スマートフォン導入するだけでスマホの利便性が爆上げできる!

今やなくてはならないスマホですが、メールやネット、動画視聴、SNS以外ではあまり活用できていないという人も多いのではないでしょうか?

そこで『家電批評』2021年11月号では、スマホをもっと活用するため「生活系アプリ」「娯楽・外出系アプリ」「仕事・学習系アプリ」の3ジャンル・計30本のアプリをピックアップしました。

今回は「仕事・学習系アプリ」から、英語などの勉強に役立つおすすめアプリ3選です。なお、翻訳アプリは需要が高いので、複数の人気アプリの比較も行いました。

※アプリにAndroid版とiOS版の両方がある場合、アプリクレジットの情報(開発元やジャンル)はAndroid版で表記しています。

スマートフォン1: 精度の高い翻訳で勉強が捗る! 「DeepL Translate」

DeepL Translate
開発元:DeepL GmbH
ジャンル:リファレンス
価格:無料 

「DeepL Translate」は、高精度な翻訳機能を持つ翻訳アプリ。対応言語は26言語と同系統アプリの中では少なめですが、ディープラーニング技術により、外国語をより自然な文章に翻訳できます。

スマートフォンポイント:違和感なく読める文章に!

翻訳しにくい固有名詞や砕けた言い回しでも問題なし。同種アプリと比べて、ずば抜けて高性能です。

スマートフォン比較:人気4アプリの翻訳精度を比較!

人気翻訳アプリの翻訳精度を比較してみました。

▼DeepL Translate:◎
翻訳精度は随一。固有名詞も訳もほぼ完璧。

▼Microsoft翻訳:○
他と比べ、倒置法や砕けた会話の翻訳が得意

▼Google翻訳:○
きちんとした文章の翻訳であれば問題はなし。

▼音声&翻訳 - 翻訳機:△
翻訳できていない単語が若干見受けられる。

スマートフォンポイント:海外旅行には「Microsoft翻訳」も便利

「Microsoft翻訳」はフレーズブックで自然な言い回しを確認できるほか、録音している会話の逐次翻訳が可能で、海外旅行に役立ちます。

スマートフォン2:中学レベルからTOEICまで学習できる「英単語アプリ mikan」

英単語アプリ
mikan
開発元:mikan Co., Ltd.
ジャンル/教育
価格:無料(アプリ内課金あり) 

英語の学習には、手軽な4択クイズ形式で英単語を学べる「英単語アプリ mikan」がオススメ。中学で習う単語から高校・大学受験、英検の各級やTOEIC・TOEFL対策まで、あらゆるレベルの英単語が登録されています。

スマートフォンポイント:空き時間で手軽に学べる

目標とするレベルや1日の学習量を設定すれば、自分の実力に合わせた学習ができます。

スマートフォン3:答えはもちろん途中式まで教えてくれる「Microsoft Math Solver」

Microsoft
Math Solver
開発元:Microsoft Corporation
ジャンル:教育
価格:無料 

なにかと苦手な人が多い数学問題。スマホを使って答えを計算するだけなら簡単でも、きちんと内容を理解するにはそれだけでは足りません。

「Microsoft Math Solver」は三角関数や微分積分といった高校までの数学問題を、途中式やその解説まで表示してくれる計算アプリ。これを使えば、子どもから質問されても、きちんと答えを教えることができます。

スマートフォンポイント:手描きの数式も正確に読み込める!

「Microsoft Math Solver」を起動し、カメラで問題を撮影。手書きの文字も読み込んで分析できます。

「ステップを表示する」をタップすると途中式とその解説が表示されるので、学習に役立てましょう。

以上、「仕事・学習系アプリ」から、英語などの勉強に役立つおすすめアプリ3選でした。ぜひ日々の学習にお役立てくださいね!

スマートフォン 『家電批評』2021年11月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年11月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年11月号では、「ずぼらキッチン家電」の特集を掲載しています。こちらもぜひチェックしてみてください。