2Mbps 79.5Mbps

B評価:NEC「Aterm WX1500HP」

B評価:NEC「Aterm WX1500HP」

NEC
Aterm WX1500HP
実勢価格:7390円

アンテナを内蔵しているため設置しやすいのはメリットです。ただし、転送速度はTP-Linkの2製品に劣る結果となりました。

▼最大速度

  5GHz帯 2.4GHz帯
ダウンロード 739.1Mbps 100.2Mbps
アップロード 185.8Mbps 84.5Mbps

▼平均速度

  5GHz帯 2.4GHz帯
ダウンロード 454.7Mbps 87.3Mbps
アップロード 178.6Mbps 63.8Mbps

エレコムやバッファローの格安Wi-Fiルーターのテスト結果もチェック

『家電批評』では、8000円以下で各メーカーの人気製品を集めて比較テストを行っています。

パソコン前回のベストバイ製品より総合的な速さを発揮

前回のベストバイ製品より総合的な速さを発揮

『家電批評』2022年3月号のベストバイ製品、NETGEAR「RAX20-100JPS」と比べると5GHz帯のダウンロード速度こそほぼ同等なものの、アップロード速度と2.4GHz帯のダウン/アップロード速度は上回る結果に。ルーターから離れた場所での通信が、より安定しています。

NETGEAR「RAX20-100JPS」の計測結果

NETGEAR「RAX20-100JPS」の計測結果
 

NETGEAR
RAX20-100JPS
実勢価格:7755円

▼計測結果

  5GHz帯 2.4GHz帯
ダウンロード 630.8Mbps 167.8Mbps
アップロード 276.2Mbps 77.9Mbps

パソコン1万円以上の製品なら、さらに速度の上乗せが可能

1万円以上の製品なら、さらに速度の上乗せが可能 
王冠アイコン

バッファロー
WXR-6000AX12S
実勢価格:3万573円

バッファロー「WXR-6000AX12S」は1万円以上のWi-Fiルーターでベストバイに選ばれた製品です。大容量データの送受信や低遅延が求められるゲームプレイを頻繁に行うなら、1万円オーバーの製品がオススメ。ダウンロードで1Gbps超えも実現可能です。

以上、1万円以下のWi-Fiルーター部門で『家電批評』2022年上半期ベストバイに選ばれた、TP-Link「Archer AX23」を紹介しました。

最高速度こそ、高価格帯の製品にはお呼びませんでしたが、離れた場所でも速度が安定し、テストで優等生ぶりを発揮しました。ある程度の速さと低価格を求めるなら間違いなくおすすめです。

パソコンWi-Fiルーターの売れ筋ランキングもチェック!

Wi-FiルーターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。