食品雑貨色々な味のたまごサラダで
サラダバリエーションを増やす!

マヨネーズで味付けしたたまごサラダは、サンドイッチにしたり、生野菜と合わせても美味しい万能おかず。大人も子どもも大好きな、定番メニューです。

そんなたまごサラダの味付けに、いつもと違う調味料を加えてみたら……意外な風味に大変身! 今回は、一風変わったたまごサラダのレシピをご紹介します。卵が冷蔵庫にたくさんあるときにも、マンネリ解消になりますよ。

試した調味料は次の3種類です。

・マヨネーズ
・ビネガー+オリーブオイル
・コンデンスミルク


ぜひ、たまごサラダをグレードアップして、バリエーションを増やしてみてください!

まずは、共通の基本の作り方からご紹介します。

食品雑貨たまごサラダ
基本の作り方

[材料]
・ゆでたまご2個
・調味料

[作り方]

①ゆでたまごを16等分に切る

ゆでたまご2個を、それぞれ16等分くらいに切ります。ゆでたまごは、半熟でも固ゆででもお好みでOKです。

②調味料を加えて混ぜる

今回は食べやすく、他の具材とも絡ませやすい大きさにカットしました。たっぷりたまごの風味を感じたいときは、8等分にしてもOKです。また、包丁を使わなくてもスプーンやフォークで潰すと、また違う食感が楽しめますよ。

それでは、さっそく調味料を変えて実験していきます!

食品雑貨[基本のマヨネーズ]
やっぱりコレ!王道の味

まずは王道の、「マヨネーズ」のみのレシピから。

多くの方がご存知のとおり、ゆでたまご+マヨネーズの黄金コンビは、マヨネーズはたまごからできているので相性は抜群です!

たまごにマヨネーズ大さじ2を加えます。マヨネーズの量は好みで調節してください。

さっくり混ぜ合わせ、塩、こしょうで味をととのえて完成です。

マヨネーズで和えるだけでたまごの味がアップし、シンプルですがたまごの美味しさを楽しめる組み合わせです。

ここまでは、通常どおりの作り方。次から、意外なアレンジを加えていきますよ!

食品雑貨[ビネガーとオリーブオイル]
イタリアン風の洋風惣菜

ここは、あえて大人向きのたまごサラダに挑戦! マヨネーズの代わりにビネガー+オリーブオイルを加えてみたら……?

さっぱりとしたイタリアン風の味わいのたまごサラダにグレードアップ!

作り方は簡単。たまごにビネガー大さじ1/2を入れ、塩、こしょうで味をととのえます。

その後オリーブオイル大さじ1/2を加え、さっくり混ぜ合わせます。

先にオリーブオイルを入れてしまうと、塩コショウが混ざりにくくなるので、オリーブオイルは最後に入れましょう。

マヨネーズのようなもったり感はありませんが、ちょっと大人の味付けでワインなどのおつまみにピッタリ。

味を左右するビネガーとオリーブオイルは、新鮮なものを使うのが重要です。ビネガーはりんご酒からできたりんご酢や、ワインからできたワインビネガーなど種類がたくさんあるので、ぜひお好みで試してみてください。

食品雑貨[コンデンスミルク]
意外な甘さがマッチ!

かなり意外な組み合わせなのがこちら。いちごなどにかけると美味しいコンデンスミルクですが、果たしてたまごとの相性は……。

実は、これがアリだったんです!

たまごにコンデンスミルク大さじ1を加えます。コンデンスミルクの量は好みで調節してください。

たまごがべっとりしないように、さっくり混ぜれば出来上がり!

ほんのりと甘さを感じる味わいになり、予想外の美味しさです!

たしかに、たまごはお菓子の材料としても使われていますから、甘い味付けとの相性がいいのはうなずけますね。フルーツサンドやフルーツサラダと組み合わせるのもオススメです。

以上、変わり種たまごサラダレシピのご紹介でした。これらのバリエーションで、ぜひお料理のレパートリーを増やしてくださいね!