アウトドア「新生活様式」にピッタリな3年ぶんのベストバイを大発表!

このコロナ禍で「新生活様式」になったことで感染対策グッズやテレワーク用品など、今までは注目度がそれほど高くなかった製品にも注目が集まっています。そんななか、テストするモノ批評誌『MONOQLO』では常に読者の皆さんの生活が良くなるような製品を探して紹介し続けてきました。

そこで、今の暮らしをもっと楽しむために、この約3年間で見つけた「新生活様式」にピッタリなベストバイを大発表します。

アウトドア激流行り中のキャンプを最高に楽しめるアイテムは?

いわゆる「三密」を避けたレジャーとしてここ数年、市場も人口も急拡大中のキャンプ。そこで雑誌『MONOQLO』が、長年のテストで見つけた殿堂入りのキャンプ用品を紹介します。

今回は、クーラーボックスシュラフのベストバイです。

アウトドア大容量で保冷性能が高い! 
ロゴス
「ハイパー氷点下クーラーL」

王冠アイコン

ロゴス
ハイパー氷点下クーラーL
実勢価格:1万1000円

まずは、クーラーボックスのベストバイです。ロゴス「ハイパー氷点下クーラーL」は『MONOQLO』2020年8月号でテストした結果、ベストバイを獲得した製品。

その保冷性能と折りたためる収納性の高さから、『MONOQLO』が長年推すソフトクーラーです。アウトドアでは手放せません。

アウトドア殿堂入りの理由:使いやすさと大容量が両立

容量はもちろん、両サイドが蛇腹で使わないときは小さくたためて邪魔になりません。

アウトドア軽いのに丈夫で超快適! コールマン
「コージーⅡ/C5」

王冠アイコン

コールマン
コージーⅡ/C5
実勢価格:4673円

次はシュラフのベストバイ。コールマン「コージーⅡ/C5」です。『MONOQLO』2021年6月号で5製品を比較した結果、ベストバイになった製品。シュラフ内での動きやすさが段違いによく、片付けやすさも魅力です。

アウトドア殿堂入りの理由:細かな工夫が便利すぎる

収納時用の留め具や肩口のポケットなど、使い勝手の面でも抜かりなしでした。

以上、クーラーボックスとシュラフのベストバイの紹介でした。

雑誌『MONOQLO』がガチテストして見つけたキャンプアイテムは、絶対に外さないものばかり。気になったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

アウトドアクーラーボックスの売れ筋ランキングもチェック!

クーラーボックスのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。