AV機器生活がラクになる!"ヒット家電"は買っても良い?

生活がラクになる!

コロナウイルスの影響で日常が大きく変わりました。「もっとこうしたい」「ここがラクになれば」といった新しいニーズに応えるさまざまな“ヒット家電”が生まれています。

そこで、自宅でゲームや動画、写真や音楽をおもいっきり楽しめる、おすすめAV機器を集めました。

その中から今回ご紹介するのは、Apple初のヘッドホン、アップル「AirPods Max」です。

AV機器AirPods Proのヘッドホン版! Apple「AirPods Max」

Apple「 AirPods Max」

Apple
AirPods Max
実勢価格:6万7980円


サイズ・重量:W168.6×D83.4×H187.3mm・384.8g(本体)、134.5g(ケース)
センサー:光学センサー、ポジションセンサー、ケース検知センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ
チップ:Apple H1チップ
接続:Bluetooth 5.0

Apple初のヘッドホン、その名もApple「AirPods Max」。つまり、Appleユーザーお馴染みの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズの新キャラです。

その名の通り、iPhoneやMacとのスムーズなペアリング、ノイズキャンセリングや外部音取り込みをはじめとする各種機能は「AirPods Pro」とほぼ同一。高価な価格は「空間オーディオ」が普及すれば、さらに激推しできます。

外部音取り込みとノイズキャンセリングを選択可能

Apple「AirPods Max」の音声選択

AirPods Pro同様に、ノイズキャンセリングのほか、外部音の取り込みモードを選べます。効き具合の調節ができないのもAirPods Proと同じです。

イヤーパッド内の状態を計測して音を常時補正する

Apple「AirPods Max」イヤーパッド内部

イヤーパッド内部で音がどのように響いているか常時計測して、それに合わせてサウンドを制御します。

ヘッドホンは装着位置によって聞こえ方が変わってしまいますが、それを防ぐための技術です。

「空間オーディオ」で聴く映像の臨場感は嘘みたいにスゴイ

「空間オーディオ」機能

AirPods Proも対応している「空間オーディオ」をサポート。対応コンテンツでは音が頭の周囲に立体的に広がるように聞こえます。Netflixが化けますよ! この動画体験は、まさに「魔法」です。

以上、Apple初のノイキャンヘッドホンApple「AirPods Max」を紹介しました。動画コンテンツの臨場感を手軽にアップさせたい方はいかがでしょうか。

AV機器『家電批評』2021年6月号

『家電批評』2021年6月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年6月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年6月号では、『爆ヒット家電!買って良いモノダメなもの』を大特集。ぜひチェックしてみてください。