<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は『家電批評』2020年9月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン本気でおすすめ!「キッチン家電」のオールスター集めました

自宅で過ごす時間が増え、お家ごはんの充実化が加速しています。気軽に外食ができないときは、優秀な「キッチン家電」の力を借りて、いつもとちょっと違うおいしいごはんに挑戦してみませんか。

そこでご紹介したいのが、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』が厳選・検証した、ホットプレートや炊飯器、コーヒーメーカーなど、キッチン家電やキッチンツールのオールスターたち。

その中から今回は、買い物の回数を減らしたい人、共働きで買い置きで1週間乗り切りたい人に超おすすめの「冷蔵庫」をご紹介します。数ある製品の中から選りすぐった逸品をまずはご覧ください!

キッチン肉・魚の微凍結は神レベル! パナソニック「NR-F555HPX」

パナソニック
NR-F555HPX
実勢価格:40万8879円

内容積:550L
サイズ:W685×H1828×D699mm
質量:約111kg
年間消費電力量(50/60Hz):279kWh/年

パナソニック「NR-F555HPX」は、マイナス3°Cですばやく凍結する「微凍結パーシャル」が最大の特徴の冷蔵庫。生魚は1週間後も生で 食べられるほどで、生肉も臭みはなし。ほぼ脱水していなかったのが驚きです!

もちろん野菜室も優秀で「ナノイー」が野菜の栄養素を守ってくれます。保存したほうれん草の旨味もしっかりキープしてくれていました。

冷凍室はペットボトルを縦置きできる深さがあり、「クーリングアシストルーム」でできたて熱々のおかずや新鮮な野菜を急速冷凍することも可能。大容量で買い物の頻度を減らしながら、 新鮮な食材を味わえます。

ポイント:肉・魚は一週間後も匂い・味に変化なし!

チルド(0°C)より低い約マイナス3°Cの「微凍結パ ーシャル」にて、ひき肉と生魚を1週間保存し検証検証してみました。

結果はこちらです。

ともに3日目は重量も色もほとんど変わらず匂いもなし。表面を薄く凍らせることで鮮度を保ち、1週間後も魚は生で食べられたし、ひき肉には臭みがなく旨味もたっぷりでした。

0℃で保存するチルドとの切り替えはボタンひとつで簡単です。

ポイント:ナノイーで野菜の鮮度も保ちます

野菜室に入れたほうれん草は、葉はしおれても茎はしっかり

食べると旨味もありました。

ポイント:たっぷり入り整理もしやすい冷凍庫

冷凍室は上段、中段、本体ケースの3段構成になっています。本体ケースは凍結用ペットボトルを縦置きできます。

▼最新冷蔵庫の徹底検証の詳細はこちら!

パナソニック「NR-F555HPX」は冷蔵室・野菜室・冷凍室それぞれに鮮度を守ってくれるから、買い物の頻度も減らせ、ついつい美味しいものをお取り寄せしちゃう人や共働き家庭の味方になってくれそう。

冷蔵庫は大きな買い物ですが、最新技術が生活を大きく向上させてくれます。買い換えを検討している方は、せひチェックしてみてくださいね!