どうやって検証してる?「LDK」の裏側を大公開!

テストする女性誌『LDK』(毎月28日発売)は、2013年の創刊以来これまで洗剤や料理ツール、掃除道具、収納用品からコスメ、ファッションアイテムまで、さまざまな日用品をテストしてきました。

そんな“日本一テストする女性誌”が、2021年10月号で創刊100号を迎えました。

そこで、過去に反響の大きかったテストの舞台裏を大公開。あわせて、編集部おすすめアイテムも紹介します!

今回は、ネットで人気の「洗たくマグちゃん」「オキシクリーン」の検証企画のヒミツです。

「洗たくマグちゃん」は洗浄力がアップする?

雑誌『LDK』ではSNSで話題のものを忖度なしで検証することもあります。例えば、「洗たくマグちゃん」は編集部員がプレゼンして検証。

ネットでは「入れるだけで洗浄力がアップする」とウワサでしたが、テストの結果は洗剤の力のみで洗うのとほぼ変わりありませんでした。

「洗たくマグちゃん」の洗浄力はほぼなしでした

リニューアルされたパッケージ

※上のパッケージはリニューアル前のものです

宮本製作所
洗たくマグちゃん
実勢価格:1980円

2021年4月まで、マグネシウムの力で洗浄・消臭・抗菌ができるとうたっていた宮本製作所「洗たくマグちゃん」。

※こちらの検証は「LDK」2021年2月号にて行いました。現在商品の効果についてメーカーは「消臭効果」をうたっています。

洗浄力のテストでは、粉洗剤のみの「洗浄力37%」に対し、粉洗剤+洗たくマグちゃんは「洗浄力38.4%」と、その差はたった1%。

さらに、洗濯マグちゃんのみでは、「洗浄力16.6%」で期待以上の効果を感じることができませんでした。

※この検証結果が掲載された後の2021年4月、「洗たくマグちゃん」は消費者庁より「マグネシウムの効果で洗剤や柔軟剤を使わずに洗濯できると表示したのは根拠がない」と、景品表示法違反に当たるとして再発防止などを命じられています。

▼「洗たくマグちゃん」の詳しい検証結果はこちら

「オキシクリーン」は本当に汚れが落ちる?

グラフィコ
オキシクリーンEX
802g
実勢価格:1130円

コスパ:9.6円/1回
※コスパは水4Lに対して使用する1回分の量を割って計算しています

界面活性剤で汚れを落とすグラフィコ「オキシクリーンEX」。いろんな物に使えて便利とネットで注目を集めていました。

しかし、実際に汚れ落ちをテストしてみると、ケチャップ汚れが若干残るという結果に。

1回あたりに使う量が多いのでコスパも悪いです。

【LDKおすすめアイテム1】花王「ワイドハイター」

花王
ワイドハイター
クリアヒーロー
クレンジングパウダー
530g
実勢価格:495円

コスパ:4.7円/1回

※リンク先はセット商品を含む販売ページです

雑誌『LDK』がおすすめしたいのは花王「ワイドハイター クリアヒーロー クレンジングパウダー」です。

ケチャップ汚れもオキシクリーンより薄く漂白できました。水量に対する使用量が少なく納得のコスパです。

兄弟誌「MONOQLO」でのマスク汚れ落とし検証でも、オキシよりもワイドハイターに軍配が上がりました。

【LDKおすすめアイテム2】「ウタマロ石けん」

ウタマロ
ウタマロ石けん
専用ケース付き
実勢価格:548円

靴下などのガンコな泥汚れにおすすめなのが「ウタマロ石けん」。洗濯石けんのベストバイアイテムに輝いたアイテムです。

泡がよく続き、しっかり洗えます。専用のシリコンケース付きで使い勝手も抜群です。

▼泥落とし石けん6製品のおすすめランキングはこちら

洗濯洗剤の売れ筋ランキングもチェック!

洗濯洗剤の楽天・Amazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、「洗濯マグちゃん」「オキシクリーン」の検証企画のヒミツと『LDK』編集部が本気でおすすめしたいアイテムの紹介でした。

ぜひお買い物の参考にしてみてください!

『LDK』2021年10月号

晋遊舎
『LDK』
2021年10月号
実勢価格:650円

『LDK』2021年10月号では、「LDK創刊100号記念TESTヒストリー」の特集を掲載しています。

今回ご紹介したアイテム以外にも、さまざまなテストの裏側や、テストで見つけた編集部員やプロのおすすめグッズ、愛用品も紹介しているのでぜひ手にとってみてくださいね。