女性におすすめ! 美容にもいいプロテインは?

女性におすすめ! 美容にもいいプロテインは? 女性向けプロテインおすすめ イメージ

プロテイン、生活の中に取り入れていますか? 体に良さそうと思っても、なんとなく「運動する人用」「身体を鍛えている人が飲むもの」というイメージがある人も多いのではないでしょうか。

でもそれは昔の考え。プロテインとは、普段は食事から摂取している三大栄養素のひとつである「たんぱく質」のこと。市販されているプロテインのほとんどは、食事から摂取するのに比べて効率よくたんぱく質を摂取することができるように調整されています。

たんぱく質が不足すると、髪の傷みや肌荒れ、爪割れなどの悩みの原因につながったり、ダイエットが思うようにうまくいかない……ということも。

タンパク質不足を感じているのなら、美容と健康のためにぜひプロテインを取り入れてみましょう

女性におすすめ! 美容にもいいプロテインは? 女性向けプロテインおすすめ イメージ2

プロテインには、粉やバー、ドリンクなどのタイプがあり、きなこ味・抹茶味・チョコ味などフレーバーも豊富。さらにホエイプロテインや植物性プロテインといった種類や、食物繊維入り、ビタミンC入りなどの付加機能もあって、実にバラエティ豊か。

たくさんの口コミがあっても、そもそも種類が多くてどれを選んだらいいのか迷ってしまいませんか?

そこで、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ雑誌の『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、コンビニやドラッグストア、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネットの通販サイトなどで買える人気・定番品などプロテインを30製品ピックアップ。

女性視点&初心者向けの視点で、ゆるめでも長く続けられるおすすめのプロテインを探しました!

プロテインを摂取するメリットは?

たんぱく質はいわば「体の土台」です。たんぱく質を摂取するにはプロテインがいいといわれますが、その理由を見ていきましょう。

メリット1:たんぱく質を効率的に摂れて美容にいい

たんぱく質は1日約50g摂取が目安です。

だからといって、夕食で一気に摂ればいいというのは大きな間違い。たんぱく質は摂り貯めができないので、毎食まんべんなく摂るように心がけましょう。

メリット1:たんぱく質を効率的に摂れて美容にいい 女性向けプロテインおすすめ イメージ
食事だけで推奨量約50gを摂るのはキツい!

※出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」、文部科学省 日本食品表示成分表2020年版(八訂)より

でも、忙しいと食事だけで必要なたんぱく質を摂るのは大変ですよね。そんなときこそプロテインの出番。たんぱく質が効率よく摂れるうえ栄養バランスも改善されます。

メリット1:たんぱく質を効率的に摂れて美容にいい 女性向けプロテインおすすめ イメージ2
伊藤美里 氏
管理栄養士・パーソナルトレーナー
伊藤美里 氏 のコメント

健康維持のために、1日あたり体重1㎏×1gが理想! ただし運動量によります。

メリット2:時間がなくても手軽で簡単!

近年の筋トレや宅トレブームもあり、プロテイン製品が注目されています。

お菓子のようなバータイプや、ドリンクタイプなど、新製品もどんどん増えています。味や形、種類もさまざまで、手軽にたんぱく質を摂取できるようになりました。

メリット2:時間がなくても手軽で簡単! 女性向けプロテインおすすめ イメージ

モテクリエイター・ゆうこすさんと人気雑誌CanCamの共同開発製品や、サイト上の質問に答えるとパーソナライズされたプロテインが自宅に届くFUJIMIのパーソナルプロテインなども登場しています。

状況に合わせて使い分けができるので、好みのタイプを選んでみましょう。

奥田千晶 氏
管理栄養士・食美容研究家
奥田千晶 氏 のコメント

種類が増えたと同時に進化しておいしくなりました。

プロテインの種類や選び方は?

初めて飲む人もすでに飲んでいる人も、プロテインの選び方で迷ってしまうことがあるはず。プロテインの種類から摂り方まで、管理栄養士・食美容研究家の奥田千晶さん、管理栄養士・パーソナルトレーナーの伊藤美里さんに教えてもらいました。 

Q1.プロテインの種類はどうやって選ぶの?

A.美容目的には「ソイ」、運動メインなら「ホエイ」

A.美容目的には「ソイ」、運動メインなら「ホエイ」 女性向けプロテインおすすめ イメージ

プロテインの主原料は大きく分けて植物性と動物性の2種類あります。

植物性:ソイ

ソイは大豆由来のため脂質が低め。吸収スピードがゆっくりなので腹持ちがよく、ダイエットにも向いています。

ソイプロテインの特徴
・大豆(植物)由来
・吸収スピードが遅い

伊藤美里 氏
管理栄養士・パーソナルトレーナー
伊藤美里 氏 のコメント

ソイはダイエット中の間食代わりにもオススメ!

動物性:ホエイ

牛乳由来のホエイはタンパク質の吸収が速く、間食としてより運動や筋トレ直後のタンパク質補給に向いています。

ただし、牛乳を飲むとお腹が緩くなる方や、乳アレルギー、乳糖不耐症など、人によっては合わない場合も。その場合は、乳糖がほぼ除去されたホエイプロテイン(WPI)や牛乳を原材料としないソイプロテインなど、体質に合ったものを選んでみてください。

ホエイプロテインの特徴
・牛乳(動物)由来
・吸収スピードが速い
・体質により合わない人も

奥田千晶 氏
管理栄養士・食美容研究家
奥田千晶 氏 のコメント

最初は様子を見ながら始めるのがオススメです。

Q2.たんぱく質はとにかくたくさん摂ればOK?

A.摂りすぎはダメ! 適量を意識して

吸収されなかったたんぱく質は排出されますが、摂りすぎは腎臓や肝臓に負担がかかります。腸内環境の悪化にもつながるので注意しましょう。

奥田千晶 氏
管理栄養士・食美容研究家
奥田千晶 氏 のコメント

自分に合った適量を摂りましょう。

Q3.プロテインをとるタイミングは?

A.運動後や間食、就寝前に摂るのがベスト

A.運動後や間食、就寝前に摂るのがベスト 女性向けプロテインおすすめ イメージ

普段運動している人は、トレーニング後30分以内にプロテインを飲むと筋肉に吸収されやすく効果的です。

スポーツしていない人は、吸収の遅いソイプロテインを朝食や間食の置き換えなど、小腹がすいているときに飲むのが効果的です。小腹がすいたときに間食代わりに飲めば、腹持ちもよいので、食事の食べ過ぎ防止にも役立ちます。

また、朝食は炭水化物だけという人は、プロテインをプラスして栄養補給をすれば、脳が活性化され朝もシャッキリしますよ。

就寝30~1時間前、できればゴールデンタイムまでに摂取するのも効果的。就寝中は成長ホルモンが活発化していて、たんぱく質が吸収が高まります。

Q4.プロテインって準備がメンドウでしょ?

A.どの製品もすぐに手軽に取れます

A.どの製品もすぐに手軽に取れます 女性向けプロテインおすすめ イメージ

プロテインは持ち運びできるパック飲料やバーなど、さまざまな種類があります。

これなら何の準備をしなくてもすぐに飲んだり食べたりできます。準備が必要な粉タイプも溶かすだけなので、朝食を抜くぐらいならプロテインで補いましょう。

Q5.粉タイプって溶けにくいし続けにくくない?

A.粉は“後入れ”がコツ。飽きたらヨーグルトやお菓子に

粉は入れるタイミングがポイント。後入れならキレイに溶けますが、先に入れると底でダマになってしまいがち。

A.粉は“後入れ”がコツ。飽きたらヨーグルトやお菓子に 女性向けプロテインおすすめ イメージ

液体に飽きたら、ヨーグルトやパンケーキなど焼くお菓子に混ぜても合います。ヨーグルトと一緒だと腹持ちもいいので、食べ過ぎを防止できますよ。

伊藤美里 氏
管理栄養士・パーソナルトレーナー
伊藤美里 氏 のコメント

チョコ系のプロテインならココア代わりにもなります。

Q6.プロテインは太る?

A.ごはん3食+間食+運動ナシなら可能性アリ

A.ごはん3食+間食+運動ナシなら可能性アリ 女性向けプロテインおすすめ イメージ

プロテインを摂ることで太る訳ではありません。そもそも3食バランスのよい食事なら、たんぱく質量は足ります。その上、間食+運動ナシ+プロテインだと、カロリーオーバーになる可能性があります。

Q7.たんぱく質を手軽に摂れる食品は?

A.定番はゆで卵やサラダチキン!

A.定番はゆで卵やサラダチキン! 女性向けプロテインおすすめ イメージ

ゆで卵サラダチキンなどの定番品はもちろん、おにぎりならなど脂質が少ないものがオススメ。バランスよく組み合わせてみましょう。

フライや脂身があるお肉は脂質が多いので、摂りすぎに注意です。

伊藤美里 氏
管理栄養士・パーソナルトレーナー
伊藤美里 氏 のコメント

成分表示や原材料などに注目して選んでみて。

Q8.プラスする運動のおすすめは?

A.座り方を変えるなど、少しだけ意識するのが第一歩!

A.座り方を変えるなど、少しだけ意識するのが第一歩! 女性向けプロテインおすすめ イメージ

筋トレというとハードな運動をイメージしがちですが、本格的な筋トレが絶対ではありません。

デスクワークなら膝を揃えて座るだけでも内腿が鍛えられ、これが結構効くんです! またエレベーターではなく階段で移動するなどして、日常で歩く機会を増やしましょう。

プロテイン30製品を飲みやすさなどで徹底比較

せっかくプロテインを摂るのなら、おいしく高たんぱく質で、コスパのいいものを選びたいですよね。そこで食美容のプロとモニターが実際に試し、以下の3項目を徹底的にテストしました。

テスト1:おいしさ(飲みやすさ)

おいしくないと、継続するのは難しいですよね。とくに1袋の量が多い粉タイプは、おいしくないとせっかく買っても続かなくて無駄になりがち。そこでプロと20~40代の女性モニター20名に飲んでもらい、味を比較しました。

テスト2:たんぱく質

テスト2:たんぱく質 女性向けプロテインおすすめ イメージ

プロテインは、少量でもたんぱく質を効率的に摂れるかどうかが大切です。

1食分あたりのタンパク質(gあたりのたんぱく質)含有量を管理栄養士と確認。1食の量が少量かつ、たんぱく質量が多く含まれているほうが効率よく摂れるので、高得点としました。

テスト3:コスト

毎日続けたいからこそ、味と栄養と同様にコストも大切。1食あたりの金額で計算して採点しました。

※コスパは検証時の購入価格から評価しています。購入価格は記事内の実勢価格と違う場合があります。

それでは自宅用のプロテイン粉タイプと出先用のプロテインバー・ドリンクタイプにわけておすすめのプロテインを見ていきましょう。

プロテイン(粉タイプ)のおすすめは?

自宅用プロテイン編でご紹介するのは、水や牛乳に溶かすだけの手軽さながら、たんぱく質がしっかり摂れる粉タイプのプロテインパウダー

味の種類がとにかく豊富なので自分好みを見つけましょう。

A評価ビーレジェンド プロテイン「ミルキーココア風味(ポコちゃん)」

  • ビーレジェンドプロテイン ミルキー ミルキーココア風味(ポコちゃん)
  • 実勢価格: ¥4,580

女性向けプロテインおすすめランキングでベストバイ&A評価を獲得したのは、かわいいポコちゃんがパッケージになったビーレジェンド「プロテイン ミルキー」

ポコちゃんのかわいさのまま、甘くておやつ代わりにもぴったりなココア味です。

粉っぽくならず、特有のクセもないので飲みやすく、プロテイン初挑戦にもピッタリ。

たんぱく質量も多く、良コスパな点もうれしいですね。

おすすめポイント
  1. 甘くておやつ代わりにもぴったりなココア味
  2. 飲みやすくプロテイン初挑戦にも◎
内容量
1kg
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
20.6g
型番
BLPC20AP1

▼総合評価

  • おいしさ: 4/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 4.5/5点

A評価ザバス 「ソイプロテイン100 ココア味」

  • 明治 ザバスソイプロテイン100 ココア味
  • 実勢価格: ¥1,449

ザバス「ソイプロテイン100」は、A評価。ココアドリンクと言われてもわからないほどのおいしさで高得点でした。

たんぱく質含有量も15gでしっかり摂れます。プロテイン初心者にもオススメです。

おすすめポイント
  1. ココアドリンクと言われてもわからないほど美味しい
  2. たんぱく質もしっかり摂れる
内容量
231g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
15g
型番
CZ7471

▼総合評価

  • おいしさ: 4/5点
  • たんぱく質: 4/5点
  • コスト: 3.5/5点

A評価ウイダー「プロテイン効果ソイカカオ味」

  • 森永製菓 ウイダープロテイン効果 ソイカカオ味
  • 実勢価格: ¥1,181

※リンクには、660gの販売ページやセット商品の販売ページを含みます

A評価のウイダー「プロテイン効果」は、まるでスイーツみたいなおいしさ! 少し粉っぽさが残るものの、もったり濃厚な口当たりはムースのようです。

女性に不足しがちな鉄やビタミンも配合しています。

おすすめポイント
  1. スイーツみたいなおいしさ!
  2. 鉄やビタミンも配合
内容量
264g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
15.5g
型番
36JMM01300

▼総合評価

  • おいしさ: 3.5/5点
  • たんぱく質: 4/5点
  • コスト: 4/5点

A評価ウイダー 「マッスルフィット プロテインプラス  カフェオレ味」

  • 森永製菓 ウイダーマッスルフィットプロテインプラス カフェオレ味
  • 実勢価格: ¥2,706

※セット商品の販売ページを含みます

サラッとしていて飲みやすいウイダー「マッスルフィットプロテインプラス」もA評価。ソイラテのようなほのかな苦みがプロテイン感を上手に消しています。

不足しがちな鉄分やカルシウムが入っているのも魅力です。

内容量
360g
主原料タイプ
ソイ&ホエイ
たんぱく質含有量
14.2g
型番
36JMM81201

▼総合評価

  • おいしさ: 4/5点
  • たんぱく質: 3.5/5点
  • コスト: 4/5点

A評価ウルトラ「ホエイダイエットプロテイン プレミアム」

  • ウルトラホエイダイエットプロテイン プレミアム クリアストロベリー風味
  • 実勢価格: ¥3,490

ウルトラ「ホエイダイエットプロテイン プレミアム」のたんぱく質はダントツの多さでA評価でした。さらにビタミンCやB群も配合しています。

味は少し薄めですが、人工甘味料や保存料が不使用なのはうれしいポイントです。

内容量
1000g
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
23.8g
型番
3420370101

▼総合評価

  • おいしさ: 2.5/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 4.5/5点

B評価ウイダー「マッスルフィットプロテイン」

  • 森永製菓 ウイダーマッスルフィットプロテイン 森永ミルクキャラメル味
  • 実勢価格: ¥1,738

※リンクにはセット商品の販売ページおよび900gの販売ページを含みます

ウイダー「マッスルフィットプロテイン」は、B評価。濃厚なキャラメルの味で香りと甘さがとても強めで、たくさん飲むのは大変ですがイヤな後味はありません。

とにかく甘いものが欲しい人や、寒い時期にホットで飲むにはいいでしょう。

内容量
360g
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
20g
型番
36jmm10101

▼総合評価

  • おいしさ: 3/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 2.5/5点

B評価DNS「ホエイプロテイン ビタミン」

  • DNSホエイプロテイン ビタミン ミルクチョコレート風味
  • 検証時価格: ¥1,790

※セット商品の販売ページを含みます

ビタミン入りのDNS「ホエイプロテイン ビタミン」は、B評価。たんぱく質量が20gを超えて栄養面は合格点です。

味は独特ですが、おいしそうなチョコの香りがします。

内容量
400g
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
21.1g

▼総合評価

  • おいしさ: 2.5/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 4/5点

B評価ベジエナチュラル「スリムプロテイン」

  • ベジエナチュラルスリムプロテイン ミックスベリー
  • 実勢価格: ¥1,753

※セット商品の販売ページを含みます

ケールなど野菜が多く配合されたベジエナチュラル「スリムプロテイン」は、B評価でした。エンドウ豆由来のたんぱく質を使うこだわり製品です。

たんぱく質以外にビタミン類も摂取できますが、おいしさは好みで評価が分かれ、複雑な味が苦手という声もありました。

内容量
150g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
20g

▼総合評価

  • おいしさ: 2.5/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 2/5点

B評価クレバー「ウエイトダウン チョコレート味」

  • クレバーウエイトダウン チョコレート味
  • 実勢価格: ¥2,311

※セット商品の販売ページを含みます

クレバー「ウエイトダウン」は、B評価。たんぱく質量が20gで合格点です。サラッとしていて飲みやすい一方、少し単調な味で飽きるとの声もありました。

水で割るよりも牛乳や豆乳で割るほうがおいしく飲めそうです。

内容量
315g
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
20g
型番
4580632116035

▼総合評価

  • おいしさ: 2.5/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 2/5点

B評価ビーレジェンド「プロテイン ハローキティママの作ったアップルパイ風味」  

女性向けプロテインおすすめ ビーレジェンド プロテイン ハローキティ ママの作ったアップルパイ風味 イメージ1
  • ビーレジェンドプロテイン ハローキティ ママの作ったアップルパイ風味
  • 検証時価格: ¥1,980

ビーレジェンド「プロテイン ハローキティ」は、B評価。たんぱく質量が20gを超えて高評価でした。コスト面も優秀です。

ただしモニター全員が「バナナ味?」と感じた後味や、シナモンの風味が個性的。好みが分かれました。

内容量
420g
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
20.4g

▼総合評価

  • おいしさ: 2/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 4/5点

B評価ファイン「ファイン プロテインダイエット ベリーミックス」  

  • ファインファインプロテインダイエット ベリーミックス
  • 実勢価格: ¥1,455

※セット商品の販売ページを含みます

美容や健康面のサポート素材を重視して、理想の美BODYを目指すというファイン「ファイン プロテインダイエット」はB評価でした。

チアシードのプチプチやフルーティーな味が、まるでスムージーのよう。やや粉っぽさは残りますが、スッキリ飲みたい人にオススメです。

内容量
325g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
14g

▼総合評価

  • おいしさ: 3.5/5点
  • たんぱく質: 3.5/5点
  • コスト: 3.5/5点

B評価ラ プロテイン「ラ プロテイン 抹茶味」

女性向けプロテインおすすめ ラ プロテイン ラ プロテイン 抹茶味 イメージ1
  • ラ プロテインラ プロテイン 抹茶味
  • 実勢価格: ¥4,963

粉タイプのプロテインは粉っぽくなりがちですが、ラ プロテイン「ラ プロテイン」は粉溶けがよく、気になりません。

抹茶味もプロテインとは相性がよく、おいしさだけはベストに近い高得点です。ただしコストはやや高めでB評価となりました。

内容量
20g×10袋
主原料タイプ
ソイ&ホエイ
たんぱく質含有量
12.6g

▼総合評価

  • おいしさ: 4/5点
  • たんぱく質: 3/5点
  • コスト: 2.5/5点

B評価matsukiyo LAB「ソイプロテイン100ストロベリー味」  

  • matsukiyo LABソイプロテイン100 ストロベリー味
  • 実勢価格: ¥3,218

さすがマツキヨPB、matsukiyo LAB「ソイプロテイン100」のコストに文句はありません! でも、おいしさは2点と伸ばせずB評価に。

分量どおりに作るともったりしすぎて口の中で膨らむ感じがします。割る飲み物に工夫すると、飲みやすくなるでしょう。

内容量
1000g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
16.4g

▼総合評価

  • おいしさ: 2/5点
  • たんぱく質: 4.5/5点
  • コスト: 5/5点

B評価ザバス「for Woman シェイプ&ビューティ ミルクティー風味」  

  • 明治 ザバスfor Woman シェイプ&ビューティ ミルクティー風味
  • 実勢価格: ¥1,255

※セット商品の販売ページを含みます

女性向けをうたっているザバス「for Woman シェイプ&ビューティ」は、B評価。ビタミンやミネラル入りで甘すぎないほどよいミルクティー味。粉っぽさは少しありますが許容範囲です。

内容量
252g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
12.5g
型番
CZ7468

▼総合評価

  • おいしさ: 3/5点
  • たんぱく質: 3/5点
  • コスト: 4/5点

C評価matsukiyo LAB「機能性ソイプロテインスムージー チョコレート味」

女性向けプロテインおすすめ matsukiyo LAB 機能性ソイプロテインスムージー チョコレート味 イメージ1
  • matsukiyo LAB機能性ソイプロテインスムージー チョコレート味
  • 検証時価格: ¥1,841

matsukiyo LAB「機能性ソイプロテインスムージー」は、C評価でした。BMIが高めの人の体脂肪を減らす、とうたう機能性表示食品です。

味自体はそう悪くありませんが、水に溶けにくく、飲み終えると舌触りがザラついた印象です。運動後に飲むのは難しそうです。

内容量
195g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
10.5g

▼総合評価

  • おいしさ: 2.5/5点
  • たんぱく質: 2.5/5点
  • コスト: 4/5点

C評価スリムアップスリムシェイプ「コラーゲン イン プロテイン ピーチ味」

  • スリムアップスリムシェイプコラーゲン イン プロテイン ピーチ味
  • 実勢価格: ¥971

※セット商品の販売ページを含みます

スリムアップスリムシェイプ「コラーゲン イン プロテイン」は、コストが高評価。おいしそうな甘めの香りがしますが、薄味で後から苦味を感じます。

たんぱく質の量も、今回テストした製品のなかでは少なめでC評価となりました。

内容量
225g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
7.5g

▼総合評価

  • おいしさ: 1.5/5点
  • たんぱく質: 2/5点
  • コスト: 5/5点

プロテイン(バー・ドリンク)のおすすめは?

外出先では、コンビニやドラッグストアで手軽に買えるバードリンクタイプが便利。つい手に取りたくなる、おいしいものも増えています。

バータイプ、ドリンクタイプのプロテインのおすすめ14製品を紹介します。

A評価ザバス「MILK PROTEIN 脂肪0 ココア風味」  

  • ザバスMILK PROTEIN 脂肪0 ココア風味
  • 実勢価格: ¥145

※セット商品の販売ページを含みます

バー・ドリンクタイプ部門でベストバイを獲得したのは、ザバス「MILK PROTEIN 脂肪0」。サラッとしていますがココアの風味がちゃんとあり、しっかり冷やすとよりおいしいです。

プロテインぽさを感じにくく、特有の飲みにくさもないのは初心者にはうれしいです。

常温で保存できて、持ち運びしやすいのもポイント。飲み切りやすいサイズで、たんぱく質もしっかり摂れます。

内容量
200ml
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
15g
型番
1014540

▼総合評価

  • おいしさ: 4.5/5点
  • たんぱく質: 4/5点
  • コスト: 4/5点

A評価森永製菓 「inバープロテイン Super クランチチョコ」

  • 森永製菓inバー プロテイン Super(クランチチョコ)
  • 検証時価格: ¥1,980

※12袋入の価格となります。

森永製菓「inバープロテイン Super クランチチョコ 」は、A評価。甘さ控えめでチョコレートを期待するとやや物足りませんが、アーモンドのアクセントが好印象でした。

これで20gのたんぱく質が摂れるのはスゴいのひと言に尽きます!

内容量
54g
たんぱく質量
20.9g
脂質
14.7g
糖質
13.1g
食物繊維
0.5~2.0g
カロリー
271kcal
型番
73126

▼総合評価

  • おいしさ: 4/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 2.5/5点

A評価森永乳業「in PROTEIN ココア風味」  

  • 森永乳業 in PROTEIN ココア風味
  • 実勢価格: ¥4,570

※セット商品の販売ページを含みます

スッキリ飲めるココア味がおいしい森永乳業「in PROTEIN」は、A評価。摂取できるたんぱく質は15g。たんぱく質の働きをよくするEルチンが入っています。

内容量
240ml
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
15.5g

▼総合評価

  • おいしさ: 4.5/5点
  • たんぱく質: 4/5点
  • コスト: 3.5/5点

A評価ユーラク「ブラックサンダー ALMOND」

  • 有楽製菓ブラックサンダー ALMOND
  • 検証時価格: ¥108

※セット商品の販売ページを含みます

ユーラク「ブラックサンダー ALMOND」は、A評価。ブラックサンダーのプロテイン版です。お菓子としてとにかくおいしくて、とても108円とは思えません。

たんぱく質量は多いと言えませんが、甘さに癒されたいときにおすすめです。

内容量
46g
主原料タイプ
ソイ&ホエイ
たんぱく質含有量
5.1g

▼総合評価

  • おいしさ: 5/5点
  • たんぱく質: 2/5点
  • コスト: 4.5/5点

B評価UHA味覚糖「シックスパック プロテインバー」

  • UHA味覚糖SIXPACK プロテインバー チョコレート味
  • 実勢価格: ¥222

※セット商品の販売ページを含みます

UHA味覚糖「シックスパック プロテインバー」もA評価。ある大きさで、たんぱく質量も20.6gとバッチリです。

モニターからは味も高評価でした。ただ、他のバーよりも、少しお高め価格が気になるところ。

内容量
40g
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
20.6g

▼総合評価

  • おいしさ: 3/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 2/5点

B評価matsukiyo LAB「プロテインバー チョコレート味」

女性向けプロテインおすすめ matsukiyo LAB プロテインバー チョコレート味 イメージ1
  • matsukiyo LABプロテインバー チョコレート味
  • 検証時価格: ¥128

チョコは甘く、香ばしいパフで噛み応えがあるmatsukiyo LAB「プロテインバー」はB評価。満腹感が得られそうです。

マツキヨなど購入店舗は限られますが、この値段でたんぱく質約15gは優秀です。

内容量
36g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
15.4g

▼総合評価

  • おいしさ: 3.5/5点
  • たんぱく質: 4/5点
  • コスト: 4/5点

B評価明治「タンパクト カフェオレ」

  • 明治タンパクト カフェオレ
  • 検証時価格: ¥117

※セット商品の販売ページを含みます

タンパクト「カフェオレ」はあっさりとして飲みやすく、おいしさは優秀。価格もお値頃でB評価でした。

飲みきりサイズで手軽さという点では合格です。ただ、たんぱく質量が少なめなのが惜しいです。

内容量
200ml
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
10g
型番
1030190

▼総合評価

  • おいしさ: 4/5点
  • たんぱく質: 2.5/5点
  • コスト: 4.5/5点

B評価雪印メグミルク「PROTEIN 10 BANANA&MILK」  

女性向けプロテインおすすめ 雪印メグミルク PROTEIN 10 BANANA&MILK イメージ1
  • 雪印メグミルクPROTEIN 10 BANANA&MILK
  • 検証時価格: ¥150

※セット商品の販売ページを含みます

雪印メグミルク「PROTEIN 10」はバナナジュースのようで、スイーツ感覚で少しずつ飲みたい甘さ。ただしバナナの香りが強めで、若干のクセがある点は好みが分かれそうです。

内容量
200g
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
10g

▼総合評価

  • おいしさ: 3.5/5点
  • たんぱく質: 2.5/5点
  • コスト: 4/5点

B評価ザバス「for Woman MILK PROTEIN 脂肪0 ミックスベリー風味」  

  • 明治 ザバスfor Woman MILK PROTEIN 脂肪0 ミックスベリー風味
  • 検証時価格: ¥149

※セット商品の販売ページを含みます

ザバス「for Woman MILK PROTEIN 脂肪0」は、B評価でした。女性にうれしい鉄分や葉酸などを配合したプロテインドリンクです。

スッキリとした味ですが、脂肪ゼロで甘みが少ないせいか、酸っぱくて飲みにくいというモニターの声もありました。

内容量
250ml
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
12.5g

▼総合評価

  • おいしさ: 3/5点
  • たんぱく質: 3/5点
  • コスト: 4/5点

C評価: matsukiyo「LAB
ミルクプロテイン
ストロベリー味」

  • matsukiyo LABミルクプロテイン ストロベリー味
  • 実勢価格: ¥199

matsukiyo LAB「ミルクプロテイン」はC評価。イチゴミルクのような味で駄菓子のような人工的な甘みが強めなので、一気に飲み切るのは難しそう。また、微妙な香りや口に残る後味が気になるかもしれません。

内容量
200ml
主原料タイプ
ホエイ
たんぱく質含有量
20g

▼総合評価

  • おいしさ: 2/5点
  • たんぱく質: 5/5点
  • コスト: 2.5/5点

C評価BE-KIND「プロテインダークチョコレート&アーモンド」

  • マースジャパンリミテッドBE-KIND プロテイン ダークチョコレート&アーモンド
  • 実勢価格: ¥2,200

※セット商品の販売ページを含みます

ナッツがメインで、素材そのもののおいしさが味わえるBE-KIND「プロテイン」。おいしさは高評価ですが、たんぱく質含有量があまり多くなく、プロテインというよりナッツバーという印象です。

また、外ではポロポロして食べにくいのが残念です。

内容量
40g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
9.2g
型番
食品

▼総合評価

  • おいしさ: 4/5点
  • たんぱく質: 2/5点
  • コスト: 2.5/5点

C評価ブルボン「プロテインバーチョコレートクッキー」

  • ブルボンプロテインバー チョコレートクッキー
  • 実勢価格: ¥140

ブルボン「プロテインバー」は甘さが控えめで、チョコチップ感も物足りない印象。クッキーと思って食べるとかなり淡泊です。粉っぽくて口の中がモサモサする感じなので、水分と一緒に摂るといいでしょう。

内容量
40g
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
10.5g

▼総合評価

  • おいしさ: 3/5点
  • たんぱく質: 2.5/5点
  • コスト: 4/5点

C評価マルサン「ヴィーガンプロテイン~抹茶ソイラテ風~」

  • マルサンヴィーガンプロテイン ~抹茶ソイラテ風~
  • 実勢価格: ¥3,145

※セット商品の販売ページを含みます

マルサン「ヴィーガンプロテイン」は人工甘味料含め添加物がほぼなく、原材料もシンプル。健康志向に寄りすぎているせいか抹茶の香りはあまりせず、豆乳感が強めです。

内容量
200ml
主原料タイプ
ソイ
たんぱく質含有量
13.5g
型番
B084W4LPG5

▼総合評価

  • おいしさ: 2/5点
  • たんぱく質: 3.5/5点
  • コスト: 3.5/5点

C評価アサヒグループ食品「1本満足バー  プロテイン・ラン  ベイクドバナナ」

  • アサヒグループ食品1本満足バー プロテイン・ラン ベイクドバナナ
  • 実勢価格: ¥9,080

※セット商品の販売ページを含みます

ランナー向けの1本満足バー「プロテイン・ラン」は、プロテインのほかにビタミンB群や必須アミノ酸、ミネラル4種を配合しています。見た目よりも硬めで、パサついて飲み込みにくく感じるかもしれません。後味も強めの印象です。

内容量
41g
主原料タイプ
ソイ&ホエイ
たんぱく質含有量
11.5g

▼総合評価

  • おいしさ: 2/5点
  • たんぱく質: 2.5/5点
  • コスト: 4/5点

プロテインの売れ筋ランキングもチェック!

プロテインのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ:ベストは「ミルキー」と「ザバス」

以上、女性むけプロテインのおすすめ30選のご紹介でした。いかがでしたか?

食事だけではどうしても不足しがちなたんぱく質。継続するためにはおいしさやコスパがポイントです。テストの結果を参考にお気に入りの味を見つけてみてくださいね。

甘くておやつ代わりにもぴったりミルキー

甘くておやつ代わりにもぴったりミルキー 女性向けプロテインおすすめ イメージ

ビーレジェンド
プロテイン ミルキー
ミルキーココア風味(ポコちゃん)
実勢価格:4480円

内容量:500g
主原料タイプ:ホエイ
たんぱく質含有量:20.6g
※1kgの販売ページを含みます

飲みきりでしっかりタンパク質が摂れるザバス

飲みきりでしっかりタンパク質が摂れるザバス 女性向けプロテインおすすめ イメージ

ザバス
MILK PROTEIN 脂肪0
ココア風味
実勢価格:128円

内容量:200ml
主原料タイプ:ホエイ
たんぱく質含有量:15g
※セット商品の販売ページを含みます