AV機器新発見!暮らしに便利な興奮のデジタル家電って?

エンタメから仕事や家事まで、暮らしに欠かせない存在となっているデジタル機器や家電。スマートスピーカーやスマホと連動したフライパン、骨電動イヤホンなど日々の生活をより便利に豊かにしてくれる製品が続々と登場しています。

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』は、最新のデジタル機器や家電を徹底検証。私たちの毎日にゆとりと楽しみをもたらす「暮らしの助っ人アイテム」を探しました。

今回は、防水、Bluetooth、Wi-Fiに対応した「スマートスピーカー」を紹介します。

AV機器"全部入り"でどんなシーンも対応!SONOS「Sonos Roam」

SONOS
Sonos Roam
実勢価格:2万3800円

サイズ:W62×H168×D60mm
重量:430g
通信:Bluetooth 5.0、IEEE802.11a/b/g/n/ac
バッテリー:18Wh
連続再生:最長10時間
充電端子:USB-C
防塵・防水:IP67
付属品:USB A-C充電ケーブル(1.2m)

SONOS「Sonos Roam」は、ネットワークオーディオのトップメーカーである「SONOS」が2021年9月に国内販売を開始したポータブルスピーカーです。

ポータブルスピーカー製品には、外でも使えるアウトドア用や他機器と連携できるネットワークスピーカーなど、いくつかの方向性がありますが、「Sonos Roam」はそのすべてを網羅。防水モバイルスピーカーとしてアウトドアでも使え、自宅ではWi-Fiに接続してさまざまな機器と連携、さらにスマートスピーカーとして音声で操作もできます。

現時点で主要なスピーカー機能が全て詰まった本製品ですが、小型ながら音質も思った以上に優秀。用途ごとにスピーカーを使い分ける必要がなく、これ1台ですべてまかなえます。

特徴1:防水ポータブルBluetoothスピーカー

手軽に持ち歩けて、スマホや再生機器と簡単に接続できます。IP67の防塵・防水性能なので外でも水場でも大丈夫です。

特徴2:ネットラジオも聴けるWi-Fiスピーカー

Wi-Fiにも接続できるので、AirPlayで家庭内のさまざまな機器と連携できます。世界各国のネットラジオやSonosのオリジナル局も聴けます。

特徴3:「Alexa」が使えるスマートスピーカー

「Amazon Alexa」や「Googleアシスタント」も使えるので、音声でタイマーの利用やニュースの確認のほか、スマート家電の操作もできます。

AV機器ポイント1:ワイヤレス充電もできる

SONOS
Sonos Roam
Wireless Charger
実勢価格:6480円

別売りですが、マグネットで本体の底面にピッタリくっつくワイヤレス充電器、SONOS「Sonos Roam Wireless Charger」も用意されています。

乗せるだけで充電できるので非常に手軽です。

AV機器ポイント2:専用アプリで設定や音楽再生が可能

Sonos, Inc.
Sonos
実勢価格:無料

Sonos Roamの設定や管理は、専用アプリで行います。製品の電源を入れてアプリを起動すればスピーカーが自動で検出され、初期設定も製品背面のNFCにスマホをかざすだけと非常に手軽です。

プレイヤーアプリというよりは、SONOS製品をまとめて管理するためのアプリで、音楽配信サービスや音声アシスタントなども、このアプリ上で追加して利用する方式です。

初期設定もNFCで超カンタン

手順がすべて画面に表示されるので、指示に従って初期設定を行います。機器の登録もNFCにスマホをかざすだけと手軽です。

音楽サービスや音声アシスタントは設定で追加可能

利用したい音楽サービスやAIアシスタントは、設定画面の「サービス&音声」から使いたいものを選んで追加します。追加した音楽配信サービスはミュージック画面に一覧表示されるので、手軽に再生を開始できます。

Amazon Alexaの利用はAlexaアプリに機器の追加が必要

Alexaを利用する場合、音声アシスタントに「Amazon Alexa」を追加します。追加途中でAlexaアプリが開くので、デバイス欄の「+」から「Sonos Roam」を追加しておきます。

Wi-Fiスピーカーなので海外ラジオも聴ける

ネットラジオが聴けるのは、Wi-Fiスピーカーの醍醐味のひとつです。ミュージック画面には最初から「SONOS Radio」が追加されていて、設定完了後にすぐネットラジオを聴くことができます。音楽ジャンルごとに世界中の放送局が登録されていて、SONOSのオリジナル放送局も用意されています。

AV機器ポイント3:これだけできて音質も十分良い

▼音質のテスト結果

  • 高音域:18点(15点)/20点
  • 中音域:17点(15点)/20点
  • 低音域:17点(15点)/20点
  • 解像度:17点(14点)/20点
  • 迫力:16点(17点)/20点
  • 総合評価:85点(76点)/100点満点

※カッコ内の得点は「TruePlay」機能をオンにした際の評価

中低域寄りのバランスで、量感もあります。音色はウォームですが、解像度はそれほど高くない印象です。

ゴン川野 氏
オーディオライター
ゴン川野 氏 のコメント

低音の量感があり、中低域寄りのバランスです。

TruePlayはON/OFFでかなり音が変わる

「TruePlay」は反射音をマイクで聴き取り、環境に合わせてつねに音を自動チューニングするユニークな機能。

今回の環境ではオンにすると音がこもってしまい、高音のヌケが悪くなったため得点が下がってしまいました。環境によってはオフのほうが高音質のことも。機能のオン/オフで音がかなり変わるので、聴き比べて決めるといいでしょう。

以上、おすすめのポータブルスピーカー、SONOS「Sonos Roam」の紹介でした。

用途ごとにスピーカーを使い分ける必要がなく、一台ですべてまかなえちゃう本製品。気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。便利な助っ人アイテムを導入して、快適な暮らしを最強化しちゃいましょう!

AV機器ポータブルスピーカーの売れ筋ランキングもチェック!

ポータブルスピーカーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。