パソコン

PCのCPU交換に欠かせないCPUグリス

CPUグリスとは、PCの心臓部にあたるCPUと冷却クーラーを繋ぐためのものです。CPUは専用のクーラーで冷やさなければその性能をフルに発揮できません。そこで、より冷却効率を高めるCPUグリスが欠かせないのです。CPUグリスにもシリコングリスやシルバーグリス、ダイヤモンドグリスなどさまざまなものがありますので、CPUの性能に合わせて適切なものを選択することが重要です。

CPUグリスはある程度の時間が経過すると劣化して性能が落ちてしまいます。そのため、定期的な塗り直しも欠かせません。

パソコンCPUグリスの選び方

CPUグリスには多くの種類があるため、どのように選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、ここではまずCPUグリスの基本的な選び方をご紹介します。

熱伝導率で選ぶ

CPUグリスの性能を表すのが熱伝導率です。「〇〇W/m・K」といった形で表示されており、1秒間に移動できる熱の量を表しています。この数値が大きいほどに熱伝導率が高く、冷却効率も良くなります。特に高性能なCPUを使用する場合、発熱量も大きくなりますのでより熱伝導率の高いタイプのCPUグリスを選ぶ必要があります。

絶縁性で選ぶ

CPUグリスには導電性のあるものと絶縁性があるものがあります。熱伝導率、つまりCPUグリスの性能に影響するポイントではありませんが、導電性のあるグリスの場合だとはみ出してしまったりマザーボードに付着するとショートしてしまったりする恐れがあります。そのため、CPUグリスの取り扱いに慣れていない方は絶縁タイプのものをおすすめします。

塗りやすさで選ぶ

塗りやすさもCPU選びの重要なポイントのひとつです。グリスによってかたさや伸び方などは異なっています。あまりCPUグリスの扱いに慣れていない方の場合、かたすぎるものや十分に伸びないものを選ぶとCPU全体に行き渡るように塗ることができません。逆に柔らかすぎるものを選んでしまうとCPUやクーラーからはみ出してしまう可能性があるため注意が必要です。

パソコンCPUグリスのおすすめメーカー(ブランド)

CPUグリスを販売しているメーカーにもさまざまなものがあります。それぞれのメーカーで異なった特徴を持っていますので、ここでは代表的なメーカーをピックアップしてご紹介します。

Thermalright

熱伝導率が高いハイエンド系のCPUグリスを販売しているメーカーです。高性能で発熱量の多いCPUを使用している方におすすめです。このメーカーの定番となっているのはTF8という製品で、こちらは13.8W/m・Kという非常に高い熱伝導率を実現しています。その他にもさまざまなCPUグリスをラインナップしています。

Thermal Grizzly

クマのマークが特徴的なブランドです。こちらもハイエンド系のCPUグリスを中心としたメーカーとなっており、高性能CPUでオーバクロックする際などにも対応できるグリスがラインナップされています。空冷のみでなく水冷システムにも対応するタイプのグリスが用意されているという点もポイントです。

ARCTIC

初心者から上級者まで幅広い層の方に愛用されている定番CPUグリスであるMX-4を販売しているメーカーです。熱伝導率が高いのみでなく低粘度で塗りやすいCPUとして多くの方に支持されています。また、一度塗るだけで最大で8年間も性能を維持できるといった点もポイントで、頻繁にメンテナンスをしたくないという方にもぴったりです。

パソコンCPUグリスのおすすめ人気ランキング10選

ここからは具体的におすすめのCPUグリスをランキング形式でご紹介します。

Amazonなど各ECサイトの売れ筋ランキングをもとに編集部独自に順位付けをしました。それぞれの特徴をチェックして比較してみてください。

【1位】親和産業 Thermal Grizzly

親和産業
Thermal Grizzly

実勢価格:770円
商品の寸法:幅×高さ64x64x19.3cm
ワット数:8.5W
商品の重量:1g

高い熱伝導率を持ちながら、金属粒子の含有率を抑えることによってCPUやクーラーの表面に小さな傷などがつきにくくなっているCPUグリスです。耐熱温度も高いので高性能CPUにも対応できます。また、粘度もそれほど高いというわけではありませんのでとても塗りやすいという点もポイントです。CPUグリスとしては定番のひとつとなっていますので、どれを買えばいいのかわからないという方にもおすすめです。

【2位】ARCTIC MX-4

Nkomax
ARCTIC MX-4 

実勢価格:1180円
商品の寸法:幅×高さ15x79x187mm
ワット数:8.5W
商品の重量:‎4g

エントリーユーザーからハイエンドユーザーまで幅広い層の方に指示されている定番のCPUグリスです。複合メタルを採用することによって熱伝導率がとても高く、安定した性能を発揮できます。4gで実売価格1200円前後という価格帯なので、複数のPCを使用していたり、頻繁にCPUの交換やグレードアップを行っているという方にもぴったりなアイテムといえるでしょう。性能、コストのバランスにとても優れたCPUグリスです。

【3位】OC Master SMZ-01R

親和
OC Master SMZ-01R

実勢価格:1083円
商品の重量:10g

プロオーバークロッカーとして、大会やYouTubeなどでも活躍している清水貴裕氏とコラボレーションしたCPUグリスです。熱伝導率が非常に高いので、より発熱量が多くなるオーバークロック時はもちろんのこと、ハイエンドCPUを使用しているという方にもおすすめです。10gの大容量タイプもラインナップされていますので、使用頻度が高い方や、Ryzenスレッドリッパーのような大型CPUなどへの使用にもぴったりです。

【4位】AINEX シルバーグリス [AS-05]

AINEX
シルバーグリス [AS-05]
 
実勢価格:3278円
商品の重量:9.07g

ナノサイズの微粒子を高密度で配合することによって熱伝導率を高めたハイエンドタイプのグリスです。スタンダードなグリスと比較するとCPU全負荷時には-3〜-12℃ほど温度を下げるというデータも出ています。シリコンオイルではなく特殊オイルを使用することによって長期間硬化しないので保存したいという方にもおすすめです。非伝導性でショートなどのリスクも低いことからハイエンドユーザーのみでなく初心者の方にも安心です。

【5位】AINEX ナノダイヤモンドグリス JP-DX1

AINEX
ナノダイヤモンドグリス JP-DX1 

実勢価格:1200円
商品の重量:28g

ナノダイヤモンドを配合することによって、より高い性能を実現したCPUグリスです。熱伝導率が高いだけではなく、化学的安定性や非腐食性、抗酸化性、不燃性、不揮発性などCPUの性能を十分に引き出すために必要な特性を持っています。非導電性のグリスなので、万が一はみ出してしまったり、マザーボードに付着したりしてもショートなどを引き起こすリスクが少ないので初心者の方にもおすすめ。長期保存が可能で硬化しにくいので使用頻度が低い方も安心です。

【6位】Corsair TM30

CORSAIR
TM30 

実勢価格:871円
商品の寸法:幅×高さ13x25x115mm
商品の重量:4.54g

PCパーツや周辺機器メーカーとしても知られるコルセアのCPUクーラーです。粘度が低いので塗りやすく、ショートなどのリスクを軽減してくれる非伝導性となっているため初心者の方でも安心です。さらに、CPUやクーラーの表面にある微細な傷などを埋める効果もあるため、CPUとクーラーの接続面積が広くなり、熱伝導効率をより高めることができます。乾燥にも強く、長期的に安定した性能を発揮してくれます。頻繁にPCのメンテナンスしたくないという方にもおすすめです。

【7位】Drado HZ-01

Drado
HZ-01

実勢価格:799円
商品の重量:10g

熱伝導率6.5W/m・KのスタンダードなCPUグリスです。十分な冷却性能によってCPUを冷却し、性能を引き出します。耐熱温度は-50℃から350℃となっており、5年間ほどは硬化しないため安定性が高いという点もポイントです。ヘラやグリス引き取り用のウェットシートなども付属しており、初心者の方にも扱いやすいグリスとなっています。包装は再封可能なので開封後の長期保存も可能です。

【8位】Thermalright TF8

Thermalright
TF8 

実勢価格:1073円
商品の寸法:幅×高さ‎17.8x2.5x12.7cm
商品の重量:10g

発熱量の非常に多い高性能CPUや、オーバークロックにも対応するハイエンドタイプのCPUグリスです。近年の高性能CPUは処理速度が非常に高い一方、消費電力・発熱量が高いものも増えています。どんなに高性能なCPUであっても冷却できなければその力を発揮できません。こちらのグリスは発熱量の多いCPUにも対応できるように設計されているので、より高い冷却能力が必要なシステムにおすすめです。

【9位】Novonest PH-5

Novonest
PH-5

実勢価格:980円
商品の重量:40g

ナノサイズの粒子を配合することによって、高い熱伝導性能を実現したハイエンドタイプのCPUグリスです。ペーストには微粒子化されたアルミニウムなどが含まれており、わずかな凹凸にも入り込んで埋めることによってより高い冷却性能を発揮できます。高温状態が続いても乾燥が進まないので、長期間にわたって安定した特性を維持できるという点もポイント。ハイエンドCPUを効率的に冷却したい方へおすすめのグリスです。

【10位】ZALMAN ZM-STC8

ZALMAN
ZM-STC8 

実勢価格:500円
商品の寸法:幅×高さ19x12x66mm
商品の重量:2.83g

パソコンCPUグリスの売れ筋ランキングもチェック!

CPUグリスのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

パソコンおわりに

CPUやクーラーの性能がどんなに高くても、CPUグリスが適切なものでなければその実力を十分に発揮することはできません。CPUやクーラーを購入するとグリスが付属しているケースも多いですが、より性能の高いものを選ぶことでさらにCPUやクーラーが本来の力を発揮できるようになります。今回ご紹介しました選び方やランキングを参考にして自分に合ったものを選んでみてください。