アウトドアなんで今ソロ&デイキャンプがいいのか?

なんで今ソロ&デイキャンプがいいのか?

日頃のストレスを発散するのもままならないご時世のなか、人気が高まっている「ソロ&デイキャンプ」。そのいちばんの魅力は、モノが最低限で済み、お手頃な価格で道具一式を揃えられることです。

また、それらをバッグひとつにまとめてしまえば、車がなくてもふらっと気軽にキャンプに行けて、準備も片付けもラクにできます。

理由1:安く始められる

理由1:安く始められる

デイキャンプで必要なアイテムは、ざっくりまとめると、以下になります。

  • 住環境(タープ、ポール、テーブルなど)   :約1万5928円
  • 食事(クッカー、バーナー、クーラバッグなど):約1万9432円
  • くつろぎ(チェア、焚き火グッズなど)    :約1万3459円
  • 便利グッズ(おしぼり、ヘッドライト、救急セットなど):約5495円

上記をすべて収納するバッグも合わせて、総額6万1994円で必要なものがそろいます!

今回は、最低限必要なアイテムの中で安くてコンパクトにしまえるものを識者と一緒に厳選しました。

理由2:バッグひとつに全部入る

理由2:バッグひとつに全部入る

今回ご紹介するキャンプグッズは、すべてキャリーバッグひとつに入ります。焚火台やテーブル、チェアなどの大物から、ヘッドライトやおしぼり、ゴミ袋にいたるまでコンパクトに収まるので、より気軽にキャンプに行けます。

さらにタープやポールなどもコンパクトなタイプのものを選べば、このバッグに入れることも可能。

理由3:片付けに困らない

理由3:片付けに困らない

コンパクトなキャンプ道具は、帰ってからも収納場所を取りません。実際にキャンプから帰宅したあとは、キャリーバッグのまま自宅の棚や収納スペースに入れるだけでした。荷物を整理しなおす必要がなくてラクチン。またすぐキャンプに行けます。

そんな魅力的なソロ&デイキャンプを皆様におすすめすべく、過去に雑誌『MONOQLO』やキャンプムックに掲載した製品や、新たに検証してわかったベストバイなど、手軽でコンパクトなキャンプグッズを紹介します。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

実際に検証して初心者におすすめな物を探しました!

▼ソロ&デイキャンプのおすすめグッズの記事はこちら

アウトドア野外で最高のコーヒが味わえるグッズ4選

野外で最高のコーヒが味わえるグッズ4選

大自然の中で飲むコーヒーは格別。豆から挽いて、丁寧にドリップしたものならなおさらです。そこで用意したいのが、「ケトル」「ドリッパー」「ペーパーフィルター」「ミル」の4つ。今回ご紹介するものは、いずれも軽量でコンパクトサイズです。

車を使わないソロキャンプでは荷物に限りがありますが、ちょっとした遊び心はキャンプの楽しみをぐっと広げてくれるスパイス。それでは紹介していきます。

アウトドア手軽に挽けるミニサイズ 川崎合成樹脂「MILLU」

手軽に挽けるミニサイズ 川崎合成樹脂「MILLU」
王冠アイコン

川崎合成樹脂
MILLU
セラミックステンレス コーヒーミル【磨】
実勢価格:3036円

サイズ:φ47×H135mm(本体)・W27×D113×H35mm(ハンドル)
重量:約220g

まず1点目は、川崎合成樹脂「MILLU セラミックステンレス コーヒーミル【磨】」です。雑誌『家電批評』の2021年6月号でベストバイとなったこちらは、コンパクトサイズなのにハンドルが回しやすく、挽き目も均一に仕上がります。

また、お手頃価格なのも優秀。アウトドアでも手軽に本格コーヒーが味わえます。

パーツは細かく分解可能

パーツは細かく分解可能

セラミックの刃は取り外し可能。水洗いしても錆びにくいのでお手入れも簡単です。

アウトドアぺしゃんこにたためる! SEA TO SUMMIT「X-ポットケトル」

ぺしゃんこにたためる! SEA TO SUMMIT「X-ポットケトル」

SEA TO SUMMIT
X-ポットケトル1.3L
実勢価格:5390円

サイズ・重量:W15.2xD15.2xH8.9cm・186g
容量:1.3L

かさばるケトルは荷物が増えて困りますよね。そこでおすすめなのが、SEA TO SUMMIT「X-ポットケトル1.3L」。高さ35mmまでコンパクトに折りたため、持ち運びも楽です。

容量も十分で、1L程度のお湯を沸かすことが可能。口が広いので、パスタを茹でるときなど調理にも重宝します。

アウトドア抽出中も冷めにくい キャンドゥ「コーヒードリッパー」

抽出中も冷めにくい キャンドゥ「コーヒードリッパー」
抽出中も冷めにくい キャンドゥ「コーヒードリッパー」

キャンドゥ
シリコーンコーヒードリッパー
実勢価格:330円

サイズ:W113×H73×D115mm
材質:シリコンゴム
耐熱温度:230度

抽出中も冷めにくい キャンドゥ「コーヒードリッパー」

コーヒードリッパーはワイヤータイプも人気ですが、今回のおすすめはキャンドゥ「シリコーンコーヒードリッパー」です。壊れにくく、外気に触れる面積が少ないため、淹れている間にコーヒーが冷めにくいのがポイント。もちろんコンパクトに折りたためて、すっきり収納できます。

アウトドア台形タイプのコーヒーフィルター カリタ「102ロシ」

台形タイプのコーヒーフィルター カリタ「102ロシ」

カリタ
102ロシ ブラウン
実勢価格:127円

枚数:40枚

コーヒーフィルターはドリッパーの形状に合ったものを用意しましょう。カリタ「102ロシ ブラウン」は、台形型のペーパーフィルター。上記の「シリコーンコーヒードリッパー」にも使えます。

以上、ソロ&デイキャンプを盛り上げるコーヒー関連グッズ4選でした。キャンプだからこそ、豆から挽いた本格的なコーヒーを楽しみたいもの。野外で入れる一杯はどハマり間違いなしですよ。

アウトドアキャンプグッズの売れ筋ランキングもチェック!

キャンプグッズのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。