ホーム令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

ホーム手回し1分でラジオが約3時間!
品薄で価格高騰後も売れ続けたラジオ

頻発する災害への対策として防災ラジオへの需要が高まっていますが、まず間違いない選択だと断言できるのが、ソニーの「ICFーB99」です。

ソニー
ポータブルラジオ ICF-B99
実勢価格:8672円

サイズ:W132×H79×D58mm
重量:約385g
電源:ダイナモ、内蔵バッテリー(容量不明)、外部供給(Micro USB)、単3電池×2本、ソーラー充電

こちらは本誌2019年2月号にて12台の防災ラジオを比較した際、生産が追いつかず元値の1・5倍強の価格でしか手に入らなくなっていました。それでも圧倒的な評価を得てベストバイを獲得しました(ちなみにアマゾン上では最高4万円に達しました)。

現在は価格が戻っており、備えておくなら今が最適なタイミングとなっています。

ホーム売れているのもうなずける
飛び抜けた性能です

その理由は、周波数メーターが独立していて見やすい選局の細かい調整がしやすい、などラジオとしての使いやすさはもちろん、多電源対応であることや申し分のない光量のライトなど、全体が非常に高いレベルでまとまっていたためです。

手回し充電、ソーラー充電、単3電池もOK。汎用性の高さも随一。ラジオは手動選局ですが、使いやすく、音質もクリアです。

内部電源からはもちろん、単3電池からでもUSB経由でスマホの充電ができるのは心強い!ちなみに、ダイナモハンドルを回して最大電流を計測したところ、750mAhと、十分な数値でした。

ダイナモ発電の効率が高すぎ! ちょっと回しにくいのはご愛嬌でしょうか。

テストしたライターは「手回し1分でラジオが3時間くらい聴ける。充電効率の高さが圧倒的」と、感嘆することしきり。片手に収まるサイズ感ながら、頼り甲斐は絶大。ぜひ、ご注目いただきたい逸品です。

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたソニーの防災ラジオ「ICF-B99」の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。