文房具iPadライフがもっと快適になる活用術はある?

本音の家電ガイド『家電批評』でも人気を集める「iPad」。そこで、毎日の仕事や暮らしで引っかかる「これってどうにかならないかなあ」というポイントを、iPadを使って解決する方法をお届けします。仕事や子育てにも活用できて、2022年のiPadライフがもっと楽しくなるワザ満載です!

iPadは机に置いて使うからこそ、置き方や配置にこだわりたいもの。ということで今回紹介するのは、iPadをいろいろな置き方ができる3アイテムと、合わせて使うのにおすすめな電源タップ&充電ケーブルです。

A+評価お絵描きのストレスが軽減される「SketchBoard Pro」

ブレインツリーハウス
SketchBoard Pro
実勢価格:2万2000円

サイズ・重量:W482×D15×H428mm・約2kg
対応するiPad:iPad Pro(1~5世代)、iPad Air(3~4世代)、iPad(6~9世代)

iPadとApplePecilがあればお絵描きはできますが、角度的に描きにくかったり、端末がズレたりでストレスを感じることもしばしば。そこで追加したいのが、iPadを画板に変えるブレインツリーハウス「SketchBoard Pro」です。

お絵描きにピッタリな傾斜をつけられるうえ、力を入れて描いてもビクともしない安定感が手に入ります。テストではA+の高評価を獲得しました。

充電ケーブルも通せる

中央のくぼみにiPadをはめ込めば画板の完成。充電ケーブルも通せるので長時間のお絵描きでも大丈夫です。

カメラ用のウィンドウも付いています。

文房具サブモニター用途に使いやすい「スマホ・タブレット両用スタンド」

BOBYT
スマホ・タブレット両用スタンド
実勢価格:6980円

サイズ・重量:W175×D143×H330mm・985g
素材:アルミ+TPU
対応デバイス:4~13インチ
耐荷重:1kg

BOBYT「スマホ・タブレット両用スタンド」は机上用のスマホ・タブレットスタンド。端末の角度を自由に調節できるため、縦置き・横置きも簡単に切り替えられます。iPadをサブモニター感覚で使うならコレで固定しておけばバッチリです。

書き込む際も安定している

重量感ある頑丈な台座なのでコンパクトながら安定感は高いです。

文房具"立てる"と"書く"をまとめた「マルチホワイトボード&スタンド」

サンコー
マルチホワイトボード&スタンド
実勢価格:3980円

サンコー「マルチホワイトボード&スタンド」は、ホワイトボードを備えたスマホ・タブレットスタンド。iPadで情報を確認しつつ、手書きでメモを取れるのが利点です。ホワイトボードの下には文房具を収納できるスペースもあります。

建部博
家電批評編集部 編集長
建部博 のコメント

ボード下に収納できるのも非常にいいです。

文房具速く・スッキリを叶える「電源タップ&充電ケーブル」

アンカー
PowerPort Strip PD 3
実勢価格:3590円

UGREEN
L字 USB Cケーブル(2m)
実勢価格:1399円

USBケーブルを直接挿してPD充電できる電源タップアンカー​「PowerPort Strip PD 3」と、L字で無駄なスペースを発生させないUGREEN「L字 USB Cケーブル」の組み合わせ。これだけで充電器の配置スペースが超スッキリしますよ。

家電量販店販売員
家電量販店販売員
家電量販店販売員 のコメント

同時にいくつものデバイスを使用していると、この2製品のよさが実感できます。

以上、iPadに最適な机周りを効率化してくれるおすすめアイテムでした。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

文房具PC・タブレット用スタンドの売れ筋ランキングもチェック!

PC・タブレット用スタンドのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

文房具『家電批評』2022年2月号

晋遊舎
家電批評
2022年2月号
実勢価格:700円

『家電批評』2022年2月号では「変わる! iPad超入門」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてくださいね。