キッチンマネするだけ!簡単おいしい冷凍保存術おしえます

マネするだけ!簡単おいしい冷凍保存術おしえます

食材を買ってきたら、すぐ使わないときは冷凍保存が便利ですよね。

でも、ちょっとした不満もありませんか? たとえばお魚やご飯は冷凍すると味が落ちたり、野菜の冷凍は下処理が大変だったり。これって冷凍の仕方が間違っているのかもって、不安になったり。

そこで今回は忙しい毎日の味方になる、冷凍保存術をプロと徹底検証。その結果わかった食材のおいしさをアップする方法をご紹介していきます。

キッチン「魚」の下味冷凍の実験をしてみました

「魚」の下味冷凍の実験をしてみました

最近流行している下味冷凍って、ご存じですか? 買ってきた魚はそのまま凍らせる方も多いかもしれませんが、下味冷凍をすると食材のおいしさを保つことができるんですよ。

下味といっても調味料はさまざま。それに魚の種類も色々あるので、じつは相性などもあるんです。そこで今回は、魚がいちばん美味しくなる下味冷凍を実験してみました。

ベストな下味冷凍を検証しました

今回は魚を使って、以下の5種類の下味調味料で検証しました。

▼検証した下味5種
・下味なし
・塩こうじ
・酒+塩+にんにくすりおりし
・酒+塩+生姜すりおろし
・酒+塩+ハーブ


評価は、くさみと味を各5段階評価し、総合評価として以下の5つで判定しました。

▼判定基準
・めちゃウマ =S
・アリじゃん =A
・悪くない  =B
・ちょいしぶい=C
・めちゃマズ =D


それでは評価の高かった下味からご紹介していきます。

S評価塩こうじ:身がプリップリに!

塩こうじ:身がプリップリに!

▼テスト結果
くさみ:◎+
味  :◎+


塩こうじで下味をつけると、魚のうまみが凝縮され、風味までグッと増しました。食感も身が締まってプリプリに。検証結果は食感も味もどちらも文句なしの最高評価でした。

塩こうじ:身がプリップリに!

まるで1ランクお高い魚にランクが格上げされたように感じるほど、うまみが倍増します。くさみも消えました。

酒寄美奈子 氏
料理研究家
酒寄美奈子 氏 のコメント

塩こうじで魚のうまみが倍増します。

A評価酒+塩+にんにくすりおりし:パンチのある風味!

A評価となったのは、薬味系の下味3種でした。味やくさみの結果を順にご紹介します。

酒+塩+にんにくすりおりし:パンチのある風味!

▼テスト結果
くさみ:◎
味  :◎


強めのにんにく風味が魚の生臭さを消してくれたので、くさみに関しては最高評価となりました。ただしパンチのある風味が残るので、中華に使う場合におすすめです。

酒+塩+にんにくすりおりし:パンチのある風味!

にんにくをプラスすると、食欲をそそるような風味になりました。

キッチン酒+塩+生姜すりおろし:魚のうまみが引き立つ!

酒+塩+生姜すりおろし:魚のうまみが引き立つ!

▼テスト結果
くさみ:◎
味  :◎


口に入れるとまず生姜の香りが広がり、魚のうまみを引き立ててくれました。くさみは感じません。

酒+塩+生姜すりおろし:魚のうまみが引き立つ!

この下味の組み合わせは、和食や中華料理におすすめです。

キッチン酒+塩+ハーブ:上品な香りでムニエルに!

酒+塩+ハーブ:上品な香りでムニエルに!

▼テスト結果
くさみ:◎
味  :◎


にんにく、生姜の下味と同じく、ハーブはくさみを抑える効果が高かったです。上品な香りが漂い、こちらの下味も高評価でした。

酒+塩+ハーブ:上品な香りでムニエルに!

今回はハーブ感が強いローズマリーを使用。風味が濃いのでムニエルなどの洋食料理に向いています。

D評価: 下味なし:魚くささが残ります

D評価: 下味なし:魚くささが残ります

▼テスト結果
くさみ:×
味  :△


最後は下味なしでそのまま冷凍したものを検証。パサつきはなかったものの、魚のくさみが強く、美味しく感じませんでした。

D評価: 下味なし:魚くささが残ります

生臭さが全面にでて味にまで影響してしまうので、そのまま冷凍するのはおすすめできません。

ちなみに、魚の冷凍におすすめのアイテムがコチラ!

キッチン冷凍しても鮮度をキープするおすすめ製品!

冷凍しても鮮度をキープするおすすめ製品!

旭化成ホームプロダクツ 
ジップロック(R)フリーザーバッグ M
実勢価格:656円/45枚

サイズ:縦189×横177×厚さ0.06mm
※Amazonはあわせ買い対象商品です。

大定番の旭化成ホームプロダクツ「ジップロック(R)フリーザーバッグ」はダブルジッパーで鮮度ばっちりです。

冷凍しても鮮度をキープするおすすめ製品!

岩谷マテリアル
アイラップ マチ付き
実勢価格:200円/60枚

サイズ:縦350×250×マチ40×厚さ0.009mm

岩谷マテリアル「アイラップ」は一見ただのポリ袋に見えますが、実は調理道具としても超優秀! 耐熱温度が120℃の丈夫な素材なので、冷凍して、そのまま鍋に入れて加熱もできるんです。

キッチン便利な解凍法発見!魚は凍ったまま焼けるんです

便利な解凍法発見!魚は凍ったまま焼けるんです

魚の切り身は、冷凍のままグリルに入れても美味しく焼けるので、解凍の手間を全面カットできます。自分で下味をつけたものでも、市販品でもいけますよ。そのまま焼くと時短調理にもなるのでおすすめです。

塩鮭:皮までパリパリに

塩鮭:皮までパリパリに
冷凍状態
塩鮭:皮までパリパリに
焼き上がり

冷凍のまま焼くと、皮もパリパリになりました!

サバの文化干し:こんがり焼けました

サバの文化干し:こんがり焼けました
冷凍状態
サバの文化干し:こんがり焼けました
焼き上がり

冷凍のままでも、こんがり焼くことができました。

さわらの西京漬け:焦げやすいので注意

さわらの西京漬け:焦げやすいので注意
冷凍状態
さわらの西京漬け:焦げやすいので注意
焼き上がり

味噌が焦げやすかったので、注意が必要です。

下味をつけた冷凍魚は、切り身でも干物でも基本的にグリルできれいに焼けました。ただ西京焼きなど焦げやすいものは弱火でじっくり焼くのがおすすめです。焦げが心配な場合は、上からアルミホイルをかけるのもいいでしょう。

以上、魚の下味冷凍の味付け比較でした。

くさみを消してくれる下味冷凍の一番のおすすめは、魚の味そのものをランクアップさせてくれる「塩こうじ」でした。安い日にまとめ買いした魚は、下味をつけて冷凍しましょう。