食品雑貨注目のヘルシー食材「大豆ミート」

ここ最近、テレビやSNSでも話題の「大豆ミート」。大豆を使ったお肉風の食品で、低脂質で高たんぱく、食物繊維も豊富ということもあり話題です。

ダイエット効果も期待できるほか、手軽に食べられて味もグッド。おかずやお弁当にもさっと使える便利な食材なんです。

そこで今回は大豆ミートを料理家といっしょに味比べ。おいしさや栄養バランスをチェックし、オススメ製品を探しました。

食品雑貨大豆ミートってどんなもの?

大豆ミートはまだなじみのない方も多いと思いますが、最近ではスーパーやコンビニにも売られるようになりました。味付きや、温めるだけで食べられるものも登場し、とっても使いやすくなっています。

まずは大豆ミートの基本を見てみましょう。

基本1:「大豆ミート」は大豆をお肉風にした植物性食品

「大豆ミート」は植物性の代替肉のことです。「フェイクミート」「プラントベースミート」などさまざまな呼び方がありますが、どれも同じもの。大豆やほかの豆類が原料で、味や食感をお肉に近づけています。

基本2:大豆ミートは栄養面でも優秀!

大豆ミートは栄養面でも優れています。脂質が少なく高タンパクなので、筋肉をつけたり、お肌や髪、爪など美容面にもうれしい効果が。

またお肉と違って食物繊維が豊富なので、便秘解消など腸活にも効果的。メインのおかずを大豆ミートにすることで、食事のバランスが整いやすくなります。

基本3:種類は大きく3つ。どんどん手軽になっています

大豆ミートはスーパーやコンビニなどで購入可能です。これまでは水で戻して使う乾燥タイプが主流でしたが、最近はチルドタイプ調理済みタイプのものが急増。調理不要のものもあって使いやすくなっています。

また、モスバーガーやドトールなど、身近なチェーン店でも大豆ミートメニューが登場していますよ。

※公式SNS、PR timesより

このようにメリットいっぱいの大豆ミート。初心者さんなら、まずは調理済タイプがおすすめです。レンチンや湯せんで温めたり、フライパンで焼いたりするだけでOK。

見た目もお肉のものと変わらないので使いやすいです。ぜひ試してみてくださいね。

こちらが王道のデミハンバーグ。
よーく見てもお肉のハンバーグにしか見えません。

食品雑貨大豆ミートカレー3製品をプロと比較

今回は、初心者におすすめの調理済みの大豆ミート食品から、スーパーや通販などで購入できる「カレー」3製品を集め、食のプロと検証。以下の2項目でテストしました。
※総合評価は「おいしさ」を重視しています

テスト1:おいしさ

食べるならやっぱりおいしいものということで、料理研究家がおいしさや食感、香り、再現度などをチェック。

テスト2:栄養バランス

身体作りに必須の栄養素であるたんぱく質と、摂りすぎが気になる脂質のバランスをチェック。添加物の量も確認しました。

それでは大豆ミートカレー3製品をおすすめ順に発表します!

A評価マルコメ
「ダイズラボ 
大豆のお肉の
キーマカレー」

王冠アイコン

マルコメ
ダイズラボ
大豆のお肉のキーマカレー

実勢価格:228円
内容量:160g
※Amazonは5個セットの販売です。

▼テスト結果
おいしさ:◎+
栄養  :○

ベストバイを獲得したマルコメ「ダイズラボ 大豆のお肉のキーマカレー」は、刺激と絡みが絶妙な本格派! 刺激強めのスパイスと辛さが効いて、大豆の臭みは一切ナシ。言われなきゃ大豆ミートだとはわからないレベルです。

食物繊維が5g入りなのもうれしいです!

大豆だなんて思えないほどお肉感◎でスパイシー! 程よいスパイシーさでごはんが進みます!

C評価:西友
「みなさまの
お墨付き 
大豆ミートの
キーマカレー」

西友
みなさまのお墨付き
大豆ミートのキーマカレー
実勢価格:270円

内容量:160g

▼テスト結果
おいしさ:×
栄養  :○

西友「みなさまのお墨付き 大豆ミートのキーマカレー」はさまざまな緑黄色野菜も配合されている点はうれしいものの、カレー味で大豆臭が消えませんでした。後味に大豆の苦さがあります。

C評価:日本ハム
「大豆ミート
キーマカレー」

日本ハム
大豆ミート
キーマカレー
実勢価格:503円

内容量:180g

▼テスト結果
おいしさ:×
栄養  :○

日本ハム「大豆ミート キーマカレー」は、そもそもカレールーが微妙すぎて、大豆が悪目立ち。スパイシーさも物足りず、味のバランスが全体的に残念でした。

食品雑貨大豆ミートアイテムの売れ筋ランキングもチェック!

大豆ミートのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、大豆ミートのカレー製品比較でした。ベストバイのマルコメはお肉感もスパイシーさも大満足! 温めるだけでさっと食べられるので、ぜひ試してみてくださいね。