ホーム今備えるべき最低限の防災用品を紹介

いつ「首都直下型地震」がいつ起きてもおかしくないと言われていますが、災害への備えはできていますか?

新型コロナウイルスの感染症リスクという新たなハードルができた今、コロナ以前とは災害への備え方が変わってきています

今回、テストするモノ批評誌『MONOQLO』では、災害や医療のプロに取材を依頼して検証。その結果からわかった今備えるべき最低限の防災用品をご紹介します。

ホーム自宅待機で備える!コロナ時代の災害対応策とは?

コロナ時代に災害が発生した場合、倒壊の恐れがある住宅であったり、火災や浸水が想定されるエリアに住んでいない限り自宅で待機することが望ましいです。

その理由としては、

・避難所で感染症にかかるリスクがある
・そもそも避難所のキャパが減っている


などが挙げられます。

国際災害レスキューナースの辻さんによれば、避難所では3密対策として定員を大幅に減らしているとのこと。沖縄・奄美地方などを襲った2020年の台風10号では、「行ったけど入れなかった」とびしょ濡れで立ち尽くす人が続出したそうです。

そのため、コロナ以前とは違い、今では待機できるように家自体を強化したり、自宅からなるべく出なくて済むように備えておくことが必要になります。

辻直美 氏
国際災害レスキューナース
辻直美 氏 のコメント

自宅待機の備えがこれまで以上に大事です。

ホームおすすめの「飛散防止シート」5選

今回は、被災時に自宅を守るアイテムをピックアップ。地震では窓ガラスが割れて飛散し、床が歩くのも危険な状態になってしまう場合も。そんな状況に備えて「飛散防止シート」を貼っておきましょう。

窓ガラスの破片が飛び散るのを軽減してくれる「飛散防止シート」5製品の飛散防止力を比較検証してみてわかったのは、性能には違いがほとんどないということ。そのため、一番手頃な価格で買える製品を備えておくことをおすすめします!

ホームアイリスオーヤマ「飛散防止フィルム」

アイリスオーヤマ
飛散防止フィルム
HBF-4818N
実勢価格:697円

サイズ:48×180cm

▼検証結果

【飛散防止力:◎】

手頃な価格で買えるアイリスオーヤマ「飛散防止フィルム」なら、衝撃でガラスが割れたとしても室内に飛び散る危険性は少なくなります。

鉄球を落としてガラスを割ってみても、シートが破片をほとんど吸着してくれました。

その他の製品の検証結果は以下のとおりです。

ホームその他の4製品もしっかり破片を吸着しました

細かい破片も少ない「ニトムズ」

ニトムズ
ガラス飛散防止シート
実勢価格:893円

46×180㎝

▼検証結果

【飛散防止力:◎】

アイリスの次に安い「ノムラテック」

ノムラテック
N-2078
[ガラス飛散防止フィルム]
実勢価格:777円

▼検証結果

【飛散防止力:◎】

プライベートブランドもバッチリ!「カインズ」

カインズ
防災フィルム
46×185㎝ CZHO
実勢価格:798円

▼検証結果

【飛散防止力:◎】

一番高いけどしっかり吸着「リンテックコマース」

リンテックコマース
防災地震対策フィルム
92cm×185cm
クリアーHGS-05L
実勢価格:2315円

▼検証結果

【飛散防止力:◎】

以上、飛散防止シートのご紹介でした。

防災グッズは一見同じようなものでも性能が異なることがあります。今回ご紹介しているのは、過去ベストバイに輝いた製品に加え、改めて徹底テストしてみてわかった安全なモノだけを厳選しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼大型家具に取り付けたい!モノが飛ぶのを防ぐ防災グッズは?