文房具iPadライフがもっと快適になる活用術はある?

本音の家電ガイド『家電批評』でも人気を集める「iPad」。そこで、毎日の仕事や暮らしで引っかかる「これってどうにかならないかなあ」という困りごとを、iPadを使って解決する方法をお届けします。仕事や子育てにも活用できて、2022年のiPadライフがもっと楽しくなるワザ満載です!

スマートフォン「家電批評 オブ・ザ・イヤー2021」にも選ばれた「iPad mini(第6世代)」

王冠アイコン

Apple
iPad mini
(第6世代)
実勢価格:5万9800円~

今回ご紹介するのは「MOFT」のデスクマット。iPadを机に置いて本格的に作業すると、Apple PencilやAirPods、iPhoneといった周辺アイテムがどんどん増えてゴチャゴチャしちゃいますよね。「MOFT」のデスクマットは、そんな「散らかる問題」を解決してくれます。

A+評価散らかるアイテムをまとめられる「MOFT Smart DESK Mat」

MOFT
MOFT Smart DESK Mat
実勢価格:1万7180円(フルキット/Makuake)

サイズ・重量:W504×D7×H300mm・約1.5kg
原材料:PUレザー、グラスファイバー、メタルシート

A+評価だった「MOFT Smart DESK Mat」は、504×300mmのスペースにiPadやスマホ、ケーブルなどさまざまなアイテムを配置し、磁力で固定できるデスクマット。

付属のホルダーで固定するため、紙のメモや名刺といった、磁力が使えないものでもくっつけられます。

よく使うアイテムをこれで定位置に固定し、自分だけのワークスペースを作れば作業効率が跳ね上がります。

建部博
家電批評編集部 編集長
建部博 のコメント

このセットごと机→また別の机といったように移動することもできて、ずぼらさんにも◎。

ポイント:作業時にずれが少なく実用的

一般的なテーブルは作業中の衝撃で机上のものがズレてしまうのが難点。でも、MOFTのデスクマットは磁力でしっかり固定するので安定感抜群です。しかもホルダーを自由に移動して、使いやすく机上を整理できます。

「mini」だと、やや無駄スペースができる

ノートPCや大きめのタブレットまで使えるようにスペースが広々ととられているため、コンパクトなiPad miniを置いた場合、スペースを少し持て余しました。

以上、「MOFT Smart DESK Mat」の紹介でした。

使用していて感じたことは、マット自体は一見大きなスペースをとります。でも、タブレットやスマホ等を設置することで、このマットのみに集中して作業できる点が非常に優秀でした。

また、持ち運べる重さなので、ソファに座って膝の上で使ったり、ベッドで寝転んで使用したりといった使い方も日常的に行いましたが、ここでもストレスはありませんでした。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

文房具iPadの売れ筋ランキングもチェック!

iPadのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

文房具『家電批評』2022年2月号

晋遊舎
家電批評
2022年2月号
実勢価格:700円

『家電批評』2022年2月号では「変わる!iPad超入門」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてくださいね。