ふわふわマットで
足元から上品な洗面所へ

ふわふわマットで足元から上品な洗面所へ

「白一色だった洗面台の雰囲気を変えたい」 と思い立ち、抑えめなピンクの小物をプラスして、フレンチガーリーテイストに仕上げてみました

すると、女性らしい上品な雰囲気になってフェミニン度がアップ! 殺風景だった洗面台がこんなにかわいらしくなりました。

しかも、取り入れたのは100均&300均を中心にセレクトした7製品。低予算でも、センスのある空間にできちゃうんです。

今回は、イメチェンに使用したアイテムの中から、洗面台に置いておきたいバスマットに注目してご紹介したいと思います。

3COINSのマットはふわふわ!
つくりも使い勝手も優秀でした

3COINS:ふわふわバスマット:バス用品

3COINS
ふわふわバスマット
実勢価格:1080円

見るからに気持ちの良さそうなバスマットは、300均でおなじみの3COINSのアイテム。こちらは324円ではありませんが、これは一度触るとクセになるほどの気持ち良さ!

いつまでも触っていたいふわふわ感は、価格なりの価値がありました。

3COINSのマットはふわふわ!つくりも使い勝手も優秀でした

毛の密度が高く、本当にふわっふわ。足触りが非常に心地いいです。

3COINSのマットはふわふわ!つくりも使い勝手も優秀でした
[デザイン:評価A][つくり:評価A][掃除しやすさ:評価B]

ゴム素材の滑り止めが付いていてズレ対策もバッチリ! 毛の密集度は高いですが、はたくとすぐ小さなゴミや髪の毛が落ちて手入れもしやすいです。

このことから見てもバスマットは3COINSが優秀だということがわかります。しかし、最終結論に行き着くにあたって、他にもさまざまなバスマットを試しました。

フランフランはデザインはいいけど
裏地が滑りやすくて掃除しにくい…

Francfranc:ナバラ バスマット S ピンク:バス用品

Francfranc
ナバラ バスマット S ピンク
実勢価格:2000円

 

ヨーロッパで流行中のループを編み上げたマット。さすがはフランフラン、オシャレさはピカイチです。

フランフランはデザイン性においてはレベルが高いことがわかりましたが、つくりや使い勝手ではどうでしょうか?

よ~く見てみると、裏地がタオルそのままになっていて滑りやすくなっています。日常的に使うものと考えると、減点対象に。よって、つくりや掃除のしやすさはC評価となりました。

フランフランはデザインはいいけど裏地が滑りやすくて掃除しにくい…
[デザイン:評価A][つくり:評価C][掃除しやすさ:評価C]

また、フランフランだけでなく、ダイソーのバスマットなどとも比べてみました。

ダイソーは色が悪く掃除しにくい!
CouCouもつくりがあと一歩

ダイソー:フロアマット:バス用品

ダイソー
フロアマット
実勢価格:324円

ダイソーは色が悪く掃除しにくい!CouCouもつくりがあと一歩
[デザイン:評価D][つくり:評価D][掃除しやすさ:評価D]

ダイソーのバスマットは、昭和のホテルのロビーみたいなくすんだピンク色。

試しにゴマを細かなゴミに見立てて振りまいたところ、コイル状の毛に絡まってしまいました。掃除のしやすさではD評価です。

続いては、オリジナルのキュートな雑貨が324円から揃う「CouCou(クゥクゥ)」のバスマット。

CouCou:フィナール  バスマット ライトピンク:バス用品

CouCou
フィナール バスマット ライトピンク
実勢価格:324円

肌触りは意外といいけれど、ヨレやすいです。しかし、掃除のしやすさはバツグンでした。

ダイソーは色が悪く掃除しにくい!CouCouもつくりがあと一歩
[デザイン:評価B][つくり:評価D][掃除しやすさ:評価A]

以上、バスマット選びのご紹介でした。バスマット選びでは価格を第一に考えると、どうしても使い勝手で劣ってしまいがちですが、3COINSは優秀。ふわっふわの足触りだけでなく、滑り止めもバッチリで掃除しやすいと三拍子揃っています。

洗面台の雰囲気をちょっと変えてみたいといった時に、活用してみてください。