キッチン簡単でおいしい料理が作れる“ずぼらキッチン家電”はどれ?

ずぼらキッチン家電

ほんとうは料理してみたいけど、知識も腕もないとできないんじゃない……そんな風に思ってはいませんか? 実は、スキルゼロ・ノウハウゼロでも最新家電さえあれば、簡単ですごくおいしい料理が作れるんです。

そんなラクに料理ができる「ずぼらキッチン家電」を本音の家電ガイド『家電批評』が探しました!

今回は、まるでプロが淹れたような一杯を自宅で味わえる、コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」の検証レビューをお届けします。なお、検証にはカフェ・トロワバグのオーナー、三輪徳子さんにご協力いただきました。

A+プロも大絶賛した究極の一台!「BALMUDA The Brew」

BALMUDA「BALMUDA The Brew」

BALMUDA
BALMUDA The Brew
実勢価格:5万9400円

本体サイズ・重量:W140×D297×H379mm(取っ手含む)・約3.4kg

「BALMUDA The Brew」は、開発に6年もかかったバルミューダの自信作。粉を使う手軽なオープンドリップ式のコーヒーメーカーです。

そこで今回、徳用から高級まで価格帯が異なる市販の粉でテスト。抽出モードはレギュラー・ストロング・アイスを試し、味わいをチェックしました。

結論からお伝えすると、数々のコーヒーメーカーのテストを行ってきた、雑誌『家電批評』編集部員も驚くほどの味わいでした。甘みや苦味、そして酸味のバランスをモードごとにはっきりと表現できていたんです。

▼「BALMUDA The Brew」で淹れたコーヒーの香りや味わいのグラフ

BALMUDA The Brewのおいしさの検証結果
三輪徳子 氏
カフェ・トロワバグ オーナー
三輪徳子 氏 のコメント

お店で淹れる、コーヒーをほぼ完璧に抽出してます!

それでは、どうしてこんなにおいしく淹れられるか、「BALMUDA The Brew」の機能の紹介とともにその理由を説明します。

キッチン理由1:正確な湯量と温度で入れ方を再現!

BALMUDA The Brewの検証1

おいしさの秘密は、限りなくハンドドリップに近い抽出方法にあります。まずは少量のお湯で蒸らし、ドリップを開始。

BALMUDA The Brewの検証2

注目すべきは注湯方法。抽出から仕上げまで完璧な温度と湯量コントロールで、おいしさを最大限に引き出します。粉のよさを最大限に引き出す抽出法には、老舗カフェのオーナーも驚くほどのクオリティでした。

また、一般的なコーヒーメーカーはドリップの様子は見えないですが、本製品は抽出中も見ることができます。

キッチン理由2:淹れるが簡単で味が3タイプもある

BALMUDA The Brewの検証3

給水はタンクに入れるだけで楽。あとは味(レギュラー、ストロング、アイス)と分量を選びボタンを押すだけです。

キッチン理由3:2つの注湯口でクリアな味わい

BALMUDA The Brewの検証4

抽出後、サーバーに直接つながる第二抽出口から加水。これによって、雑味を出さないクリアな味の再現が可能になっています。

さらに、抽出後は本体内部にお湯が残らないよう、蒸気で飛ばす機能もあり清潔さを保つ工夫もされています。

キッチン【まとめ】値段は高めだけど迷ったら買ってよし

以上、「BALMUDA The Brew」の紹介でした。

さいごに、良かった点と残念だった点をまとめてみました。

「BALMUDA The Brew」の検証のまとめ

▼良かった点
・コーヒーメーカー史上最高レベルのおいしさ
・淹れるのが超カンタン
・抽出後、蒸気で内部のお湯を飛ばすので手入れがラク
・サイズ感もコンパクト

▼残念だった点
・価格がお高め


「BALMUDA The Brew」で淹れたコーヒーは雑味の少ないクリアな味が特徴です。注ぎ方が難しいハンドドリップの味が完全再現されていました。コーヒー好きにはおすすめですよ!

ぜひ、自宅で本格的な味を楽しんでみてくださいね。

キッチンコーヒーメーカーの売れ筋ランキングもチェック!

コーヒーメーカーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

キッチン 『家電批評』2021年11月号

 『家電批評』2021年11月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年11月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年11月号では、「ずぼらキッチン家電」の特集を掲載しています。こちらもぜひチェックしてみてください。