キッチンお米をおいしいまま保存するには
温度と湿度の管理が重要です

炊きたてのご飯の食欲をそそる香り、たまりませんよね! 新米ならなおさらです。ところで、どのようにお米を保存していますか?

お米をおいしいまま保存するには、温度と湿度の管理が重要です。適切な温・湿度が保たれる保存場所として冷蔵庫が良いと言われていますが、実は冷蔵庫ではお米の「保冷」が意外と難しいんです。

そこでオススメしたいのが、一定の温・湿度を保つクールな米びつ「RICE COOL」です。

キッチン電気を使ってお米を冷やし
おいしさを長持ちさせます

エムケー精工:RICE COOL HRC-10SR:米びつ

エムケー精工
RICE COOL
HRC-10SR
実勢価格:2万8933円

サイズ・重量:W215×H450×D725mm・8.5kg
最大米実収納量:白米約11kg、玄米約10kg
冷却温度:約15℃
電源コード長:約1.5m
冷却方式:冷気強制循環方式(ペルチェ素子による電子冷却)
計量装置:レバー計量方式(約1合・約150g)

「RICE COOL」は電気を使った米びつで、いわばお米専用の冷蔵庫。どんな気候のときでも内部を一定の温・湿度に保ち、お米本来のおいしさを長持ちさせます。猛暑や湿度の高いジメジメとした日でも、おいしいままにお米を保存できます。

また、低温保存するため、害虫の発生を抑制する効果があります。万が一、おいしいお米に害虫が発生したらガッカリどころかゾッとするので、この効果はうれしいですよね。この気配り、さすがは老舗精米メーカーです!

クールな米びつ「RICE COOL」をご紹介しました。米びつらしからぬスタイリッシュなデザインは、キッチンはもちろんリビングに置いても良さそうですね。お米が大好きな人は要チェックですよ!