本当に必要なものは? 女性のための防災グッズ選び

近年は日本列島が大雨や台風に見舞われることも多く、災害が複合的に起こることもしばしば。また大規模災害ではなくても、大雨で停電が起きたり、地震で断水したりと身近で起きる小さな災害を経験した人も多いはずです。

備えは防災リュックという人が多数

LDK公式Twitterでのアンケートによると、災害&避難用のグッズを備えている人は約53%。その内容としては、8割弱の人が防災リュックという結果でした。

必要なものがまとまっている防災リュックはあると安心ですが、災害時に本当に必要となるものまで入っているとはかぎりません。また、コロナ禍での避難生活では、感染対策に高い意識をもって備えることも必要になっています。

日頃から備えたい身近なプチ災害

大災害だけでなく、断水や停電といったプチ災害でライフラインが止まってしまうことも。対策グッズを用意しておけば暮らしを守ることができます。

備え1:停電

突然の停電で家中が真っ暗! そんなときに視野を確保できるLEDライトがあると安心です。また空調が停止したときに活躍する、暑さ・寒さ対策グッズも必須です。

備え2:断水

生活用水がストップすると最も困るのはトイレ。簡易トイレのほか、水を使わなくても使えるケア用品も用意しておきたいアイテムです。

備え3:ガス停止

心細い災害時には、暖かい食事があると心も体も癒やしてくれます。簡単に作れて味もおいしい非常食も重要です。

備え4:地震

冷蔵庫などの大きな家電や家具の転倒防止グッズに加えて、二次災害を想定した火災対策グッズも要チェックです。

備え5:避難

避難所で過ごすことを考えると、市販の防災リュックだけでは不十分。必要に応じてカスタマイズすることが必須です。

災害時に湯せんでおいしいご飯を炊く方法

ガスも電気もストップした災害時でも、おいしいご飯を炊くことができます。用意するのはこちら。

▼必要なもの
・米
・鍋
・飲料水
・湯せん用の水
・アイラップ

岩谷マテリアル
アイラップ
実勢価格:192円

60枚入り
※Amazonは2個セットのページに移動します

アイラップは、湯煎で使えるポリ袋です。アイラップにお米と少量の飲料水を入れ、鍋で煮るだけで驚くほどおいしいご飯が炊けます。

手順1:アイラップに米を入れる

アイラップにお米を1/4~1合程度入れます。とがずに炊ける無洗米を利用するのがコツです。

手順2:アイラップの中に飲料水を入れる

お米の入ったアイラップに飲料水を入れ、口をしっかりと結びます。水の分量はお米と同量よりも少し多めが目安です。

手順3:水をはった鍋に2を入れて湯せんする

カセットコンロに鍋を置き、アイラップに入れた米が7~8割程度ひたるくらいの水を沸かして投入します。結んだ先が鍋肌に触れないように注意しましょう。

手順4:15分炊き+5分蒸らして完成!

15分ほど加熱した後、5分ほど蒸らして完成。粗熱が取れたら、袋ごと握ればおにぎりも簡単に作れます。

断水で洗い物はできないけれど、お湯なら沸かせる! というときに知っておくと便利ですよ。

おすすめカセットコンロ イワタニ「カセットフー達人スリムⅡ」

イワタニ
カセットフー
達人スリムⅡ
実勢価格:3080円

サイズ:W338×H84×D275mm
重量:1.2kg
連続燃焼時間:約70分

▼評価
火力   :◎+
沸騰の早さ:○
ボンベ消費:◎+


カセットコンロは「停電時の調理に重宝した」という被災者の声も多いので、いざというときのためにガスボンベと併せて普段から常備しておくと安心です。

イワタニ「カセットフー達人スリムⅡ」は、強めの火力で長時間使うことができます。

ガスが止まったときに、ほ乳瓶の温めにも最適です。

ガス停止時の調理に便利 東京都葛飾福祉工場「ハイパワー 加熱セット」

東京都葛飾福祉工場
ハイパワー加熱セット
(4回分)
実勢価格:1100円

東京都葛飾福祉工場「ハイパワー 加熱セット」は、付属の発熱剤を入れるだけでレトルト食品3袋が一度に加熱できるスグレモノ。350mlの飲料水も約85℃のお湯になります!

1セットで4回の加熱が可能です!

カセットコンロの売れ筋ランキングもチェック!

カセットコンロのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、災害時に湯せんで使えるポリ袋を使った炊飯方法の紹介でした。

ガスも電気もストップした災害時にはカセットコンロや加熱セットが役に立ちます。まだ持っていないという人は、ぜひこちらを参考にしてくださいね。