キッチン簡単でおいしい料理が作れる“ずぼらキッチン家電”はどれ?

ずぼらキッチン家電

ほんとうは料理してみたいけど、知識も腕もないとできないんじゃない……そんな風に思ってはいませんか? 実は、スキルゼロ・ノウハウゼロでも最新家電さえあれば、簡単ですごくおいしい料理が作れるんです。

そんなラクに料理ができる「ずぼらキッチン家電」を本音の家電ガイド『家電批評』が探しました!

今回は、2021年9月に発売されたパナソニックの気になる最新家電「ホームベーカリービストロ」の検証レビューをお届けします。

S評価生食パンの味と食感を完全再現!「ホームベーカリービストロ」

※画像はAmazonより

パナソニック
ホームベーカリービストロ
SD-MDX4
実勢価格:4万6530円


サイズ・重量:約W26.3×D35.6×H35.3cm・約6.0kg
消費電力:約430W
容量(食パン):ハーフ食パン、1斤
メニュー数:43種類
マニュアル機能:あり

パナソニックの「ビストロ」といえば、スチームオーブンレンジだと思う人も多いと思います。でも、調理家電のフラッグシップモデルにその名を冠すこともあるんです。今回テストしたパナソニック「ホームベーカリービストロ SD-MDX4」もそのひとつ。

パナソニック「ビストロ SD-MDX4」2

生地を立体的にこね、その日の室温に合わせて発酵時間を調整……という職人もビックリな機能を搭載しているほか、最近はやりの高級生食パンや低糖質パンまで作れちゃうんです。

そんな「ホームベーカリービストロ SD-MDX4」の実力はどうなのか、プロと検証しました。なお、検証には科学する料理研究家のさわけんさんとスーパーエコごはん研究家の桃世真弓さんにご協力いただきました。

キッチンポイント1:職人レベルの調理技術!

パナソニック「ビストロ SD-MDX4」検証1

生地を「たたく」「伸ばす」といった工程を3次元で行う「3D匠ねり」に加え、室温と庫内温度をセンシングし、イーストの投入タイミングや発酵時間を調整する「Wセンシング発酵」を搭載しています。材料を入れたらオートで極上のパンができあがります。

キッチンポイント2:パンミックスで本格的な味に

パナソニック「ビストロ SD-MDX4」検証2

1回分の基本材料とドライイーストがパックになった専用パンミックスも販売されているので、厳選された材料の本格的なパンを楽しめます。材料をそろえる手間が省けるのも嬉しい。

キッチンポイント3:43種類ものメニューが作れる!

パナソニック「ビストロ SD-MDX4」検証3

新モデルで加わった「リッチ パン・ド・ミ」(高級生食パン)と「低糖質パン」を含め、全43種類もの多彩なメニューが作れるので、出番がたくさんあります。

パナソニック「ホームベーカリービストロ SD-MDX4」で作った高級生食パンをプロに試食してもらったところ、豊かなバターの風味とやさしい甘さ、ふんわりした食感がかなりの高評価でした。これならもう人気店の行列に並ばなくていいかもしれません。

なお、作るのに約5時間かかりますが、ほったらかしでOKなのでラクチンなんです。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

ムラなくキレイな焼き色で見た目も◎。

キッチン【まとめ】生食パン好きも納得のデキ!

以上、パナソニック「ホームベーカリービストロ SD-MDX4」の検証レビューでした。

さいごに、良かった点と残念だった点をまとめてみました。

パナソニック「ホームベーカリービストロ SD-MDX4」はおすすめ

▼良かった点
・高級生食パンの味を自宅で楽しめる
・普段料理をしない人でも簡単に作れる
・食パンの皮に白い部分がなくキレイに焼ける

▼残念だった点
・試食したプロからはリッチ パン・ド・ミはもう少しコシがあってもいいという声も
・先代モデルとの違いはリッチ・パン・ド・ミと低糖質パンに対応したくらい


家にいながら高級店レベルのできたてパンを楽しめる本機。気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

キッチンホームベーカリーの売れ筋ランキングもチェック!

ホームベーカリーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

キッチン 『家電批評』2021年11月号

 『家電批評』2021年11月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年11月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年11月号では、「ずぼらキッチン家電」の特集を掲載しています。こちらもぜひチェックしてみてください。