ホーム生活用水を確保!
タンクの選び方は?

人間1人が1日に必要な飲料水は約3L。炊事や洗濯などの生活用水を含めると、人1人が1日に必要な量は6L。4人家族だとすると、1日に24Lもの水が必要になります。この大量の水を自宅の備蓄分だけで賄うことは、かなり難しいと言えるでしょう。

そこで、生活用水の備蓄とともに、給水場所に水を確保しに行くことになりますが、ペットボトルでは量的に足りません。そこで必要になるのがウォータータンクなんです。

今回、そのウォータータンクについて、人気4製品の携帯性、耐久力、注水力、収納性をそれぞれ評価し、ランキング化しましたので、ぜひご覧ください!

超基本!ウォータータンクの選び方

ウォータータンクには、ソフトタイプとハードタイプの2種類があります。

ソフトタイプはコンパクトに収納できるので、荷物を減らしたい方にオススメです。ハードタイプは携帯性には劣ルものの、安定性が高く、テーブルや台の上でも使いやすいです。用途に応じて選ぶとよいでしょう。

また、量としては10~20リットルの容量のものが必要となります。


それでは、最高評価のウォータータンクから発表です!

記事1位BEST利便性と設置性を兼備
水流の強さも絶妙!

キャプテンスタッグ
抗菌 ボルディーウォータータンク 10L M-1431
実勢価格:1267円

こちらはハードタイプのタンク。細部まで作りがしっかりしていて持ちやすいのが高評価でした。安定感があるので机に置いてもぐらつかず、スリムなので設置スペースも小さくて済みます。

タンク上部の給水口が大きく、こぼしにくい設計です。せわしない給水所でも、慌てず使えますよ。

また、蛇口の作りも優秀です。柔らかい水流で、水の速さも絶妙。容器からこぼさず入れやすいんです。

評価はこちら。

ハードタイプなので、携帯性や収納性にはやや欠けますが、使い勝手は満点の優秀タンクです!

記事2位BESTベストと同タイプですが
蛇口の性能はやや劣ります

尾上製作所
ウォータータンク 10L OWS-10C
実勢価格:891円

キャプテンスタッグと同じタイプですが、やや横幅が長めになっています。

水を入れて持つと、持ち手が体から離れ、やや重さを感じてしまいます。

蛇口は垂直に水が出るタイプなので、水流の調節が難しいです。

ということで、評価はこのようになりました。

記事3位BEST蛇口の水流調節がやや不安定
でも、コスパは最強です

アイリスオーヤマ
ウォータータンク 10L WAT-10L
実勢価格:888円(2個セット)

ソフトボディのタンクとしてはスタンダードなタイプ。

このように折りたためるので、場所を取りません。素材は厚めのビニールなので耐久性もあります。

ただ、蛇口の作りがやや雑な印象で、マックスまでひねる前から水が強めに出てしまうのが残念なところです。

評価はこちら。2個セットでコスパはいいのですが、性能的にはごく普通のソフトタンクでやや物足りなさはあります。

4位: 重くて持ちにくく
確実に台車が必要

FIELDOOR
レバー式コック付き 折りたたみ式 ウォータータンク 15L
実勢価格:3040円(2個セット)

こちらも、ソフトボディのウォータータンクです。折りたたむと、こんな感じ。

15Lと、ほかのモデルよりも多く水を入れることができるのですが、ソフトな素材のため、15Lの重さがかかると、不安定に。取っ手が引っ張られて破れるかと不安になってしまいます。重くて持ちにくいので、確実に台車が必要になるでしょう。

また、テーブルに置くときはスペースも必要なので、気軽に設置場所を移動できないのが厳しいかも。

アイリスオーヤマとほとんど変わらない機能と耐久性ですが、水流はこちらの方が柔らかい印象でした。

ホーム運搬には台車が必須
オススメはこちら!

水を入れたウォータータンクを手持ちで運搬するのは、どう考えても重すぎます。ましてや、何度も往復するなんて厳しすぎですよね。

タンクを運ぶには、基本的に台車が必須です。オススメは、ラクラク運べるこちら。

トラスコ中山
カルティオ
実勢価格:8548円

本体が軽く、女性でもスムーズに押せます。足で押さえやすいよう傾斜がついており、ハンドルを手前に引くとテコのようにして荷台が持ち上がるので、段差もOK。

先端部分が丸くなっているので、引っかかりにくいのも嬉しいところです。

ホームタンクは必ず備えておきたい
緊急時の必須アイテム!

ウォータータンクは、もちろんみんなが用意している方がいいですが、特に、地域が孤立してしまったり、交通が遮断したりする可能性がある場所に住んでいる人に備えてほしいアイテムです。

山や川が近い郊外や、海辺などに住んでいる場合、被災時には衛生的な水の入手が困難になり、生死を分ける可能性もあります。また、高齢者や子ども、妊婦さんや乳幼児のいる家庭でも、ぜひ備えておきましょう。