食品雑貨食感がよくて美味しい
最強の薄焼きたまごを作る!

さまざまな料理で活躍してくれる名脇役の薄焼きたまごですが、「味付けしない、しても少し塩を入れるだけ」という人も多いのではないでしょうか。でも、色々な味付けをすることでお弁当やトッピングなど、使い方も広がるんですよ。

ここでは6種類の様々な味付けを試し、どれが食感と味が一番いいか、テストしてみました! ご協力いただいたのは、フードアクティビストの松浦達也さんです。

食感がよくて美味しい最強の薄焼きたまごを作る!

実験してみた調味料は、以下の6つです。

[テストした調味料]
・味付けなし
・塩
・バター
・めんつゆ
・しょうゆ
・ケチャップ

食品雑貨基本の作り方は統一でテスト

実験にはすべて、1個分の卵液に調味料をプラスします。また、作り方もすべて同じ手順で行いました。

①フライパンは中弱火にかけて

基本の作り方は統一でテスト

ボウルに卵をとき、調味料を入れます。フライパンを中弱火にかけてサラダ油をしき、フライパンが温まったらボウルの中身を流し入れます。

②ひっくりかえしたらすぐ火を止める

基本の作り方は統一でテスト

たまごを全体に広げ、フチの部分がちょっと反ってきたら、そこからはがすようにひっくり返します。すぐに火を止め、予熱で火を通します。しっとりと仕上げるには水分が飛びすぎないように、ひっくり返したらすぐに火を止めるのがポイントです。

なお、今回は出来上がりに差が出ないように、調味料はどれも小さじ1/2(ひとつまみ分)に統一し、たまごは全卵1個分を使いました。


さて、薄焼きたまごに一番よく合う調味料は……?

食品雑貨味付けなしは
良くも悪くもたまご次第

まずはなにも味をつけない薄焼き卵の場合です。

味付けなしは良くも悪くもたまご次第

結果:△

味付けしない分、卵の風味をダイレクトに感じます。もともとのたまごの味が、仕上がりにもストレートに出ていました。

食品雑貨たまごの味が
一番際立つのは塩!

次は、1個分の卵液に塩をひとつまみ加えた場合です。

たまごの味が一番際立つのは塩!

結果:◎

薄焼き卵と聞いて多くの人が想像する、オーソドックスな味付けです。

加えた塩が、たまごの味をしっかりと引き立てます。

食品雑貨バターを加えると
洋風の香り!

1個分の卵液と、溶かしバター小さじ1/2の場合です。

バターを加えると洋風の香り!
バターを加えると洋風の香り!

結果:◯

バターを加えるとオムレツのような風味になります。

バターには塩分と油分、乳製品の香りがあるので洋風な味わいになり、サラダなどにもトッピングできそうです。

食品雑貨めんつゆの味わいが
全面に出てくる

次は、1個分の卵液とめんつゆ小さじ1/2です。

めんつゆの味わいが全面に出てくる

結果:△

めんつゆに含まれる出汁の風味は感じられますが、めんつゆの味が全面に出て、たまごの味が薄くなりました。

食品雑貨しょうゆの麹の香りを
ほのかに感じる

1個分の卵液としょうゆ小さじ1/2の場合です。

しょうゆの麹の香りをほのかに感じる

結果:◯

しょうゆらしい美味しさを感じられますが、麹の香りもあるので好みはわかれそうです。

食品雑貨ケチャップは赤色に変身!
キャラ弁にも使える

最後はケチャップを入れてみました。1個分の卵液とケチャップ小さじ1/2です。

ケチャップは赤色に変身!キャラ弁にも使える

結果:◯

濃くなるのかと思いきや、オムライスを想像させる味! ケチャップの赤い色が出るので、キャラ弁などに使えそうです。子どもが喜びそうですね。


以上、6種類の味付け実験では、「塩ひとつまみ」が最もたまごの味を引き立て、ベスト調味料となりました。料理や使う用途によって、いろんな味付けにチャレンジしてみてください!