家電2020の総まとめ!最強コスパの家電&デジタル一挙公開

コロナ禍に見舞われたこの一年間、ネットを疑う家電ガイド『家電批評』ではテストにテストを重ね、数々の掘り出しものを発見してきました。その中には、こんな時代だからこそ生まれたベストヒットアイテムも。

今回は、家電界隈をくまなく巡ってきた取材班が思わずうなった、性能も価格も譲らない注目製品を選りすぐってご紹介します。

家電2020年はこんなものがヒットしました

振り返ってみると、2020年3月の緊急事態宣言とともに、コロナ対策グッズが大注目となりました。また、巣ごもり需要で家電でもさまざまなモノが売れました。

▼パナソニック「ジアイーノ」
品薄になりプレミア化。空気清浄機の売り上げもUP。

▼パソコン・周辺機器
テレワーク需要でパソコンや周辺機器が売れ、Webカメラやヘッドセットは特に品薄に。

▼キッチン家電
外出自粛でキッチン家電人気に火がつきました。また感染予防の観点から、体温計やハンドソープの自動ディスペンサーなど非接触家電も人気に。

▼ドライブレコーダー
直接コロナとは関連しませんが、あおり運転の厳罰化で需要がさらに高まりました。

▼Nintendo Switch
大人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の発売に加えて、外出自粛の影響で、Nintendo Switchも大争奪戦に。

▼4Kテレビ
オリンピック需要が期待された4Kテレビですが、延期になっても巣篭もり需要で販売台数は好調。とくにハイセンスでは前年比200%を超える大ヒット。

そのほかにも、夏の猛暑でネッククーラーが売れたり、度重なる台風被害などで防災アイテムが売れるなど、ヒット商品を振り返ってみると今年一年の社会の動きが見えてくるようです。

さて今回は、スリムかつ機能バツグンなのに今年の発売から約11万円も値下がりした冷蔵庫、アクア「AQR-VZ46J」をご紹介します!

家電スリムで機能的なアクア「AQR-VZ46J」

アクア
AQR-VZ46J
実勢価格:12万9000円

内容積:458L サイズ・重量:W600×H1840×D710mm・約102kg 年間消費電力量(50/60Hz):275kWh年

アクア「AQR-VZ46J」は、冷蔵室は棚数を変更できたり、ポケットの高さを2段階に調節できたりと、収納スタイルに合わせてカスタマイズ可能。さらに2段ある冷凍室は作り置き食材や冷凍食品がたっぷり入る、収納性に優れた一台です。

また機能も豊富で、2段階の温度切り替えが可能なチルドルームに、引き出しやすい真ん中野菜室など、トレンドをきちんと押さえたコスパ機です。

2020年1月の発売からわずか10カ月あまりで約11万円の値下がり。ほぼ“最新モデル”がかなり格安で購入できます。

※価格は変動しているためご確認ください。

冷凍室も結構広々です。クイック冷凍ができる上段と大容量の下段。作り置き派にも便利です。

「真ん中野菜室」と「温度切り替えチルド」

野菜室は真ん中にあるので引き出しやすくなっています。

チルドルームは通常(約0~2℃)と低音(約-2~0℃)の2段階調節が可能です。

3段棚のシンプル構造になっている冷蔵室

ガラス棚は外せるので、カレーを鍋ごと冷蔵したいときなどに便利。小さいマルチポケットは高さを2段階に調節できるから、瓶詰めなどはもちろん、背が高いドレッシングなどもしまえます。

以上、アクア「AQR-VZ46J」のご紹介でした。おうちごはんが増えて容量が……なら超買い時「11万円値下がり」コスパ機です!

家電『家電批評』2020年12月号

家電批評
2020年10月号

家電デジタルの最強コスパ140製品を紹介した「安くて良いモノ スペシャル」を特集している『家電批評』2020年12月号はこちらから購入できます。ぜひチェックしてみてくださいね。