感動の“ラク家事家電”で毎日のヘトヘトから脱却!

家事を楽にする家電たち

掃除、洗濯、食事作り……。仕事から夜遅くに帰宅した時でも、子育てに追われている時でも、逃れられないのが家事です。「面倒くさい」が当たり前になり、いつの間にかぐったり疲れていることも。

そんなヘトヘトの毎日から、脱却したいと思いませんか? そこで今回は、ちょこっとの投資で暮らしがよくなる最新のプチ家電の中から「瞬間湯沸かし器」を紹介します。

家電いつでもデスクで給湯! サンコー「ホットウォーターサーバー mini2」

王冠アイコン

サンコー
ホットウォーターサーバー mini2
実勢価格:7980円


サイズ:W80×D108×H199mm
重量:690g
定格消費電力:1300W
温度設定:4段階

サンコー「ホットウォーターサーバー mini2」は、「瞬間湯沸かしケトル」の第2世代モデル。ペットボトルを本体にセットするだけでお湯が沸くスグレモノで、デスクワークとの相性がとにかく抜群なんです。

コーヒーやお茶を飲みたいけれど、離席が難しかったり、単純にリビングまで行くのが面倒だったりしても、デスクで手軽に給湯できます。まさにテレワークの最強の相棒です!

第1世代より賢く便利になりました

500mlはもちろん、2Lペットボトルも使用可能なサンコー「ホットウォーターサーバー mini2」。1本用意すればコーヒーもカップラーメンも作れます。

ここがスゴい:温度設定が4段階で快適に

前モデルではダイヤル式だった操作部がタッチパネルに。温度設定も45/60/85/100℃の4段階になり、コーヒーや紅茶など、飲み物の種類によって温度を変えられます。

ここがスゴい:即出しは2秒、1杯分は49秒

「2秒」をうたっていますが、それはお湯が出るまで。実際はカップ1杯(200ml)で49秒です。それでも台所のケトルなどでお湯を沸かすことを考えると、ソッコーであたたかい飲み物が飲めます。

ここがスゴい:電気代が安くすむ

定格消費電力は1300W。右のようにカップ1杯のお湯を出す際には約0.5円。公式HPでは1か月約35円(1日2分の使用)と記載されています。便利なのに電気代も安くすむなんて、ズボラ派にはたまりません。

以上、最新のプチ家電「瞬間湯沸かし器」でした。これでもうお茶をくみにワークスペースからキッチンを往復することは不要です!

テレワークのおともにおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね。

▼使いやすいケトルを選ぶなら?

『家電批評』2021年4月号

『家電批評』2021年4月号の表紙

晋遊舎
『家電批評』2021年4月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年4月号では「ラク家事カデン大研究」を大特集。ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!