<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』(2019年12月号)掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ホームキレイな玄関キープのコツは
「ほうき&ちりとり」出しっぱなし

日頃から玄関掃除をサボっていると、汚れが溜まってしまってキレイにするのが大変です。

けれど、洗剤でゴシゴシとタタキをこするのは重労働。こまめに掃除なんてとてもできませんよね。

タタキの泥汚れは、濡らして擦るよりもほうきでサッと掃いた方が短時間でキレイになるんです。

そこでおすすめなのがほうきとちりとりを玄関に置きっぱなしにするという方法です。出しっぱなしにしておけばいちいち出す手間が省けるので、思い立った時に掃除ができますよね。

週1回30分の玄関掃除が、毎日1分だけでよくなりますよ!

ホーム置きっぱなしでもダサくない!
「使い勝手」と「デザイン」を検証

生活感丸出しのほうきは、あまり見えるところに置いておきたくありませんよね。そこで『LDK』編集部はプロに協力を仰ぎ、ダサ見えしないほうき&ちりとりセット5製品を調査。

・使い勝手
・デザイン

の2項目を厳しくチェックし、ベストバイを決定しました。

大橋わか 氏
収納インテリアアドバイザー
大橋わか 氏 のコメント

掃除したくなるデザインを選んで!

A評価インテリア級のデザイン性!
お客さんに見られても問題なし

ノーブランド
Broom&Dustpan Porte
カラー:ブラウン
実勢柄価格:1500円

もっとも高評価だったのは、「Broom&Dustpan Porte」でした。ほうきの柄にちりとりを挟んで収納できます。

使い勝手:◎
デザイン:◎

デザインはもちろん、使い勝手の検証でも◎評価!

出しっぱなしでもおしゃれ! 堂々と玄関に置いておいて、好きな時にサッと使えます。

大橋わか 氏
収納インテリアアドバイザー
大橋わか 氏 のコメント

人に見せたくなるようなオシャレなほうきを出しておけば気重にならず掃除ができます。

A評価センスの良さがキラリ!
Scopaはスリムで置く場所選ばず

アール・エフ・ヤマカワ
Scopa ほうきちりとりセット2
実勢価格:3278円

2つめのA評価獲得はアール・エフ・ヤマカワ「Scopa ほうきちりとりセット2」。センスの良い玄関を作りたい方におすすめです。

使い勝手:○
デザイン:◎


都会的でスタイリッシュなデザインが高評価につながりました。

畳んだ状態の厚みはなんと7㎝! 狭い玄関やちょっとした隙間にも、どこでもすっきり収納できます。

B評価レトロ好きにはたまらない!
ニトリのほうきちりとりセット

ニトリ
ほうき・ちりとりセット
実勢価格:628円

レトロ雑貨のようなかわいいデザイン! 好き嫌いは分かれますが 、レトロ好きの方にはおすすめです。

使い勝手:○
デザイン:○


使い勝手もデザインも◯で、B評価を獲得しました。

毛足に弾力があるからゴミを弾きやすいです。

C評価: 鋭角なほうきで砂が掃きやすい
アイワは汚れやすいのが残念

アイワ
ひとり立ち溝ちりトリーナ
実勢価格:1111円

ブラシの角が溝に入れやすく、砂がしっかり掃き出せます。

使い勝手:○
デザイン:△

デザインはイマイチですが、使い勝手を重視するならおすすめです。

ちりとりの右半分がスライドして前に出ます。つなぎ目が多く、汚れやすいのはマイナスポイント。

C評価: カインズはスッキリデザイン◎
ただ腰痛になりそう……

カインズ
立つほうき/立つちりとり
実勢価格:1280円/698円

清潔感のあるデザインです。

使い勝手:△
デザイン:△


使い勝手もデザインも共に△で、5製品中最下位となってしまいました。

スッキリしたデザインなのは好印象ですが、小さすぎて使いづらいです。毎日屈んで掃除するのはつらい……。

以上、玄関に出しっぱなしでも恥ずかしくない、デザイン性も機能性も高いほうき&ちりとりセットをご紹介しました。

タタキがキレイになったところで、玄関の壁もラクにお掃除しましょう!

ホームタタキのついでに壁もキレイに!
ミニほうきで払うだけで明るく

見えないけれど、壁にもホコリがたくさんついています。小さなほうきを使って、ササッと上から軽く撫でおろすだけで、玄関のドアを開けた瞬間の印象がぐっと明るくなりますよ。

以上、ササッと掃除できる玄関のおすすめグッズの紹介でした。

デザインが良いほうき&ちりとりセットなら、玄関に堂々と置いておけますね。インテリア的にも掃除のしやすさもバッチリ。「おしゃれな玄関が良いけど、掃除はラクしたい!」という人はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。