ホーム音だけじゃない?目覚まし時計の起こし方

音だけじゃない?目覚まし時計の起こし方
(出典) pexels.com

目覚まし時計というと、「起きる時間を音で知らせてくれるもの」というイメージがありませんか?実は音以外に、光や振動で起こしてくれるタイプの目覚まし時計もあります。起こし方別に特徴を見ていきましょう。

アラーム音や曲で起こす「音タイプ」

アラーム音や曲で起こす「音タイプ」

オーソドックスな『音で起こす目覚まし時計』は、アラームや曲で起きる時間を知らせてくれます。なかなか起きられない人には、音が大きい目覚まし時計がおすすめです。

音量の目安になるのは、販売サイトやメーカー公式サイトの表示・取扱説明書の仕様表などです。大量の製品を扱う時計メーカーの場合、目的別に選べるように『大音量』で検索できることがあります。

アラーム音や曲で起こす「音タイプ」
アラーム音や曲で起こす「音タイプ」

メーカー公式の製品ページがあれば、取扱説明書をダウンロードできます。最大音量が書かれている商品は多いので、選ぶときにチェックしてみましょう。

自然な明かりで起こす「光タイプ」

光タイプは、起床時間になると本体が光を出して起こしてくれる目覚まし時計です。自然な目覚めに近く、太陽の光を浴びるのと同じようにスッキリと起きられるでしょう。

大きい音で起こされるのは苦手な人は、光で起こすタイプを試してみるのがおすすめです。ただ、中には光だけでは起きられないという人もいます。眠りが深く光で起きられる自信がないなら、音と光を併用できる目覚まし時計をチェックしましょう。

他の人を起こさない「振動タイプ」

本体が震えて起こしてくれるのが、振動タイプの目覚まし時計です。振動は本人にしか伝わらないので、まわりの人を起こす心配がありません。子どもやパートナーと一緒に寝ていて、「大きな音や強い光は困る…」という人におすすめです。

枕の下にセットして使う薄型タイプのほか、携行できるリストバンドタイプもあります。家で使うなら薄型タイプ、出先・旅先にも持っていきたいならリストバンドタイプが便利です。

どちらのタイプも振動のリズム・大きさを変えられるものが多いので、状況に合わせて選びましょう。ただし、朝が苦手な人には、振動だけでは不安が残るかもしれません。そんな人には振動・音の併用タイプもあります。

ホーム目覚まし時計を選ぶときのポイント

目覚まし時計を選ぶときのポイント
(出典) pexels.com

目覚まし時計は『起こしてくれること』が絶対条件です。とはいえ使うシチュエーションや使い道に合わせて選ばないと、後悔するかもしれません。目覚まし時計を選ぶとき、チェックしておきたいポイントを紹介します。

使う場所や人

1人で寝ている・まわりの家に配慮する必要がないという人は、大音量の目覚まし時計を使えます。寝起きが悪くても『寝ていられない状況』を作ってくれるため、嫌でも目が覚めるでしょう。

家族やパートナーと寝ていたり、隣近所との距離が近かったりすると、大音量のタイプは迷惑になります。音がしない振動タイプ・光タイプなど、ほかの人を起こさないものを選ぶのがおすすめです。

子ども用の目覚まし時計を探している場合は、文字盤の見やすさだけではなく、子どもの興味を引くデザインも選ぶポイントです。時計の読み方をマスターできる知育用目覚まし時計や、かわいい目覚まし時計を探してみましょう。

使い方に合った機能

目覚まし時計を選ぶときは、起こし方やデザインだけでなく機能もチェックしておきましょう。主な機能は次の通りです。

・バックライト
・スヌーズ機能
・温度計
・スマホ連携

バックライトが付いていれば、夜でも時間の確認が簡単です。夜勤のある人・夜中に目覚めやすい人には便利でしょう。スヌーズ機能は、一定間隔で繰り返し音を鳴らす機能です。時計を止めても音が鳴り続けるため、二度寝の防止に役立ちます。

温度計機能付きなら、時間だけでなく部屋の温度も目覚まし時計を見れば分かります。冷暖房の効きを調整して、部屋を快適な状態にキープできるでしょう。

スマホ連携もあると便利な機能です。離れた場所から設定時間を変えたり、カレンダーと連携したりといった機能があると、目覚まし時計の使い方にバリエーションが増えます。

ホーム大音量で起こしてくれる目覚まし時計4選

大音量で起こしてくれる目覚まし時計4選
(出典) pexels.com

大音量の目覚まし時計は、絶対に起きなければならないときの心強い味方です。しっかり起こしてくれる大音量タイプの目覚まし時計には、どのようなアイテムがあるのでしょうか?一部のアイテムは実際に試したものもあるので、併せて参考にしてください。

セイコー「ウルトラライデン PYXIS NR441E」

セイコー「ウルトラライデン PYXIS NR441E」

セイコータイムクリエーション
ULTRA RAIDEN ウルトラ ライデン
PYXIS NR441E
実勢価格:5882円

サイズ:128×226×131mm
重量:860g
電源:単3乾電池×4
計測値:電子音(小・81.8dB、大・88.6dB)、ベル音(小・96.5dB、大・102.1dB)、ウルトラモード(101.2dB)

▼評価

  • 音量    :60/60点
  • 音の種類  :10/15点
  • スヌーズ機能:11/15点
  • その他機能 :2/10点
  • 合計    :83/100点

目覚まし音の大きさに定評がある『ライデンシリーズ』の最上位モデルです。圧倒的な大音量は『ウルトラライデン』の名にふさわしいでしょう。

目覚まし音はベル・電子音・ベル+電子音(ウルトラモード)から選択できます。セット時間になると、『電子音・小』→『電子音・特大』→『ベル・小』→『ウルトラモード』→『ベル・特大』の順で音量が大きくなる仕様です(実測)。

音量は『ベル・特大』で102.1dBを記録しました。中距離・遠距離でも圧倒的な音量で、他の商品を圧倒しました。

リズム「バトルMAX X」

リズム「バトルMAX X」

リズム時計工業
バトルMAX X
実勢価格:4900円

サイズ:128×276×113mm
重量:880g
電源:単2乾電池×2
計測値:ベル音(小・88.5dB、中・94.5dB、大・98.6dB ※無段階のツマミで調節するため『中』の位置は目視)

▼評価

  • 音量    :47/60点
  • 音の種類  :7/15点
  • スヌーズ機能:10/15点
  • その他機能 :2/10点
  • 合計    :66/100点

近距離で聞く目覚まし音は、目が覚めること間違いなしの大音量です。中・長距離で音が控えめになってしまう・機能がシンプルすぎるのは難点ですが、大きすぎる音や複雑な機能はいらないという人もいるでしょう。

目覚まし時計をシンプルに使いたい人には、魅力のあるアイテムです。アラームの音量は、ツマミで無段階調節ができます。近所迷惑にならないギリギリを攻めたい人も、試してみる価値があるかもしれません。

リズム「フィットウェーブバトル220」

リズム「フィットウェーブバトル220」

リズム時計工業
フィットウェーブ バトル220
実勢価格:4390円

サイズ:72×183×64mm
重量:279g
電源:単3乾電池×2
計測値:電子音(ジャズ大・93.7dB、レベルアップ大92.6dB、ドリフト大・90.1dB、縁日 大・89.7dBなど)
※カッコ内の表記『ジャズ』『ドリフト』などはメーカーによるサウンド名です。搭載サウンド数が多いため、音量が大きかったもののみ掲載しています。

▼評価

  • 音量    :20/60点
  • 音の種類  :15/15点
  • スヌーズ機能:8/15点
  • その他機能 :6/10点
  • 合計    :49/100点

ホーン形状(トランペットの開口部のような形)にデザインされていて、音が拡散しにくいのが特徴です。音がストレートに届くため、実際の音量以上に大きな音を感じます。

時間の表示方式はデジタル式で、温度・カレンダーも同時に表示されます。残照機能ライトや電波サーチ機能・電波OFF機能なども付いているため、活躍シーンは幅広いでしょう。

特に大きな魅力は、20種類ものメロディ・効果音から好みのアラームを設定できる仕様です。毎日同じ音だと慣れてしまう、飽きてしまう人におすすめです。全ての音を計測してみたところ、最大音量を記録したのは『ジャズ』でした。

カシオ「置き時計 TQ-645S-8JF」

カシオ「置き時計 TQ-645S-8JF」

カシオ
置き時計 TQ-645S-8JF
実勢価格:2060円

サイズ:134×152×131mm
重量:460g
電源:単3乾電池×1
※画像はAmazonより

指定した時間に大音量のベルが鳴り響き、起こしてくれる目覚まし時計です。アラームをセットするときは、ダイヤルを回して調整します。ダイヤルの位置は時計の『3時』のそばにあるため、迷う心配がありません。

機能は二度寝を防ぐ『スヌーズ機能』と、夜間でも文字を見やすい『バックライト機能』のみとシンプルです。目覚まし時計の機能があればOKという人なら満足できるでしょう。

ホーム光で自然に起きられる目覚まし時計3選

光で自然に起きられる目覚まし時計3選
Bright Up Clock II

大きな音が苦手だったり近所迷惑が気になったりする人は、光で起こしてくれる目覚まし時計をチェックしてみましょう。音がなくても自然に目が覚める、光タイプの目覚まし時計を紹介します。

エレス「Bright Up Clock II」

エレス「Bright Up Clock II」

エレス
Bright Up Clock II
実勢価格:2万円

サイズ:110×535×135 mm
重量:1520g
電源:ACアダプター
※画像は楽天より

『快適な目覚め』を目指して作られた目覚まし時計です。光源となる蛍光管には、太陽光に近い特殊なものが使われています。

光のちらつきが少なく、紫外線の影響もありません。目への負担も軽減されているので、夜は照明として使用することも可能です。

目覚まし時計をセットすると、アラーム時刻90分前に蛍光灯が短時間の点滅を始めます。これによって徐々に眠りが浅くなり、音と光で心地よく目覚められる仕組みです。

UENO-mono「ASASUN(朝サン)UM-0002」

UENO-mono「ASASUN(朝サン)UM-0002」

UENO-mono
ASASUN(朝サン)UM-0002
実勢価格:4980円

サイズ:90×90×170mm
重量:390g
電源:ACアダプター・USB
※画像はAmazonより

アラーム時刻の20分前から発光し、20段階で輝度が変わっていきます。時間になると光が最高輝度になって、16分間発光し続ける仕組みです。二度寝が起こりにくく、心地よく目覚められます。

光だけでなく音も鳴らせるのが魅力です。絶対に起きなければならない日は、光と音をWでセットしておくと寝坊の心配が減ります。アラーム音は5種類で、気分に合わせて選べます。

本体上部をタッチすればブックライトや夜間照明として使えるほか、グラデーション発光も可能です。部屋のインテリアとして・多目的ライトとしても活躍するでしょう。

フィリップス「SmartSleep ウェイクアップ ライト」

フィリップス「SmartSleep ウェイクアップ ライト」

フィリップス
SmartSleep ウェイクアップ ライト
実勢価格:1万3600円

サイズ:192×199×146mm
重量:730g
電源:ACアダプター
※画像は楽天より

朝日の光をイメージして作られた目覚まし時計です。スヌーズ機能や2種類まで設定できるアラーム機能も付いていて、快適な目覚めをサポートしてくれます。

アラームをセットすると、予定時刻までに徐々に明るく発光する仕様です。明るさは300ルクスまでを20段階に調節できるため、好みや体調に合わせて明るさを選べます。

光だけでは不安な場合は、アラーム音の併用も可能です。5種類のヒーリング音源のか、搭載されたFMラジオを目覚まし音にしてもよいでしょう。

本体はスリープライトとしても便利です。眠るときはだんだんと暗くなっていくので、心地よい眠りに導いてくれます。

ホーム振動で静かに起きられる目覚まし時計3選

振動で静かに起きられる目覚まし時計3選
(出典) pexels.com

近所やそばに眠る人により配慮したいなら、パーソナルに使える振動タイプの目覚まし時計がおすすめです。静かに起きたい人にぴったりな、振動で起こす目覚まし時計を紹介します。

アデッソ「ブルブル・クラッシュ 振動アラームクロック」

アデッソ「ブルブル・クラッシュ 振動アラームクロック」

ADESSO(アデッソ)
ブルブル・クラッシュ 振動アラームクロック
実勢価格:2002円

サイズ:90×32mm
重量:112g
電源:単3乾電池×2
※画像はAmazonより

セットした時間になると、強力な振動で起こす目覚まし時計です。枕の下に入れて眠れば、頭を揺さぶられるような感覚ですぐに目が覚めます。本体の厚みは32mmと薄型のため、頭の下に入れてもあまり違和感はないでしょう。

「振動だけでは起きる自信がない…」という人は、アラーム音との併用も可能です。液晶部分は立てても使え、ベッドサイド用の時計としても活躍します。バックライト機能付きで、夜間に時間を確認したいときに重宝するでしょう。

アデッソ「振動式目覚まし電波時計 MG-97」

アデッソ「振動式目覚まし電波時計 MG-97」

ADESSO(アデッソ)
振動式目覚まし電波時計 MG-97
実勢価格:4414円

サイズ:65×160×42mm(シェイカー:径90×高さ25mm)
重量:168g
電源:単4乾電池×3・ACアダプター
※画像はAmazonより

『シェイカー』と呼ばれる振動器を枕の下に入れて使います。シェイカーは目覚まし時計とコードでつながっていて、アラーム時刻になると振動する仕組みです。

コード長は2mあるため、目覚まし時計から離れた場所でも使えるでしょう。アラーム時刻は2種類セットできるため、二度寝を防ぎたい人も安心です。

目覚まし時計本体からは、アラーム音を鳴らせます。アラーム音は最大100dbの大音量で、絶対に寝過ごせない日の保険になります。スヌーズ機能をオンにすれば、時計を止めて寝てしまう心配もありません。

リズム「フィットウェーブD211」

リズム「フィットウェーブD211」

リズム時計工業
フィットウェーブD211
実勢価格:4414円

サイズ:106×70×14mm
重量:94g
電源:単4乾電池×2
※画像はAmazonより

電子音アラームと振動アラームに切り替え可能な目覚まし時計です。自動オートストップ機能付きで、2分間で音・振動は止まります。すんなり起きる自信がない人は、スヌーズ機能をオンにしておくと安心です。

本体の時計は電波式で、標準電波を受信します。時刻は常に正確で、遅れや進みが出にくいのはうれしいポイントといえるでしょう。

またカレンダーや温度・湿度も表示できるため、普通の時計としても重宝します。背面には出し入れ可能な足が付いており、コンパクトに携行したり、立てて机に設置したりとシチュエーションに合わせて使えます。

ホーム子供部屋におすすめの目覚まし時計3選

子供部屋におすすめの目覚まし時計3選
(出典) pexels.com

目覚まし時計を使うのが子どもなら、知育用としても使える目覚まし時計や、かわいいデザインの目覚まし時計がおすすめです。子どもが楽しく使える、おすすめの目覚まし時計を紹介します。

くもん出版「スタディめざまし」

くもん出版「スタディめざまし」

くもん出版
スタディめざまし
実勢価格:2345円

サイズ:118×120×91mm
重量:270g
電源:単3乾電池×1
※画像はAmazonより

幼児・子どもの学習塾を展開する、『公文』の知育時計です。まだ時計を上手に読めない子どもも、針と同じ色の数字を読むだけで正しい時計の見方を覚えられます。

目覚まし時計として使うときは、裏側の目覚ましスイッチをオンにしましょう。設定した時間になると電子音が鳴って、時間を知らせてくれます。スヌーズ機能も付いているため、朝が苦手な子にもおすすめです。

赤・青・黄のカラーはポップで楽しく、子どもの『ファースト目覚まし時計』にはぴったりでしょう。

セイコー「知育目覚まし KR887P」

セイコー「知育目覚まし KR887P」

セイコータイムクリエーション
知育目覚まし KR887P
実勢価格:3464円

サイズ:134×130×87mm
重量:330g
電源:単2乾電池×1
※画像はAmazonより

時計の読み方を学べる工夫が、たくさん詰まった目覚まし時計です。

時計の長針・短針には、文字盤の数字と同じ色が使われています。外側には1から60までの目盛りが付いており、今が何分なのかもすぐに分かるデザインです。

12時間それぞれに違う色が割り当てられているため、子どももすぐに時間を読めるようになるでしょう。

目覚まし時計として使う場合は、背面のつまみで時間をセットすればOKです。アラーム音はベル・電子音から選べるほか、5分後に再び音が鳴るスヌーズ機能も付いています。

音量調節機能やライト機能もあって、子ども用ながら本格仕様の目覚まし時計といえるでしょう。

リズム「起きてイルカ?SR」

リズム「起きてイルカ?SR」

リズム時計工業
起きてイルカ?SR
実勢価格:2728円

サイズ:115×185×103mm
重量:270g
電源:単3乾電池×2
※画像はAmazonより

かわいいイルカの見た目をした目覚まし時計です。目覚まし機能をオンにすれば、波音やイルカの声で起こしてくれます。子どもの興味を引きやすく、効果の高い目覚ましとなりそうです。

イルカの素材はプラスチックで、落としても割れる心配はありません。イルカの背びれが目覚まし時計のオン・オフの切り替えスイッチになっているのも、子どもが喜びそうなポイントです。

ホーム機能が豊富な目覚まし時計4選

機能が豊富な目覚まし時計4選
(出典) pexels.com

置き時計・ベッドサイド用の時計としても活用したいなら、目覚まし以外の機能にも注目しましょう。充実した機能で使い勝手のよい目覚まし時計を4点紹介します。

セイコー「スーパーライデン PYXIS NR523K」

セイコー「スーパーライデン PYXIS NR523K」

セイコータイムクリエーション
スーパーライデン
PYXIS NR523K
実勢価格:5500円

サイズ:98×222×125mm
重量:760g
電源:単3乾電池×4

▼評価

  • 音量    :49/60点
  • 音の種類  :7/15点
  • スヌーズ機能:13/15点
  • その他機能 :6/10点
  • 合計    :75/100点

セイコーの『ライデンシリーズ』の一つで、デジタル式の文字表示と大音量ベルアラームが特徴です。文字が読みやすくカレンダーや温度も表示されるため、ベッドサイド用の時計としても重宝します。時計は電波式で表示される時間は常に正確です。

アラームは5分間でオートストップする仕様ですが、スヌーズ機能には時間制限がありません。止めるまで延々とベルが鳴り続けるため、二度寝・三度寝を防ぎたい人におすすめです。

セイコー「自動点灯 SQ772G」

セイコー「自動点灯 SQ772G」

セイコータイムクリエーション
自動点灯 SQ772G
実勢価格:2470円

サイズ:78×71×80mm(フタを開けた状態)・80×71×17mm(フタを閉めた状態)
重量:95g
電源:単4乾電池×2
※画像はAmazonより

きれいな液晶で、文字が見やすいデジタル目覚まし時計です。LEDバックライト自動点灯機能付きで、部屋が暗くなると自動でライトがオンに・フタを閉めるとオフになります。

カレンダーや温度表示も付いているため、日付や温度を知りたいときも重宝するでしょう。

アラーム機能を使うと、セットした時間に電子音が鳴ります。音は5分たつと自動ストップしますが、スヌーズ機能付きです。アラームを止めても、約5分後に再び電子音が鳴ります。

本体の時計は電波式で、時間を調整する必要がありません。軽量かつコンパクトなため、屋外にも気楽に携行できます。

トゥエンコ「置き時計 BQ-38」

トゥエンコ「置き時計 BQ-38」

トゥエンコ
置き時計 BQ-38
実勢価格:1万8440円

サイズ:430×110×75mm
重量:310g
電源:単2乾電池×1
※画像はAmazonより

壁掛け時計・置き時計として使える2WAYデザインです。ドイツの世界的デジタルクロックメーカー・TWEMCO(トゥエンコ)社製で、作りのたしかさには定評があります。

カレンダーとアナログ時計を並べた見やすいデザインで、日付・時刻の確認が簡単です。レトロかつスタイリッシュなデザインは、目覚まし時計の見栄えにこだわりたい人も満足できるでしょう。

カラーバリエーションは、ホワイト・ブラック・グレー・オレンジの4種類です。インテリアや好みに合うものを選びましょう。

ムーンムーン「トトノエライト TTNL-01」

ムーンムーン「トトノエライト TTNL-01」

moonmoon(ムーンムーン)
トトノエライト TTNL-01
実勢価格:2万9120円

サイズ:29.4×100.4×100.4mm
重量:165g
電源:ACアダプター
※画像は楽天より

強い光を放って目覚めを促す目覚まし時計です。

朝は太陽光に近く、最大2万ルクスと明るい白色LED光でスッキリと目覚められます。夜は夕焼けのような赤いLED光に切り替えて、だんだんと体が眠りに近づいていくようにできます。心地よい目覚め・快適な眠りをサポートでき、睡眠の質が上がるでしょう。

また、音声アラーム付きの目覚まし時計として使えるほか、机や部屋を照らすデスクライト・ベッドサイドライトとして使えるのも魅力です。

Bluetoothや無線LAN連携で、スマホと目覚まし時計をリンクできます。必要なときはスマホからでも時刻設定ができて便利です。

ホーム部屋を演出! おしゃれな目覚まし時計4選

部屋を演出! おしゃれな目覚まし時計4選
(出典) pexels.com

インテリアにこだわりのある人は、目覚まし時計のデザインも気になるのではないでしょうか?目覚まし時計のデザインを重視したい人向けの、おしゃれな目覚まし時計を紹介します。

カシオ「置き時計 TQ-720J-1BJF」

カシオ「置き時計 TQ-720J-1BJF」

カシオ
置き時計 TQ-720J-1BJF
実勢価格:2160円

サイズ:149×113×77mm
重量:385g
電源:単3乾電池×2

▼評価

  • 音量    :22/60点
  • 音の種類  :5/15点
  • スヌーズ機能:15/15点
  • その他機能 :6/10点
  • 合計    :48/100点

ノスタルジーを感じさせる、昔ながらの目覚まし時計です。シンプルなデザインながら、電波時計機能やオートストップ&再アラームの機能を搭載しています。機能に不足はなく、目覚まし時計としては十分でしょう。

ほかの製品のような押し出しの強さはありませんが、レトロでキュートなルックスなので、おしゃれな部屋でも使いやすそうです。

レムノス「rest アラーム ナチュラル LA13-12 NT」

レムノス「rest アラーム ナチュラル LA13-12 NT」

レムノス
rest アラーム ナチュラル
LA13-12 NT
実勢価格:4108円

サイズ:91×89×45mm
重量:145g
電源:単3乾電池×1
※画像はAmazonより

丸い形ときれいな木目が特徴の目覚まし時計です。手に持つと木の凸凹があり、ほっこり感を味わえます。ナチュラル系のインテリアとは特に相性がよいでしょう。

カラーはクリーンな印象のナチュラルと、落ち着いたブラウンの2色です。手のひらに収まるコンパクトなサイズ感で、デスクのインテリアにも向いています。

文字盤はアナログ式の上、付属機能は電子音アラームのみです。操作に迷うことがなく、シンプルに使えます。

セイコー「ツインベル目覚まし時計 KR508M」

セイコー「ツインベル目覚まし時計 KR508M」

セイコータイムクリエーション
ツインベル目覚まし時計
KR508M
実勢価格:2379円

サイズ:178×142×84 mm
重量:370g
電源:単2乾電池×1
※画像はAmazonより

大きなベルが付いた、アンティーク風の目覚まし時計です。アラームを知らせるときは実際にベルをたたいて音を発するため、デジタル音に慣れた人には新鮮に感じられるでしょう。目覚まし時計としては珍しいレトロカラーは、存在感も抜群です。

デザインはレトロでシンプルですが、バックライト機能や二度寝防止に役立つスヌーズ機能も付いています。秒針の進行もスムーズで、時計のカチカチ音が気になる人も使いやすいアイテムです。

DEMI LOUS「スピーカー付き デジタル置時計」

DEMI LOUS「スピーカー付き デジタル置時計」

DEMI LOUS
スピーカー付き デジタル置時計
実勢価格:6380円

サイズ:150×94×71 mm
重量:469g
電源:USB
※画像はAmazonより

木目調の本体に、温度と現在時刻がデジタル表示され置き時計です。余計な装飾が一切ないため、どんなテイストのインテリアとも相性はよいでしょう。目覚まし時計として使う場合は、三つまでアラームの設定が可能です。

本体はBluetoothスピーカーを搭載しています。スマホやタブレットとペアリングさせて音楽を聴いたり、スマホのスピーカー代わりに使ったりできます。シンプルながらも幅広く使いたい人におすすめです。

Qiに対応したスマホやワイヤレスイヤホンを充電できるのも、このアイテムの魅力です。時計上部に置くだけで自動で充電されます。

ホームまとめ

朝が苦手な人にとって、目覚まし時計は必須アイテムです。一つはベッドサイドに置いておきたいところですが、起こし方にはさまざまなバリエーションがあります。近年は音だけでなく、光や振動で起こしてくれる目覚まし時計も人気です。

必要な機能が付いているかどうかもチェックして、使い道や使う環境に合ったものを選びましょう。紹介したアイテムも選ぶ参考にすると、長く使える目覚まし時計に出会えるはずです。