実はそこまで暖かくない
ヒートテックの新事実

初代ヒートテック誕生から15年が経ち、当時は唯一無二の技術だった「軽くて薄いのに暖かいインナー」の市場は競争が激化。今ではヒートテックよりも安くて、軽くて、暖かいインナーが続々と生まれています。

ただ、依然として「ヒートテック」が本家で一番暖かいと考えている人も多いのではないでしょうか? でも実は違うんです。

ユニクロ:ウルトラウォーム クルーネックT(超極暖):衣類

ユニクロ
ウルトラウォーム
クルーネックT(超極暖)
実勢価格 : 2150円

保温率:26.7%

防寒インナー20製品の保温性を調査した企画では、ヒートテックの最上位モデル「超極暖」とGUがまさかの同率。しかもムレにくさに加え総合評価もGUの後塵を拝する形に。

最上位モデルの「超極暖」ですら、生地の保温率だけで言えば半額のGUと同じレベル。「有名でコスパは良いものの、特別暖かいわけではない」というのがヒートテックの現在地なんです。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

「保温率」とは、生地がどれぐらい暖かい空気を溜め込む力があるかを数値化したものです。

とは言え、すべてにおいて今や平均点でも、総合的に見たらバランスは取れたインナーとも言えます。

そこそこ安くて、そこそこ暖かく、そこそこ軽い。しかも店舗が多いからすぐ買える。そのあたりにヒートテックの存在意義はまだ残っていると言えます。

現在ヒートテックは3種類
購入するなら「極暖」

現在ヒートテックは3種類購入するなら「極暖」

ここで現在販売されているヒートテックをおさらいしておきましょう。まず一番安価でオーソドックスなレギュラー、続いて極暖そして、一番暖かいとされる超極暖の3つ。

これに加えてGUからは「ウォームコットン」のネーミングでインナーが販売されています。

このうち超極暖は温かさを追求した分厚くなり、インナーとしての使い勝手はイマイチ

ユニクロ:エクストラウォーム クルーネックT(極暖):衣類

ユニクロ
エクストラウォーム
クルーネックT(極暖)
実勢価格:1290円

むしろ平均的なこちらの極暖の方が薄くてムレにくいので、着ていて快適に感じます。

ヒートテックの新作は
価格に見合わない出来が残念

さらに、2018年の秋「誰も見たことのないヒートテック」とデカデカと宣伝されていたデザイナー「アレキサンダー ワン」とのコラボ商品。デザイン性の宣伝ばかりですが温かさは? と思い編集部で検証したところ......。

ヒートテックの新作は価格に見合わない出来が残念

この通り、なんと普通のヒートテックより保温率が低下。これで値段は倍とは納得できません。

保温インナー4製品を対象に
買っても良い一枚を検証

ここまでで、ヒートテック=最強の冬インナーでないことが分かりました。では、今ユニクロ・GUでインナーを選ぶならどれをが一番「買い」なのか検証すべく、ユニクロのインナー3製品とGUの1製品を対象に検証しました。

実際の検証方法は以下の通りです。

保温インナー4製品を対象に買っても良い一枚を検証
[保温性:生地の保温率を専用機器で算出]

生地がどれぐらい暖かい空気を逃さないかを「保温率」として数値化しました。

また、着心地の良さデザイン性を併せて各項目A~Dの4項目で採点したうえで、総合的にランキングとしています。

それではいよいよ結果の発表です。

デザインも保温性も合格
ヒートテックより使える1枚

ユニクロ:ワッフルクルーネックT(長袖):衣類

ユニクロ
ワッフルクルーネックT(長袖)
実勢価格 : 2145円

素材:綿80%、ポリエステル20%、
色:03 GRAY(写真)ほか全5色展開
同じ素材でヘンリーネックもあり

保温性はヒートテックほどではありませんが、あったかインナーとしては合格点。何より雑誌『MONOQLO』で2018年10月に行った検証でも「買ってイイ」と認定され「1枚で着てもおしゃれ」なのが大きな強みです。

さらにゆったりめの身幅で着心地も快適と、3つのバランスが一番でした。各項目の評価を詳しく見ていきましょう。

デザインも保温性も合格ヒートテックより使える1枚
[保温性 28.4%:評価S]

「超極暖」に相当する数値なので保温性は確かです。

デザインも保温性も合格ヒートテックより使える1枚
[着心地:評価S][デザイン性:評価A]

締め付け感がなく、ゆったり着られるのがポイントです。また、凹凸ある生地感が表情を生み値段以上に見えるのも好評価でした。

デザインも保温性も合格ヒートテックより使える1枚
ちょうど良い伸縮性で重ね着にも最適。

縦横の伸び縮みは申し分なし。生地はしっかりしていますが、厚手ではなく着心地も抜群です。

デザインも保温性も合格ヒートテックより使える1枚
1枚着でも身体の線が出にくい。

着丈は標準的な長さですが、身幅が同じサイズの他のカットソーと比較して少しゆったりめ。従って、普段通りのサイズでもお腹の出っ張りなどが目立ちません。

保温性は全商品で1番も
デザインがイマイチ

ユニクロ:ヒートテックストレッチ フリースクルーネックT(長袖):衣類

ユニクロ
ヒートテックストレッチ
フリースクルーネックT(長袖)
実勢価格:1620円

保温性は全商品で1番もデザインがイマイチ
[保温性 41.2%:評価S]

40%台は予想外の好記録。確かに暖かいです。

保温性は全商品で1番もデザインがイマイチ
[着心地:評価C]

身体にフィットしない着心地は好みが分かれます。

保温性は全商品で1番もデザインがイマイチ
[デザイン:評価C]

快適さを求めてマイクロフリース素材を使ったことがデザイン面で逆効果に。保温性はありますが、Tシャツというよりパジャマといったほうが適当です。

おしゃれ着としては辛い素材
パジャマとして使いましょう

ユニクロ:ソフトタッチ クルーネックT(長袖):衣類

ユニクロ
ソフトタッチ
クルーネックT(長袖)
実勢価格:1080円

値段が安いなりに、作りも安っぽくなっています。1枚で着るには辛いかもしれません。

おしゃれ着としては辛い素材パジャマとして使いましょう
[保湿性 20.6%:評価A]

保温性の数値、体感での暖かさともに「普通」です。

おしゃれ着としては辛い素材パジャマとして使いましょう
[着心地:評価C デザイン性:評価C]

厚ぼったく、フィット感もありません。快適さもイマイチです。また、見た目も袖口がダルっとしていて、全体的に締まりがない印象です。

4位: 全体的に作りが雑で
メインでは着ていけません

GU:起毛クルーネックT(長袖):衣類

GU
起毛クルーネックT(長袖)
実勢価格:850円

最後はGUの起毛インナー。全体的にかなり粗悪で、ヒートテックTがパジャマならこちらは下着レベルでした。

4位: 全体的に作りが雑でメインでは着ていけません
[保温 20.6%:評価A]

3位のユニクロよりも値段は安いのに、暖かさはほとんど同じです。

4位: 全体的に作りが雑でメインでは着ていけません
[着心地:評価D ][デザイン性:評価D]

起毛感による着心地のよさはあまり感じられませんでした。またデザイン面もダブつきや袖口のバックリ感など細部の作りが雑です。

結果:暖かくて一枚着できる
ユニクロのワッフルT一択

検証の結果、とくにヒートテック素材を採用したヒートテックストレッチフリースクルーネックT(長袖)は保温率が40%超えと、ほかの3製品と比較して、圧倒的な保温率をマークして圧勝。このままベストバイ……と思いきや、ネックになったのはそのデザイン性。

フリース素材と組み合わせたことでふんわり感はあるのですが、逆にそれがパジャマのように安っぽく見せてしまっています。

結果:暖かくて一枚着できるユニクロのワッフルT一択
グレーは黒×ネイビーで全体にメリハリを。

一方、保温性では次点のワッフルクルーネックT(長袖)は、凹凸のある素材感や襟や袖の縫製が段違いにしっかりしており、下着っぽさはありません。

1枚で着られるという実用性を考えると保温率も30%近くあるワッフルTシャツの方が、総合力で上回ると言っていいでしょう。

以上、ユニクロ・GUインナーランキングでした。インナーとしてヒートテックを選ぶなら「極暖」を。ジャケットなどと合わせたり、一枚着で着たりするときはヒートテックはオススメできません。今回1位のワッフルタイプがオススメです!