自宅でおいしいパンを作ってみたい人が急増中

自宅でおいしいパンを作ってみたい人が急増中

昨今、高級食パンブームが各地で起きるほど、パンは大人気。おうち時間が増えたことで、自宅で作ってみようという人も増えています。

ただ、ホームベーカリーが気になってはいるけれど、どれがいいのかわからず購入には一歩踏み出せない人も多いのでは?

そこで、テストする女性誌「LDK」では、簡単&おいしく焼けてストレスなく使えるアイテムをパンコーディネーターさんや料理のプロと比較してみました。

今回は、初心者さん向けのホームベーカリーの選び方とおすすめを紹介します!

2万円以下のホームベーカリー5製品を徹底テスト

2万円以下のホームベーカリー5製品を徹底テスト

ホームベーカリーを使ってみたいけど、値段が高いと手が出しづらいという人も多いのでは? 実際、3~4万円クラスのホームベーカリーもあります。そこで今回は、手が出しやすい2万円以下の機種にしぼって検証することに。6000円台から1万円後半のネット通販で人気のホームベーカリー5製品をテストしました。

テスト方法は次のとおりです。

2万円以下のホームベーカリー5製品を徹底テスト

1:おいしさ

食パン1斤コースで焼きあがったパンを、プロ2人が実食。食感、味、見た目といった「おいしさ」を評価します。

1:おいしさ

2:使いやすさ

セットのしやすさ、付属レシピの見やすさ、お手入れのしやすさ、備品の便利さといった「使いやすさ」を検証。初心者でも簡単に使えるかどうかがカギです。

2:使いやすさ

3:騒音

家でのパン作りで気になるのが「こね」の工程のときの音。あまり大きすぎると使うのがおっくうになる人も。騒音値計で測定して、どの程度の音がするか調べます。

それでは、「食感」「味」「見た目」 「セットのしやすさ 」「備品の便利さ」「レシピの見やすさ」「お手入れのしやすさ」「騒音」の8項目のチェック結果とともに、おすすめのホームベーカリーを総合評価の高い順にご紹介します!

味も操作性も抜群 パナソニック「SD-SB1-W」

パナソニック
SD-SB1-W
実勢価格:1万7800円

焼き時間(食パンコース): 4時間
容量:1斤
コース数:20コース
イースト自動投入:あり
タイマー機能:あり

▼テスト結果
食感       :◎+
味        :◎
見た目      :◎+
セットのしやすさ :◎
備品の便利さ   :◯
レシピの見やすさ :◎
お手入れのしやすさ:◯
騒音       :◎(40.0dB)

パナソニック「SD-SB1-W」
は、見た目もおいしさも「パン屋さんっぽい」と5製品中トップの「A+評価」。操作もしやすく、他機種と比べてこねの音も一番静かでした。

おいしさ:まるでお店のような仕上がりに

おいしさ:まるでお店のような仕上がりに

外の耳はサクサク、中の生地はふわふわで、一番パン屋さんみたいにおいしく焼けました。

使いやすさ:ボタンがパッと見て分かりやすい

使いやすさ:ボタンがパッと見て分かりやすい

ボタン付近がシンプルで見やすいうえ、上蓋を開けるとメニュー内容が書いてあります。メニューボタンが上下で選択できるのも使いやすいポイントです。

備品:楽に計れる計量スプーン付き

備品:楽に計れる計量スプーン付き

備品は計量スプーン1点のみ。しお、ドライイーストなど使用するものの名前が書いてあります。付属のレシピで使用する分量が目盛りで分かるので計りやすいですよ。

騒音:最も静かで快適

40.0dBと、5機種の中で一番静かでした。こねの音が聞こえてきても気にならないレベルです。

蓋に窓がないと熱を逃さず上手に焼ける

蓋に窓がないと熱を逃さず上手に焼ける

蓋に中の様子を確認できる窓があると、初心者には安心ですよね。でも、窓があるとその隙間から熱が逃げてしまい、パンの焼き上がりに差が出てしまうんです。

蓋に窓がないと熱を逃さず上手に焼ける

5機種の中で窓がないのはパナソニックだけ。だからこそ№1のおいしさだったのかもしれません。

惜しいポイント:イースト投入口の裏側が拭きにくい

惜しいポイント:イースト投入口の裏側が拭きにくい

優秀なパナソニックにも、こんな残念ポイントが。イースト自動投入口の裏側を見ると、金具の隙間にイーストの細かい粉が付いているのが分かります。お手入れがちょっと面倒かもしれません。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

機種によって細かい構造の違いがあります。

惜しいポイント:イースト投入口の裏側が拭きにくい

とにもかくにも、パナソニック「SD-SB1-W」では焼き色のムラもないキレイなパンが焼けました! 焼き色にもムラなく、お店みたいな食パンができちゃいます。

レシピがわかりやすい!シロカ「おうちベーカリー SB-1D151」

レシピがわかりやすい!シロカ「おうちベーカリー SB-1D151」

シロカ
おうちベーカリー SB-1D151
実勢価格:1万980円

焼き時間(食パンコース): 3時間53分
容量:1斤
コース数:20コース
イースト自動投入:なし
タイマー機能:あり

▼テスト結果
食感       :◎
味        :◎
見た目      :○
セットのしやすさ :△
備品の便利さ   :◎
レシピの見やすさ :◎+
お手入れのしやすさ:◯
騒音       :○(50.1dB)

シロカ「おうちベーカリー SB-1D151」
は備品が4点も揃っているほか、レシピも分かりやすいので初心者におすすめです。価格が1万円程度なのもいいですね。味もよく、A評価となりました。

おいしさ:バランスのとれた味と食感

おいしさ:バランスのとれた味と食感

耳も中の生地もかたすぎず、ちょうどいいバランスの食感です。イースト臭も強すぎず、バターの風味を感じるので味も文句なし。

使いやすさ:パンケースの出し入れが大変

使いやすさ:パンケースの出し入れが大変

パンケースのセットがかたく、出し入れに力が必要で他機種よりやりづらいのが残念……。最初の段階で手こずってしまいます。メニューボタンが上下選択可能なのはうれしいポイントです。

備品:あらかじめ4点の備品付きで便利です

備品:あらかじめ4点の備品付きで便利です

パン作りに欠かせない計量カップ、計量スプーン、羽根取り棒のほか、ヨーグルト専用器も付いています。ヨーグルトを作りたいときは、この専用容器を使えばバッチリ!

騒音:少しうるさいかも……

測定結果は50.1dB。人によっては耳障りに感じるほど、こねの音が少しうるさく聞こえます。

2斤まで作れる!アイリスオーヤマ「IBM-020-B」

2斤まで作れる!アイリスオーヤマ「IBM-020-B」

アイリスオーヤマ
IBM-020-B
実勢価格:1万978円

焼き時間(食パンコース): 4時間2分
容量:1斤、2斤
コース数:19コース
イースト自動投入:なし
タイマー機能:あり

▼テスト結果
食感       :○
味        :○
見た目      :○
セットのしやすさ :○
備品の便利さ   :◯
レシピの見やすさ :○
お手入れのしやすさ:◎
騒音       :○(50.5dB)


「B評価」のアイリスオーヤマ「IBM-020-B」は、5機種の中では唯一、2斤までの食パンが作れます。味は若干薄めですが、たくさん食べたい人や大家族にぴったりです。

おいしさ:生地の食感は楽しめる

おいしさ:生地の食感は楽しめる

甘さを強く感じるものの、小麦の旨味や塩味が薄いので味は◎に届かず。焼き上がると少し酸っぱい匂いがします。耳はしっかりしたかたさで、中の生地はふんわりとした食感が楽しめます。

使いやすさ:分かりやすい表示が親切

使いやすさ:分かりやすい表示が親切

パンケースを本体にセットする際の、正しい向きがマークで表示されています。細かな配慮が初心者にはうれしいですね!

備品:汎用性のあるミトン付き

備品:汎用性のあるミトン付き

備品はミトンのみ。熱いパンケースを取り出すときに必ず使います。わざわざ買わなくて済むうえに、他の料理にも使えるから重宝しますね。

騒音:少しうるさいレベルです

50.5dBと、こねの音はシロカと同じく少し気になる程度。使用する場所や時間に配慮しましょう。

音が気になる ツインバード「ブランパンメーカー」

音が気になる ツインバード「ブランパンメーカー」

ツインバード
take bran!ブランパンメーカー BM-EF36W
実勢価格:1万6280円

焼き時間(食パンコース): 4時間30分
容量:1斤、1.5斤
コース数:18コース
イースト自動投入:なし
タイマー機能:あり

▼テスト結果
食感       :○
味        :○
見た目      :○
セットのしやすさ :○
備品の便利さ   :◎
レシピの見やすさ :○
お手入れのしやすさ:○
騒音       :△(57.4dB)

ツインバード「take bran!ブランパンメーカー BM-EF36W」
も「B評価」。ブランパン用のメーカーですが、もっちり系の食パンも作れます。使いやすさは問題ないものの、稼働音が大きいので要注意です。

おいしさ:みずみずしくてもっちり

おいしさ:みずみずしくてもっちり

全体的に均一な味で角型食パンに近い印象です。程よい水分量で、ふんわりというよりもっちりとした弾力を感じます。発酵しすぎのためか、雑味が少し残るのは残念……。

使いやすさ:ボタンが分かりやすい

使いやすさ:ボタンが分かりやすい

ボタンにアイコンが描かれているので見やすく、どこを押せばよいか簡単に分かります。メニューボタンが1つなので、行き過ぎたときに戻れないのが惜しいところ。でも、パンケースは軽々とセットできます。

備品:計量カップが使いやすい!

備品:計量カップが使いやすい!

計量カップ、計量スプーン、羽根取り棒の3点が付いています。計量カップはサイズが大きいうえ、目盛りが黒で見やすく書いてあるのがうれしい! 分量が計りやすいと作るのもラクですよね。

騒音:目が覚めるような騒音です

測定結果は57.4dB。5機種の中で1番音が大きく、騒音は△でした。朝起きる頃にタイマーをセットしておくと、音で起こされてしまうかも。

C評価: 低価格だけど使いづらい Hi-ROSE「HR-B120P」

C評価: 低価格だけど使いづらい Hi-ROSE「HR-B120P」

Hi-ROSE
HR-B120P
実勢価格:6600円

焼き時間(食パンコース): 2時間40分
容量:1斤
コース数:14コース
イースト自動投入:なし
タイマー機能:あり

▼テスト結果
食感       :○
味        :○
見た目      :△
セットのしやすさ :×
備品の便利さ   :◯
レシピの見やすさ :×
お手入れのしやすさ:○
騒音       :◎(46.1dB)

Hi-ROSE(ハイローズ)「HR-B120P」
は、設定ボタンやレシピがわかりづらく、今回は「C評価」でした。初心者は使い方に注意が必要です。しっかり焼き上がるので、かための耳が好きな人向けです。

おいしさ:食感に差が出てしまう

おいしさ:食感に差が出てしまう

上はもちもちで下はかため、と部分的に食感に差が出ました。他機種より焼き色が濃いのは、熱が入りすぎているせいかも。バリっというかための食感が好きな人にはおすすめです。

使いやすさ:ボタンが操作しづらい

使いやすさ:ボタンが操作しづらい

「開始」と「取消」がなんと同じボタン。3秒以上長押しすると取り消せます。慣れないと、メニュー設定を取り消したいのにスタートしてしまった、なんてことになってしまいそう……。

備品:計量カップが小さめ

備品:計量カップが小さめ

付属品は計量カップ、計量スプーン、羽根取り棒という基本の3点セット。計量カップが小さめなので、1回で計りきれないこともあります。

騒音:結構静かで気にならない

測定結果は46.1dB。5機種の中では2番目に静かです。うるさいとは感じないので、音はあまり気にならないかも。

以上、2万円以下のホームベーカリー5製品を紹介しました。

実際にパンを作ってみると、使いやすさや完成品の味の違いが分かって、興味深いですね。この結果を参考に理想の1台を購入して、おいしいパンを自宅で作って味わってくださいね!