スマートフォン会議の記録係はスマホにお任せ
早くて正確、しかもラクチン!

音声をその場でテキストにしてくれる音声認識アプリはたくさんありますが、“使える”レベルものって、じつは少ないんです。

そこで編集部では、ちゃんと使えるアプリを探すべく、いくつかのアプリを実際に使って検証してみました。結果は、どれも驚く精度で 「今まで音声を聞き返していたのは何だったの!?」と思える正確さ。なかでも、もっとも使いやすく、操作もカンタンで音声もキレイに残る「Speechy」が一番オススメであることが判明しました!

[Speechy]

shoki kin:Speechy:アプリ

shoki kin
Speechy
実勢価格:無料/480円
対応:iOS

音声認識の精度はこちら。

音声認識:◎
使い勝手:◎
長時間:○

「Speechy」は、誰でも簡単に操作ができます。かなり正確に、そしてスピーディに使うことができました。

無料版でも便利に扱えますが、有料版は「無制限使用」と「広告排除」が加わります。特に長時間慎重に録音したいなら、480円の有料版がオススメです。

スマートフォン重視するポイントは使いやすさ?
それとも音声認識度?

他の2つのアプリはこちらです。精度はほぼ同じでしたが、使いやすさに差がありました。

[Lakesoft]

Lakesoft:todayee voice:アプリ

Lakesoft
todayee voice
実勢価格:120円
対応:iOS

音声認識の精度はこちら。

音声認識:◎
使い勝手:◎
長時間:○


有料のわりには、“普通に使える”程度だったのが少しザンネンでした……。

[Q-Works]

Q-Works:Voice2Clipboard:アプリ

Q-Works
Voice2Clipboard
実勢価格:無料
対応:iOS

音声認識の精度はこちら。

音声認識:◎
使い勝手:△
長時間:○


アプリは少々使いづらいですが、音声認識はしっかりしていたQ-works。無料なので気軽に試せるのもポイントです。


以上、面倒な作業を簡単にしてくれる音声認識アプリをご紹介しました。無料のアプリでも、きちんと音声を認識し、テキストデータをメールやLINEで送ったり、メモアプリに残すことができます。ICレコーダーの文字起こしにお悩みの方は、ぜひ利用してみては?