本当に必要なものは? 女性のための防災グッズ選び

近年は日本列島が大雨や台風に見舞われることも多く、災害が複合的に起こることもしばしば。また大規模災害ではなくても、大雨で停電が起きたり、地震で断水したりと身近で起きる小さな災害を経験した人も多いはずです。

備えは防災リュックという人が多数

LDK公式Twitterでのアンケートによると、災害&避難用のグッズを備えている人は約53%。その内容としては、8割弱の人が防災リュックという結果でした。

必要なものがまとまっている防災リュックはあると安心ですが、災害時に本当に必要となるものまで入っているとはかぎりません。また、コロナ禍での避難生活では、感染対策に高い意識をもって備えることも必要になっています。

日頃から備えたい身近なプチ災害

大災害だけでなく、断水や停電といったプチ災害でライフラインが止まってしまうことも。対策グッズを用意しておけば暮らしを守ることができます。

備え1:停電

突然の停電で家中が真っ暗! そんなときに視野を確保できるLEDライトがあると安心です。また空調が停止したときに活躍する、暑さ・寒さ対策グッズも必須です。

備え2:断水

生活用水がストップすると最も困るのはトイレ。簡易トイレのほか、水を使わなくても使えるケア用品も用意しておきたいアイテムです。

備え3:ガス停止

心細い災害時には、暖かい食事があると心も体も癒やしてくれます。簡単に作れて味もおいしい非常食も重要です。

備え4:地震

冷蔵庫などの大きな家電や家具の転倒防止グッズに加えて、二次災害を想定した火災対策グッズも要チェックです。

備え5:避難

避難所で過ごすことを考えると、市販の防災リュックだけでは不十分。必要に応じてカスタマイズすることが必須です。

停電時に必須の「ヘッドライト」3製品を比較

私たちの身近に起きる災害を想定し、いま備えるべき女性のための防災グッズを集め、防災のプロである災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんと一緒にテストしました。

和田隆昌 氏
災害危機管理アドバイザー
和田隆昌 氏 のコメント

日常で使っているものでも、災害時にも役立つものがたくさんあります。

今回は、暗闇の中での移動に懐中電灯より圧倒的に便利な「ヘッドライト」「明るさ」「光の広がり」「使いやすさ」の3点を比較し、広範囲を明るく照らせるかどうかをチェックしました。

それでは結果をご覧ください!

広範囲を照らせる GENTOS「LEDヘッドライト COMBREAKER」

GENTOS
LEDヘッドライト
COMBREAKER
実勢価格:2043円

▼評価
明るさ  :◎
光の広がり:◎+
使いやすさ:◎


ヘッドライトは足元を明るく、広範囲を照らすことができるものが便利。GENTOS「LEDヘッドライト COMBREAKER」は、ヘッドが50度可動し、足元や周囲の様子も広く照らせて安心でした。

装着や操作がラクで赤白のライトに切り替えもできます。

広範囲を照らすことができて、暗闇でも行動しやすいです。

足もと全体がよく見えます!

シンプルで装着しやすい Dovon Cocoda「2021版 Dovon ヘッドライト」

Dovon Cocoda
2021版
Dovon
ヘッドライト
実勢価格:1599円

▼評価
明るさ  :○
光の広がり:△
使いやすさ:◎

Dovon Cocoda「「2021版」Dovon ヘッドライト」
は、小ぶりなサイズでシンプルなので頭につけやすいです。ただ、輝度が低く、照射範囲もやや狭めで微妙でした。

狭い範囲がほんやり明るいです。

C評価: 輝度は高めだけど…… HeliusHelius「【進化版】Helius LED ヘッドライト」

HeliusHelius
【進化版】
Helius LED
実勢価格:2393円

▼評価
明るさ  :○
光の広がり:△
使いやすさ:◎

HeliusHelius「【進化版】Helius LED ヘッドライト」
は、3つのライトで照らし輝度は高め。でも照らす範囲が狭くて足元しか見えず期待はずれでした。

光は強いのですが、範囲が狭いです。

ヘッドライトの売れ筋ランキングもチェック!

ヘッドライトのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、女性にも使いやすい防災グッズから「広範囲を明るく照らすヘッドライト」の紹介でした。

ヘッドライトは突然の停電の際、屋外はもちろん屋内での移動でも必要です。両手があくので簡単な調理時にも重宝します。持っていない方はぜひこの機会にチェックしてみてください。