ホームアカ抜ける部屋づくりのルールって?

いざ部屋の模様替えをしたいと思っても、なかなか理想のお部屋にはならない……ということありませんか? 実は、“捨てる・片付ける”の2ステップを踏まないと、オシャレなアカ抜けたお部屋にはならないんです。

そこで、テストする女性誌「LDK」が片付け下手さんやセンスに自信がない人でもおしゃ見えする部屋を叶えるため、インテリア・お片付けのプロと一緒に徹底調査。マネするだけで変わる部屋づくりのアカ抜け術や、おすすめアイテムを紹介します。

今回は、リビング編。ごちゃっと感をスッキリさせるアカ抜けルールと、収納アイテムにおすすめの扉付きキャビネット3製品です。

ホーム映えない実用品は扉付きキャビネットに移動でスッキリ

オープン収納を飾っているけどパッとしない……。ということはありませんか? 書類や日用品と飾りたいものが混在していると、メリハリがない印象に。

そんなあなたはまず収納を扉付きに替えてみましょう。さらに、飾りたいアイテムは高低差をつけて三角形に置くだけで、一気にセンスよく見えます。

ポイント1:扉付きなら工夫いらずでスッキリ見え

オープンラックは中身が全て丸見えなので、上を飾っても埋もれて目立ちません。

扉付きキャビネットなら収納が扉で隠されているので、メリハリがついてキャビネット上の飾りが際立ちます。

ポイント2:視線が集まりやすいゾーンを飾る

高さ75cm〜135cmのゴールデンゾーンには視線が集まります。人が無意識の状態で最も目に入りやすい高さを飾りましょう。

荒井詩万 氏
インテリアコーディネーター
荒井詩万 氏 のコメント

壁に絵を飾る場合は絵の中心を140〜150cmにすると見やすいですよ。

ポイント3:高さ違いアイテムで三角形を描くだけでセンスUP

適当に置くと、飾る場所というより、もの置きっぽく見えてしまって残念に。センスよく見せるには、“低・中・高”の高さ違いのアイテムで三角形を作って飾りましょう。

高いものを花瓶、真ん中を写真たて、低いものを小物にすると三角形が作りやすいです。

子どもの絵も、三角形のルールに則って飾れば美術館級に格上げされます!

荒井詩万 氏
インテリアコーディネーター
荒井詩万 氏 のコメント

なんとなく飾るのとルールを知って飾るのとでは断然印象が変わります。

ということで今回は、生活感を隠してくれる扉付きキャビネット3製品をインテリアのプロがチェック。「デザイン」「使いやすさ」「収納力」を比較した結果を、おすすめ順に紹介します。

A評価ガバッと開けてサッと放り込める「IKEA」

IKEA
ベストー 収納コンビネーション
実勢価格:2万6490円

サイズ:W120×D42×H74cm
付属品:ベストー(台、棚板×2、ソフトクロージング/プッシュオープン ヒンジ×2、サポート脚)、ヘデヴィーケン×2、カッバルプ×2

▼テスト結果

  • デザイン :◎+
  • 使いやすさ:◎
  • 収納力  :○
  • 評価   :A

IKEA「ベストー 収納コンビネーション」がA評価に。

両面扉がガバっと開くので、書類や文房具などがサッと放り込めて便利。扉の中は多少ごちゃついていてもいいので、必要なものと飾るものを共存させないようにしましょう。

圧迫感がない高さで部屋になじむデザインが高評価でした。

大橋わか 氏
収納インテリアアドバイザー
大橋わか 氏 のコメント

キャビネットは脚付きのほうがスタイリッシュに見えます。

プッシュラッチをとり付ければ、押すだけで扉が開いて全体を見渡せます。

奥行き十分で、下段にはA4のファイルボックスが縦置きでき、上段には横置きが可能です。

A評価組み立てなしでラクちん「無印良品」

無印良品
木製キャビネット・木扉・オーク材
実勢価格:2万9900円

サイズ:W88×D44×H83cm

▼テスト結果

  • デザイン :○
  • 使いやすさ:◎
  • 収納力  :◎+
  • 評価   :A

A評価の無印良品「木製キャビネット・木扉・オーク材」は、組みたった状態で届きます。

存在感は強いですが、脚がない分たくさん入るので機能性重視の人におすすめです。

B評価収納力がもう一声「LOWYA」

LOWYA
暮らしに溶け込むサイドボード
実勢価格:2万9900円

サイズ:W118×D38×H81.2cm

※Amazonのリンクは幅90cmのサイズ違いです

▼テスト結果

  • デザイン :◎+
  • 使いやすさ:○
  • 収納力  :△
  • 評価   :B

B評価のLOWYA「暮らしに溶け込むサイドボード」は、デザインは高評価でしたが収納力があと一歩。

下段にA4サイズのファイルボックスがギリギリ入らないのが惜しいです。

以上、リビングのアカ抜けルールとおすすめアイテムの紹介でした。

家族の共有スペースは程よく諦めて「隠す」・おしゃ見えルールで「魅せる」のメリハリをつけましょう。ぜひ、マネしてみてくださいね。

ホームインテリアの売れ筋ランキングもチェック!

インテリアや収納、寝具などのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。