家電暮らしの悩み&ストレスが解決できるWi-Fi術って?

今では私たちの生活に欠かせないものとなったWi-Fi。ですが、そんなWi-Fiのことを「ギガの節約で使うもの」程度に考えていませんか?

実は、最新家電の多くはWi-Fiと連携させることでより便利になるんです。そこで、本音の家電ガイド『家電批評』が、快適な部屋づくりができるストレスゼロの最新Wi-Fi術をお届けしちゃいます。

Wi-Fi術を駆使して家中の悩みを解決するとともに、「ぶっちゃけ、Wi-Fiのことよくわかってない」というストレスも解決します!

家電ラクに本格的な料理が作れる調理家電はある?

快適な部屋づくりにあたり、「リビング」「キッチン」「風呂・トイレ」など、エリアごとにフォーカスしました。

今回はキッチン編です。家でも最高にウマい米が食べたい! そんな人におすすめなのが「タイガー」の炊飯器​。Wi-Fi連携で50銘柄のブランド米を炊き分けできるんです。

家電アプリ選択だけでウマい米が炊ける! タイガー「JPA-X100」

※画像はAmazonより

タイガー魔法瓶
圧力IHジャー
炊飯器〈炊きたて〉
JPA-X100
実勢価格:4万5500円

サイズ・重量:約W25.2×D30.2×H21.1cm・約5.4㎏ 
最大炊飯容量:1.0L 
最大消費電力:1200W 
加熱方式:可変W圧力IH+釜包みIH

タイガー魔法瓶「圧力IHジャー炊飯器〈炊きたて〉JPA-X100」は、アプリと連携させ炊飯ボタンを押すだけで銘柄に合わせた炊飯ができます。しかも、水の量は調節がいらないんです!

目玉機能の「銘柄炊き」メニューは50種類のブランド米に対応。本体と専用アプリをWi-Fi連携させれば、あとは銘柄を選ぶだけで、お米に合った吸水時間や温度、圧力で炊飯してくれます。

実際に炊いたコシヒカリは「モチモチ」「甘め」というお米の特徴を引き立てる味や食感が評価されました。

Wi-Fi連携で50銘柄のブランド米を炊き分けできる! ただし、遠隔操作は可能でも外出先から炊飯はできないので、そこは今後に期待です。

銘柄に合った炊き上がりでした!

「銘柄炊き」は、50種類のブランド米をアプリで選択することが可能。お米に合わせて、吸水時間や温度、圧力を調整して炊飯します。

「魚沼産コシヒカリ」を「銘柄炊き」と「普通炊き」で炊飯してみました。銘柄炊きは普通炊きよりもみずみずしく、ふっくらと炊き上がりました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

炊いたブランド米の特徴を感じさせる味や食感でした。

炊飯以外の機能も便利です

炊き上がり時間や保温中など、炊飯状況がアプリで確認可能。見守り機能になります!

お米の残量を設定すると、炊飯量から買い足し時期を判断して通知。買い足し時期がわかります。

ECストアと連携して、お米が少なくなると自動購入もできます。

以上、Wi-Fi連携でラクに美味しいご飯が炊ける、タイガーの炊飯器を紹介しました。家でも最高にウマい米が食べたい!という人にはオススメですよ。

家電炊飯器の売れ筋ランキングもチェック!

炊飯器のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。