アウトドア大切なロッド、あなたはどう運んでいますか?

「せっかくの釣りなのに、運んでいる途中でロッドを折ってしまった……」こんな話をよく聞きます。ロッドは無理な力や衝撃に弱く、とくにティップ(穂先)は折れやすいので、運ぶ際は十分な注意が必要です。

中には車の後部に、ロッドを裸の状態で積む人がいますが、車の揺れでロッドに無理な力がかかり、ポキッと行ってしまうことも。

そこで今回はロッドを守るための「ロッドケース」を紹介します。

アウトドアロッドケースには3つのタイプがある

一口にロッドケースと言ってもさまざまなタイプがあり、大きく3種類に分けられます。

1:ソフトタイプ

ポリエステルや布を素材としたロッドケースです。軽くて持ち運びに便利な反面、若干衝撃には弱いという側面があります。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

ソフトタイプは比較的安価で手に入ります。また使わないときは折り畳んでおけるというメリットも。保護性は次に紹介するセミハードタイプに劣りますが、ソフトタイプの中にはクッション材を入れたものなどがありますので、選ぶ際にチェックしてみましょう。

2:セミハードタイプ

硬い布やポリエステルを素材とし、生地の中にプラスチック板などを入れたタイプです。型くずれしにくく、ソフトタイプに比べて衝撃に強いというメリットがあります。ただし重量が若干重くなる点と折りたためないというのがデメリットです。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

ロッドの扱いに慣れていない初心者の方なら、セミハードタイプを選ぶと良いでしょう。保護性はハードタイプに劣りますが、上に荷物を載せたりしなければ、セミハードタイプで十分にロッドを保護することができます。なお下に紹介するテイップカバーを併用すれば、さらに安心です。

シマノ(SHIMANO) 
ロッドトップガード 
実勢価格:1320円

3:ハードタイプ

CHONMAGE FISHING
ハードシェルロッドケース マルチ
実勢価格:5900円

アルミなどの金属やABS樹脂などの強化プラスチックなどを素材としたロッドケースです。衝撃にはかなり強く、しっかりとロッドを守ってくれます。また防水性能にも優れていて、ケースが濡れても困りません。

ハードタイプは保護力は抜群ですが、価格がやや高めで、重量が他のタイプに比べて重いというデメリットがあります。ハードタイプは安心してロッドを運べるため、飛行機で遠征する人などにとくにおすすめです。

保護性を考えたらハードタイプを選ぶのが一番ですが、初心者なら、ソフトタイプ、セミハードで十分なので、今回はその2種類を紹介します。

アウトドア今回の第1位商品は?

ロッドケースのタイプを紹介したところで、早速ですが今回のランキング第1位を紹介します!

ソフトタイプ第1位商品

シマノ(SHIMANO) 
ライトロッドケース リールイン 135cm/165cm BR-041T
実勢価格:3461円(135cm)

ソフトタイプの第1位はシマノの「ライトロッドケース」。リールを入れて持ち運べる上、先端を折り曲げることでケースの長さを20cm範囲内で調整できるスグレモノです。

セミハードタイプ第1位商品

ダイワ(DAIWA)
SL ロッドケース (A)
実勢価格:2511円(85S・ブラック)/3520円(140S‧ブラック)他

セミハードケースの第1位はダイワの「SLロッドケース」でした。サイズが60S(63cm)、85S(88cm)、110S(113cm)、125S(128cm)、155S(158cm)、170S(173cm)、220 S-ML(143~223cm)と幅広く、自分のロッドに合ったサイズを見つけることができます。(写真は85Sです)

アウトドア購入前に収納可能なロッドの長さをチェックしよう

「通販でロッドケースを買ったけど、ロッドが全部収まりきらずハミ出してしまった……」ロッドケースにまつわる「あるある」ですが、購入前にはロッドがしっかりと収納できるかどうか、ケースとロッドの長さのチェックが必須となります。

そこで必ずチェックしたいのが「仕舞寸法」です。

仕舞寸法とは、上の写真のような振出しロッドの場合は「一番小さくたたんだとき」の寸法のこと

上の写真のような並継ぎロッドの場合は「分割したときの一番長い節の長さ」のことです。

ロッドケースの商品説明には「仕舞寸法100cmまで」といったように収納できる長さが記載されていることがほとんどなので、ロッドの長さと比べて購入を検討しましょう。仕舞寸法が書かれていない場合は「内寸」が収納サイズの目安となります。

なおケースの「外寸」で合わせた場合、ロッドが入りきらない可能性があるので注意が必要です。

アウトドア長さの異なるロッドを収納する場合「伸縮型」がおすすめ!

ロッドは釣りの種類によって長さが異なります。

たとえばシーバスロッドの場合は仕舞寸法が長かったり、逆にアジングロッドの場合、仕舞寸法が短かったりといった感じで、さまざまな釣りをする人は、いちいちロッドに合わせたケースを買わなければなりません。そんな方におすすめなのが伸縮式のケースです。

アウトドア収納可能なロッドの本数もチェック!

あなたは釣り場にロッドを何本持参しますか? 「僕は1~2本で十分」という人もいれば。「状況に応じて使い分けるので4~5本以上持参する」という人もいるでしょう。

ロッドケース購入時には「収納可能な本数」を商品情報やメーカーHPで確認する必要があります

1~2本なら、それほど収納力は必要ありませんし、大きめのケースではブカブカして中で動くため、かえってロッドを傷つける場合も。逆に数本持参する人なら、キツキツにならないよう、収納本数が多めのケースを購入する必要があります。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

ケースに無理にロッドを詰め込むのはお勧めできません。傷が付いたり折れたりする恐れがあります。収納可能本数を確認の上、余裕を持って選ぶようにしましょう。

アウトドア機能面で忘れてはいけないのが「固定力」

振動などでロッドがケース内で動いてしまうと破損の心配があります。その点内側に固定ベルトが付いているタイプなら、しっかりとロッドを固定できて安心です。

アウトドアロッドケースの形状にも注目!

ロッドケースを選ぶ際は、素材以外に形状にも注目する必要があります。どんなタイプがあるのか、実際に紹介していきましょう。

ロッドケースの中には、リールインタイプといってリールを装着したまま収納できる物があります。ソフトケースに多い形ですが、これならリールを着脱する必要がなく、釣り場に着いてすぐに釣りをすることができます。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

移動しながら釣りをする「ランガンスタイル」なら、こうしたリールインタイプがおすすめです。いちいちリールを外す必要がないので、ポイントを見つけたときに機敏に行動ができます。

他にも複数のロッドが収納できる「大容量タイプ」や、小物を収納するポケット付きのもの、軽量性重視の1本収納用のタイプなど、ケースの形状もさまざまです。ご自身の用途に合ったケースを探してみましょう。

アウトドア今回の採点基準は?

今回は、ソフトタイプとセミハードタイプのロッドケース10製品を比較。以下の5項目で検証・採点を行い、タイプ別にランキング化しました。

検証1:作り[配点25点]

しっかりした素材を使っているか。縫製はどうか。さらにジッパーの品質やロッドの収納のしやすさなどをチェックしました。

検証2:保護力[配点25点]

クッション材、もしくはハードボードなど保護材を入れているか。ロッドを固定するベルトが付いているか、など保護性能をチェックしました。

検証3:収納力[配点20点]

ロッドを収納しやすいか。収納できる本数はどれぐらいか。ロッド以外の収納ポケットあるか、といったポイントをチェックしました。

検証4:サイズ対応力[配点20点]

長さのサイズバリエーションは豊富かどうかをチェックしました。またケースの長さを変えられる伸縮型の場合は、どのくらいの伸縮幅があるかをチェック。

検証5:コスパ[配点10点]

検証1〜4のポイントをチェックした上で、性能・品質と価格との釣り合いはどうか。今回、監修を依頼した釣り歴30年のベテランテスター山口剛氏とスタッフで協議の上、採点を行いました。

それではランキングスタートです!

アウトドアソフトケースランキング5選

まずは、ソフトケース5製品のランキングからご覧ください。

第1位【ソフトタイプ1位】長さを微調整できて超便利「シマノ」

シマノ(SHIMANO) 
ライトロッドケース リールイン 135cm/165cm BR-041T
実勢価格:3461円(135cm)

サイズ:長さ135cm
サイズラインナップ:135、165cm
重量:400g
外寸(cm):奥行き 先端2、底部3×幅 ストレート部10、アール部21×長さ 115~135
素材/ポリエステル
竿収納目安:磯竿(1.5号調べ)リール付×1、予備竿×1

▼採点結果

  • 作り    :25/25点
  • 保護力   :24/25点
  • 収納力   :19/20点
  • サイズ対応力:20/20点
  • コスパ   :9/10点
  • 合計    :97/100点

ソフトタイプ第1位はシマノ「ライトロッドケース リールイン 135cm/165cm BR-041T」

リールをつけたまま収納することができます。

※画像はAmazonより

135、165cmと2つのサイズバリエーションになっていますが、それぞれ調節幅が20cmあり、ロッドの長さに合わせ微調整することができます。

ちなみにスタッフ所有、仕舞寸法105cmのツーピースロッドを入れてみたところ、ケース先端を折り曲げて面ファスナーで固定、ぴったり収納することができました。ただ若干先端部にダブつきが生じます。

写真では伝わりにくいですが、生地や縫製がかなりしっかりしており、生地と生地の間にクッション材が入っているため保護力も抜群です。内側には止め紐が付いていてしっかりとロッドを固定することができます。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

ロッドの長さに合わせてケースのサイズを自在に変えられるのは便利ですね。またリールインタイプなのも◎。ランガンスタイルで移動する釣りにおすすめです。使い勝手が考えられた良い商品だと思います。

第2位【ソフトタイプ2位】細部にこだわりが感じられる「ダイワ」

ダイワ(Daiwa)
ポータブルロッドケース 140R(B) ブラック 907378        
実勢価格:2599円

サイズ:約140×27cm
サイズラインナップ:130cm、140cm、160cm
参考重量:462g(編集部計測)
素材:ナイロン

▼採点結果

  • 作り    :24/25点
  • 保護力   :24/25点
  • 収納力   :19/20点
  • サイズ対応力:17/20点
  • コスパ   :10/10点
  • 合計    :94/100点

第2位はダイワ「ポータブルロッドケース140R(B)」。ラインアップは他に130P(B)=長さ130cm、160P(B)=長さ160cmがありますが、リールをセットした状態で収納可能なのは1位商品と同じです。

ただし、こちらは先端を折り曲げて使うことができないので、ロッドサイズに長さを細かく合わせることはできません。しっかりとロッドの長さを計って選ぶ必要があります。ただサイズは1位商品より1種類多く用意されています。収納可能ロッド本数(参考)は、振出竿2~3本と意外に収納力があります。

またインターラインワイヤーポケット、パッド付きショルダーベルトなど細かい部分の作りにこだわりが感じられます。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

生地は若干1位商品より硬い印象ですが、こちらもリールをつけたまま収納できるので便利だと思います。ただサイズの微調整ができないので、今回2位となりました。

第3位【ソフトタイプ3位】しっかりした生地や縫製の「シマノ」

シマノ(SHIMANO) 
ライトロッドケース 135cm/165cm/195cm 
実勢価格:2992円

全長:135cm
外寸:奥行き先端2、底部3×幅10cm、長さ 115~135cm
サイズラインナップ:135、165,195cm
重量:380g
素材/ポリエステル
収納目安:ルアーロッド1~2本、または振出竿2本

▼採点結果

  • 作り    :24/25点
  • 保護力   :22/25点
  • 収納力   :18/20点
  • サイズ対応力:20/20点
  • コスパ   :8/10点
  • 合計    :92/100点

第3位は1位商品と同じシマノの「ライトロッドケース 135cm/165cm/195cm」。こちらはリールを装着したままの収納はできませんが、その分重量は軽いです。

サイズは135、165、195cmと3種類。なおかつ1位商品と同じく、それぞれがトップを折り曲げて面ファスナーで留めることで、20cm以内の微調整が可能です。なおカラーは写真のカーキーダックカモ以外にブラックがあります。

1位商品と同じくクッション入りのしっかりとした布で作られています。ショルダーバンドもついていて、肩に掛けて持ち運ぶことができます。

ただし、開閉部がWジップではないのがちょっと残念。ダブルチャックならリールを装着したまま、リールをケースの外に出す形で収納ができますが、これはそうした収納には不向きです。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

1位商品と同じくしっかりした作りのソフトケースですね。リールを装着した状態では収納できないので、リールの取り付け・取り外しがやや面倒になります。長さの調節ができるのは非常に便利ですね。

【ソフトタイプ4位】軽量で携帯性に優れた「アブガルシア」

アブガルシア(Abu Garcia) 
ライトゲームロッドケース    
実勢価格:1485円(ブラック)

サイズ:長さ115cm×幅9cm(6.2-6.8ft 2pcs用)
最大仕舞寸法:110cm
参考重量:145g(編集部計測)
素材:表地600×600デニール ポリエステルオックスフォード
収納目安:ロッド1~2本

▼採点結果

  • 作り    :23/25点
  • 保護力   :22/25点
  • 収納力   :18/20点
  • サイズ対応力:16/20点
  • コスパ   :10/10点
  • 合計    :89/100点

第4位はアブガルシア「ABU ライトゲームロッドケース」。3位商品に似ていますが、こちらは生地が薄く、クッション性はほぼない感じです。

ただし編集部実測で145gと、3位商品の半分以下の重量で携帯性に優れています。なおトップ部分に保護材が入っていてティップを守ってくれるのは好感が持てます。ショルダーベルト付きのケースなのでランガン釣行にも向いたケースと言えます。    

※画像はAmazonより

またWジップ仕様で、リールをつけたまま持ち運びできるのも便利です。

裏面には防水性能の高いPVC加工を施しています。ジッパーはつまみやすく、開け閉めもラクにできます。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

先端には保護材入りで、ティップを保護してくれるのが良いですね。ただし完全保護ではないので、あまり過信しないように。またサイズが1種類なのが残念な点ですが、軽量で、移動しながらの釣りには便利でしょうね。コスパが良いのも魅力です。

【ソフトタイプ5位】内側が2つに分かれた「リアベント」

リアドベント
グランウォーカー リールイン ロッドケース 
実勢価格:2228円(Lサイズ)

サイズ:長さSサイズ/90cm、Mサイズ/120cm、Lサイズ/150cm、XL/180cm
参考重量:810g(Lサイズ・編集部計測)
素材:ナイロン・オックスフォード布製

▼採点結果

  • 作り    :20/25点
  • 保護力   :21/25点
  • 収納力   :20/20点
  • サイズ対応力:18/20点
  • コスパ   :8/10点
  • 合計    :87/100点

第5位はリアドベント「グランウォーカー ロッドケース」。通販サイトでも人気の商品です。

4種類のサイズが用意されているので、自分のロッドに合った長さを選ぶことができます。ただ商品情報に仕舞寸法が記載されていないので、若干余裕を持ってサイズを選んだ方がよいでしょう。

リールをセットしたまま収納できるリールインタイプ。内側は2気室に分かれているので、リールを付けたロッドを2セット収納することも可能です。さらに外側には2つの収納ポケットが付いていて、小物やコマセ用の柄杓入れ、投げ釣り用の三脚などを収納することができ便利です。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

810gと上位商品の倍以上の重さですが、その分収納力に勝る感じです。ルアー釣りでも使えますが、どちらかというと投げ釣りなど複数本ロッドを使う釣りに向いているのかもしれません。価格が安いこともありますが、素材や作りに関してはさすがに上位商品にはかなわず、それなりという感じです。

アウトドアセミハードケースランキング5選

続いては、セミハードケース5製品のランキングです。

第1位【セミハードタイプ1位】サイズが豊富な「SLロッドケース(A)」

ダイワ(DAIWA) 
SL ロッドケース (A)
実勢価格:2511円(85S・ブラック)/3520円(140S・ブラック)他

サイズ(外寸):約縦9×横8×88cm(85S)
サイズバリエーション(外寸):60S(63cm)、85S(88cm)、110S(113cm)、125S(128cm)、155S(158cm)、170S(173cm)、220 S-ML(143~223cm)
重量:約500g(85S)
収納竿目安/85Sの場合:仕舞寸法〜0.85mまでのロッドを1〜3本程
素材:ポリエステル

▼採点結果

  • 作り    :25/25点
  • 保護力   :24/25点
  • 収納力   :19/20点
  • サイズ対応力:19/20点
  • コスパ   :9/10点
  • 合計    :96/100点

セミハードケース第1位はダイワ「SL ロッドケース (A)」

7種類のサイズ展開で、中には長さ調節ができるタイプもあります(220 S-ML・143~223cm)。細かくサイズが分かれているので、ロッドの長さに合ったケースを選ぶことが可能。なお今回は85Sを取り寄せて検証しました。

ハンドルと肩掛けベルトが両方付いていて非常に便利。ショルダーベルトは長さの調整が可能で、フラット状にすれば、ハンドル使用時にもジャマになりません。

クッション付き内側素材を採用しています。またロッド固定ベルトが付いていてロッドをしっかり固定。ケース内での竿の移動による破損を抑えます。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

生地や縫製も抜群で、クッション材も入っている保護性能に優れたロッドケースだと思います。固定ベルトも太めでしっかりとロッドを固定してくれます。サイズが豊富にあるのも良いですね。

第2位【セミハードタイプ2位】長さ調節が可能で頑丈な「DRESS」

DRESS
アジャスタブル ロッドケース
実勢価格:6498円

サイズ:110~180cm(伸縮式)
最大仕舞寸法:175cm
重量:約1000g
素材:ポリエステル

▼採点結果

  • 作り    :24/25点
  • 保護力   :25/25点
  • 収納力   :19/20点
  • サイズ対応力:19/20点
  • コスパ   :8/10点
  • 合計    :95/100点

第2位はDRESS「アジャスタブル ロッドケース」。110~180cmの長さに調節できる伸縮式です。

持ち手はショルダーベルトのみなので使い勝手という点では1位商品に軍配が上がりました。

ケースは上のように2つのパーツに分かれていて、それぞれに付いている強力な面ファスナーで固定します。ケースには衝撃に強いハードボードを内蔵していて保護力は抜群です。ただその分、若干重量は重くなっています。

内側には固定ベルトを装備。しっかりとロッドを固定してくれます。収納可能本数の表示はありませんが、ルアーロッドなら2~3本が目安となります。

※画像はAmazonより

デザインの好みが分かれるところですが、カラーバリエーションは上の3種類です。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

伸縮式の便利なロッドケースです。最大で仕舞寸法175cmのロッドが収納できるので、さまざまな釣りに使えると思います。保護力は高いのですが、若干価格が高い点と重量が重い点、ショルダーベルトのみというところで2位となりました。

第3位【セミハードタイプ3位】さまざまな釣りで使える「アブガルシア」

アブガルシア(Abu Garcia)
セミハードロッドケース
実勢価格:2644円(
6'6"

サイズ:約長さ110cm×巾10cm×奥行き8cm(6'6"/110cm)
サイズバリエーション:55/110/125/140/155/170cm
仕舞寸法:105cmまで
参考重量:727g(6'6"・編集部計測)

▼採点結果

  • 作り    :24/25点
  • 保護力   :24/25点
  • 収納力   :19/20点
  • サイズ対応力:18/20点
  • コスパ   :9/10点
  • 合計    :94/100点

第3位はアブガルシア「セミハードロッドケース2」。スタッフも愛用しているケースです。サイズは55/110/125/140/155/170cmの6種類と豊富。1位商品と同じく細かく長さが分かれているので、自分のロッドに合ったサイズを見つけやすいと思います。

ロッドは3本が余裕で入ります。内側にはロッド固定ベルトや仕分けがあって、ロッドが接触しにくい工夫がなされています。ただし固定ベルトは1位商品より若干使いづらい印象を受けました。

カラーはブラックとCAMEOの2種類。パイピングには暗がりでも光に反射して光る反射材が装着されています。

なお重量は1位商品の110Sが700gに対し、こちらは編集部計測が727gで、ほぼ同じと考えてよいと思います。短いサイズでのバリエーションが1位商品より少ないのがやや残念でした。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

しっかりとロッドを固定できるのが良いですね。ただ1位商品にハンドルと肩掛けベルトが付いているのに対し、こちらは肩掛けベルトのみなので、若干評価を落としました。

【セミハードタイプ4位】長さ調節が便利な「アブガルシア」

アブガルシア
セミハードパックロッドケース 55-90 ブラック    
実勢価格:3719円

サイズ:長さ55-90cm
サイズラインナップ:1サイズ
最大仕舞寸法:長さ90cm、幅9cm、奥行8cm
重量:600g
素材:ポリエステル100%

▼採点結果

  • 作り    :25/25点
  • 保護力   :24/25点
  • 収納力   :18/20点
  • サイズ対応力:15/20点
  • コスパ   :7/10点
  • 合計    :89/100点

第4位も同じくアブガルシア「セミハードパックロッドケース」

仕舞寸法55-90cmの伸縮型セミハードケースで、パックロッドなど短めのロッドを収納するのに向いています。

ケースは2位商品と同じように2つのパーツに分かれていて、それぞれに付いている面ファスナーで固定します。面ファスナーはかなり強力で、一度付けた後外すのが大変でした。

内側にはロッド固定ベルトが付いています。ケースは硬質の芯材とクッション性のある柔らかい芯材を組み合わせています。非常に優れた商品ですが、サイズが55-90のみとなります。また面ファスナーの接着力がどのくらい持つかは、今後検証していきたいと思います。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

素材や縫製はしっかりしていますね。クッション素材を使っていて、内側に固定ベルトを備えているので、保護性能は合格点です。ただし収納サイズは短いロッド限定なので、今回ランクを下げました。

【セミハードタイプ5位】軽量で持ち運びが便利な「LUKIA」

LUKIA(ルキア)
ストレートロッドケース 
実勢価格:2333円(60cm)

本体サイズ:75×60cm
サイズラインナップ:60、135、145、155cm
参考重量:340g(60cm・編集部計測)
素材PVC

▼採点結果

  • 作り    :23/25点
  • 保護力   :23/25点
  • 収納力   :17/20点
  • サイズ対応力:17/20点
  • コスパ   :8/10点
  • 合計    :88/100点

第5位はLUKIA「ストレートロッドケース」。今回取り寄せた60cm以外に135、145,155の計4サイズがあります。カラーはロゴの部分だけの色違いで、ブラックシルバー・ブラックレッド、ブラックカーキーの3種類です。

素材は水に強いPVCを採用。内側には固定バンドが付いています。固定バンドは面ファスナーではなく、結ぶタイプなので、若干面倒を感じるかもしれません。収納本数の表示はありませんが、若干細身なので、コンパクトロッド2~3本といったところです。

山口剛 氏
フィッシングメーカー・テスター
山口剛 氏 のコメント

価格が安く、コスパに優れた商品だと思います。保護力も合格点ですが、ショルダーベルトが付いておらず、ハンドルのみなので、今回は順位を落としました。

以上、ロッドケースの10選でした。

傷や破損から大切な釣り具を守ってくれるロッドケースは、アングラー必携のアイテム。ぜひ、選び方の参考にしてみてくださいね。