家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら 高音質のヘッドホンおすすめ イメージ

今回は「家電批評2023年ベストバイ」の「年間ベスト・オブ・5つ星家電」に選ばれた、『家電批評』でテストしてきた中で最高音質のヘッドホン、シュア(SHURE)「AONIC 50(第2世代)」です。

家電おすすめシュア「AONIC 50(第2世代) GEN 2」

  • シュアAONIC 50 GEN 2
  • 実勢価格: ¥49,500検証時価格: ¥55,000

『家電批評』史上最高音質ヘッドホン、爆誕!

シュア(SHURE)「AONIC 50(第2世代) GEN 2」は、とにかく音質の素晴らしさを激推しできるヘッドホンです。

毎年各メーカーから発売されるヘッドホンを何十本もテストしてきた『家電批評』ですが、ここまでの音質評価を叩き出す製品があらわれるとは、驚きのひと言。

低音〜高音のバランス、また伸びがよく、解像度の高さにも感動します。米津玄師の『感電』を聴いてテストしたところ、イントロの音数が多いパートも、一音一音をしっかり再現しました。

ノイズキャンセリングや外音取り込みはまだまだ改良の余地がありますが、それを補って余りある音質性能です。2023年にテストしたなかで、1番おすすめのワイヤレスヘッドホンです!

おすすめポイント
  1. 『家電批評』史上最強の音質
  2. 通話性能が高い
がっかりポイント
  1. ノイキャン、外音取り込みはいまいち
付属品
プレミアムジッパー付きキャリングケース、着脱式充電 / 再生/ 通信用USB-C - USB-Aケーブルケーブル、3.5mm アナログオーディオケーブル
Bluetooth規格
Bluetooth 5.0
接続方式
無線、有線
型番
SBH50G2-BK-J
『家電批評』史上最高音質ヘッドホン、爆誕! 高音質のヘッドホンおすすめ イメージ

この解像度を体感してほしい!

原田裕弘 氏
東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏 のコメント

前機種と比べてボーカルが立った鳴り方の印象。

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

オールジャンル聴かせるその懐の広さ!

オールジャンル聴かせるその懐の広さ! 高音質のヘッドホンおすすめ イメージ

Bluetooth接続時と音づくりは変わりませんが、USB接続ではハイレゾで再生が可能です。それにより、解像度はより鮮明になり、録音環境の悪い楽曲はそのアラが目立ってしまうほど。

オールジャンル聴かせるその懐の広さ! 高音質のヘッドホンおすすめ イメージ2

前機種と比べて中低域の解像度が向上しており、全体的にヌケがよくなりました。シュア(SHURE)のヘッドホンとしては3年ぶりとなる製品ですが、プロの評価で本誌史上最高の音質評価を得ました。

どの音域もしっかり出ており、「解像度はまるで顕微鏡のよう」とプロから評されました。聞き慣れた楽曲でも新しい音が見つかるレベルです。オールジャンル聴かせるタイプで、低音から高音までのバランスと伸びが非常に優秀。

ゴン川野 氏
オーディオライター
ゴン川野 氏 のコメント

有線接続だと低域の解像度がさらに高くなっていました。

通話のテストでも高評価!

通話のテストでも高評価! 高音質のヘッドホンおすすめ イメージ

通話のテストでは声がとにかく自然に聞こえました。低音側の厚みもあります。ただし、騒音はそのまま拾ってしまうという一面も。ノイズキャンセリングと外音取り込み性能は平均的という結果になりました。

折原一也 氏
オーディオ&ビジュアルライター
折原一也 氏 のコメント

ノイキャンはカフェ等の騒音なら効果的ですが、電車や室外ではあまりでした。

以上、「家電批評2023年ベストバイ」の「年間ベスト・オブ・5つ星家電」に選ばれた、『家電批評』のテスト史上で最高音質のヘッドホン、シュア(SHURE)「AONIC 50(第2世代) GEN 2」​の紹介でした。

とにかく、音質が良いヘッドホンをお探しの方におすすめです。音楽や動画鑑賞のお供に、ぜひ使ってみて欲しい逸品です。

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめヘッドホンの売れ筋ランキングもチェック!

ヘッドホンのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。