文房具iPadライフがもっと快適になる活用術はある?

本音の家電ガイド『家電批評』でも人気を集める「iPad」。そこで、毎日の仕事や暮らしで引っかかる「これってどうにかならないかなあ」という困りごとを、iPadを使って解決する方法をお届けします。仕事や子育てにも活用できて、2022年のiPadライフがもっと楽しくなるワザ満載です!

スマートフォン「家電批評 オブ・ザ・イヤー2021」にも選ばれた「iPad mini(第6世代)」

王冠アイコン

Apple
iPad mini
(第6世代)
実勢価格:5万9800円~

今回は、iPadにインストールしておきたいおすすめアプリをご紹介。数が多くて大変な計算問題の採点や子どもが進んでひらがなを楽しく覚えるなど、子どもの学習を効率化してくれるアプリ2選です。

スマートフォンかざして3秒で計算問題の採点完了!「CheckMath」

Beijing Yuanli Education
Science and Technology Co., Ltd.
CheckMath
価格:無料(アプリ内課金あり)

子どもが解いた算数ドリルなどを採点する際に役立つのが「CheckMath」。採点したい面をカメラで撮ればOKで、あとはアプリが自動で採点をしてくれます。

いちいち解答例の確認などをしなくても一瞬で正誤がわかり、採点の効率がアップ。解答だけでなく、数式部分が手書きでもちゃんと認識してくれるので、お手製の計算問題に使えるのも便利です。

建部博
家電批評編集部 編集長
建部博 のコメント

計算問題の採点って数が多くて少し面倒。これがあればサクサク丸つけできちゃいます!

ポイント:計算の採点を完全にまかせられる

使い方は簡単でカメラで撮影するだけ。四則計算や穴埋め、分数や方程式にも対応しています。文字が見切れていたり、小数点が曖昧だったりするとうまく判定できないので注意。

「過去の間違い確認」など機能拡張には有料会員登録が必要

自動採点や一部の計算練習などは無料で利用できますが、過去の自動採点の履歴が確認できる「間違いノート」を使うには6200円/年の課金が必要。ただ使わなくても、特に不便さは感じません。

スマートフォン遊んでひらがなを学ぶ「たのしい!ひらがな」

Rainbow Mimizu
たのしい!ひらがな
価格:無料(アプリ内課金あり)

子どもに本などでひらがなを覚えさせようにも、集中してくれない……。そんなときは、Rainbow Mimizu「たのしい!ひらがな」がおすすめです

画面の指示に従い、文字をなぞるなどのミニゲームをクリアしながら、ひらがなを学習できるのが特徴。絵本のようなコミカルなデザインや演出が楽しいので、子どもが飽きずに、遊び感覚でひらがなを覚えてくれます。

建部博
家電批評編集部 編集長
建部博 のコメント

親から見てもその演出が印象に残るので、子どもと楽しみながらひらがなを教えるには最適!

ポイント:子どもが夢中になる演出

文字をなぞる、タッチするたびに、音声とともにさまざまな演出が展開。文字をなぞるだけでも楽しいです。

ついついタップしたくなります! 楽しい演出見たさでアプリを続けるうちに、自然とひらがなを覚えてくれるようになります。

以上、子どもの学習を効率化してくれるおすすめアプリ2選でした。

iPadとアプリを使えば、勉強のモチベーションもぐっと上がりそう。お子さんに合ったアプリを取り入れて、楽しく学んでみてはいかがでしょうか。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

文房具iPadの売れ筋ランキングもチェック!

iPadのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。