食品雑貨食材は卵だけ!
実は深い「たまごだけ丼」の世界

朝食でもお馴染みのたまごかけご飯に、新しい波が来る予感……それが、「たまごだけ丼」です。材料は卵、調味料、ご飯のみといたってシンプルですが、それだけに卵の濃厚さや食感など深みがあり、追求すれば止まらない美味しさなんです!

節約中の給料日前でも贅沢に味わいたい、そんなあなたにぴったりな一品。そんなたまごだけ丼を、「とろ~り濃厚派」「ぷるるん食感派」「ふわふわメレンゲ派」の3種類にアレンジしたレシピを公開しちゃいます。

あなたの気になるたまごだけ丼は、どれですか?

食品雑貨とろ~り濃厚派なら
卵2個使いで〆に卵黄を落とす

まず最初にご紹介するのは、たまごを贅沢に2個使い、卵黄の濃厚さを堪能できる「とろ~り濃厚たまごだけ丼」です。

仕上げソース用の卵黄を1個分だけ残し、残りの全卵+卵白を具として調理します。

完成品がコチラ! 具は卵白が多めになりますが、全卵で作ったときと食感は変わりません。仕上げの濃厚な卵黄がとろりと美味しいたまごだけ丼です!

[作り方]

①全卵+卵白と卵黄にわける

たまごを割るとき、2個のうち1個分は卵白と卵黄に分けておきます。

丼なべに出汁、しょうゆ、酒、みりんを煮立たせ、全卵と分けた卵白を混ぜたものを回し入れます。

②ソース役の卵黄も蒸らす

たまごのふちが固まってきたら、軽くかき混ぜて火を止めます。

分けておいた卵黄を入れ、フタをして20秒ほど蒸らした後、ごはんの上に盛り付けます。

以上で完成です。ねっとりとした卵黄のコクと旨味がたまりません!

食品雑貨ぷるるん食感派は
混ぜずにそのままが合言葉

次に紹介するのは、あえてたまごを混ぜずにだし汁に落とした「ぷるるん食感たまごだけ丼」です。半熟卵好きにはたまりません!

こちらは卵黄も卵白も火を通しすぎず、とろっとした食感とぷるんとした食感を楽しめます。

たまご1個分なので、小腹がすいた時や夜食にちょうどいいサイズです。

[作り方]

①出汁にたまごを割り入れる

丼なべに、出汁、しょうゆ、酒、みりんを入れて煮立たせてから、たまごを静かに割り入れます。

さわったりして崩さないようにします。

②崩さないように蒸らす

丼なべにフタをし、たまごを蒸らします。

好みの固さになったところで、くずさないようにご飯の上に盛り付けて出来上がりです。あと一品欲しい時にもおすすめです。

食品雑貨ふわふわメレンゲ派は
泡立てが命です

卵白を泡立ててメレンゲを作り、ユニークな食感を楽しむ「ふわふわメレンゲのたまごだけ丼」です。大きく膨らませたパンケーキが好きな人はお試しあれ!

お菓子のようなふわふわの食感が新感覚です。火をかけている最中に、ムクムク膨らんでいく様子も楽しいですよ。

[作り方]

①卵白を泡立て、卵黄も混ぜる

ボウルに卵白を入れ、泡立て器でメレンゲ状になるまで泡立てます。

ふわふわになったら卵黄も入れ、卵黄が均一になるように混ぜます。

②出汁に入れてふくらませる

丼なべに出汁、しょうゆ、酒、みりんを入れて煮立たせます。

そこへ泡立てた卵をを流し入れ、ふわっとふくらんできたら、ご飯の上に盛り付けます。ふわふわ食感がしぼんでしまわないよう、食べる直前に作ってくださいね。

以上、卵のコクや旨味を堪能できる「たまごだけ丼」レシピのご紹介でした。帰宅後でもサッと作れるので、冷蔵庫に卵があったらぜひチャレンジしてみてください!