<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチンコンパクトでも保冷性能の高い二人暮らし向けの冷蔵庫

見た目や機能など、最近の冷蔵庫の進化には目を見張るものがあります。どのメーカーも食品を美味しく長持ちさせる工夫がなされ、鮮度維持に注力した製品が増えてきています。

こういった製品はファミリー向けの大型冷蔵庫に限ったことではありません。二人暮らし向けの冷蔵庫もハイエンド機種に搭載されているような高い保冷性能を持つモデルが充実しています。中にはファミリー向きのハイレベルな機能を搭載しながら、コンパクトなサイズになっているモデルもあるんです。一人暮らし用冷蔵庫から買い替えたときには、保冷力の大きな差を感じられるはずです。

なお、ファミリーサイズの冷蔵庫のおすすめもサンロクマルで公開していますので気になる方はどうぞ。

▼【サンロクマルで公開中】ファミリー向け最新おすすめ冷蔵庫記事はこちら


また、一人暮らし向けのおすすめ冷蔵庫の記事も公開中です!

▼【サンロクマルで公開中】一人暮らし向け最新おすすめ冷蔵庫記事はこちら

キッチン二人暮らし向け冷蔵庫選びでチェックしておきたい4項目

冷蔵庫を買う前に確認しておきたいのが設置場所とそこまでの経路のサイズ。経路のサイズを間違えると、設置場所にたどり着くことさえできない場合もあります。家電の中でも高額な冷蔵庫ですから、そんな最悪の事態は避けたいですね。そのほかにもチェックしておきたいのは次の4項目です。

チェック1:容積

二人暮らしの夫婦やカップルにちょうどいいのが、200~350Lクラスの冷蔵庫。飲み物や冷凍食品などもたっぷり入り、ストレスなく使えます。冷蔵庫全体の容積だけでなく、冷凍食品をストックしておきたい人は冷凍庫が大きめのものというように、各部屋の容積も確認しておきましょう。

チェック2:チルド室の性能

肉や魚などの鮮度維持にはチルド室の性能が重要です。チルド室は冷蔵室よりも低い約0~2℃の温度で設定されていて、食品が凍らない温度をキープ。各メーカーとも工夫を凝らしており、呼び名も様々。メーカーごとにチルド室の性能が異なるので、ニーズに合っているかチェックしておきたいところです。

チェック3:野菜室の性能

冷蔵庫内で保存した野菜の状態も気になるところ。冷蔵庫の中で野菜がしんなりしていたらがっかりですよね。レタスはシャキッとトマトは瑞々しくといった具合に、野菜の鮮度を保てる性能かどうかチェックしましょう。

チェック4:使い心地

毎日使う冷蔵庫なので、使い心地も大切です。少しでも気になることがあれば、それはストレスの原因にもなります。扉の開閉のしやすさ、各室の配置、ドアポケットの使い勝手などを確認しましょう。また、冷凍室と野菜室の開閉頻度によって、どちらが真ん中にレイアウトされているかもチェックしておくといいでしょう。

以上を踏まえ、おすすめの冷蔵庫5製品をご紹介したいと思います。

キッチン圧倒的チルド性能! パナソニック「NR-E415PV」

パナソニック(Panasonic):NR-E415PV:冷蔵庫

パナソニック(Panasonic)
NR-E415PV
実勢価格:25万800円

内容積:406L
サイズ・重量:W600×H1818×D679mm・88kg
カラー:シャンパンゴールド、スノーホワイト

▼各部屋の容量

  • 冷蔵室: 199L
  • 製氷室: 16L
  • 上段冷凍室: 23L
  • 下段冷凍室: 79L
  • 野菜室: 89L
  • 合計: 406L

ベストに選ばれたパナソニック「NR-E415PV」は、上位モデルに搭載されている「微凍結パーシャル」を備え、他社のチルド性能を圧倒的に上回っています。その実力は、傷みやすいひき肉やマグロの切り身を1週間新鮮なままキープするほど。野菜室の保冷性能も高く、ナノイーが栄養素を守って野菜の鮮度をキープしてくれます。

長期間保存してもお肉やお魚は新鮮なまま!

「微凍結パーシャル」は、一般的なチルドよりも低い温度の-3℃。肉や魚が凍り始めるギリギリの低温が酸素の侵入を防いで、新鮮さをキープ。

また、冷凍と違って細胞のまわりが少し凍っているだけなので、解凍の手間なく肉や魚をサクッと切れます。作り置きのおかずも食べたい分だけ取り分けてすぐに温められるので、冷凍しておくよりもずっと時短になります。

鍋もそのまま入ります。

冷蔵室にもこだわりを感じます。1、2段目には清潔さをキープしやすいガラス棚を採用。鍋も入る高さや、大型ペットボトルもガンガン入るドアも頼もしい冷蔵室です。

こだわったのは冷蔵室だけでなく、使いやすいサイズやドア数にも。600mmの幅は広くない部屋にも置きやすく、文句なしの使い勝手です。家族が増える予定のある人にもおすすめの、長く使える準ファミリーモデルといえます。「機能もスペースも妥協したくない」という方には、圧倒的に買いのモデルです!

キッチン野菜室の新鮮さキープ力がスゴい!
東芝「GR-R33S」

東芝ライフスタイル:GR-R33S:冷蔵庫

東芝ライフスタイル
TOSHIBA GR-R33S
実勢価格:9万9880円

内容積:330L
サイズ・重量:W600×H1608×D672mm・66kg
カラー:シルバー、グレインホワイト

▼各部屋の容量

  • 冷蔵室: 164L
  • 野菜室: 82L
  • 冷凍室: 84L
  • 合計: 330L

東芝「GR-R33S」の魅力は、まるで買ったばかりのような新鮮さをキープする野菜室。野菜室が出し入れしやすい中段にあり、立ったまま野菜を取り出せるので楽です。野菜のストックが多めで頻繁に料理する人におすすめです。

注目したいのは「うるおいラップ野菜室」。気密性を高めて乾燥を防ぐだけでなく、野菜に直接冷気があたらないような工夫がなされ、鮮度と美味しさを保持します。まるで買いたての野菜のような新鮮さをキープしてくれるのはスゴい!

キッチン高性能なチルドを完備
東芝「GR-R36SXV」

東芝ライフスタイル: GR-R36SXV:冷蔵庫

東芝ライフスタイル
TOSHIBA GR-R36SXV
実勢価格:11万9680円

内容積:363L
サイズ・重量:W600×H1734×D672mm・75kg
カラー:グランホワイト、ラピスアイボリー
※リンク先のカラーはラピスアイボリーになります

▼各部屋の容量

  • 冷蔵室: 197L
  • 野菜室: 82L
  • 冷凍室: 84L
  • 合計: 363L

東芝「GR-R36SXV」は上述の東芝「GR-R33S」と基本的な性能は同等ですが、高機能な「速鮮チルドモード/解凍モード」を搭載。冷却スピードを向上させて鮮度とおいしさを保つうえ、約30分で冷凍した肉や魚を切りやすい硬さに解凍してくれます

キッチンガラスドアが高級感を醸し出す
三菱電機「MR-CG33TE」

三菱電機 MR-CG33TE:冷蔵庫

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
MR-CG33TE
実勢価格:18万760円

内容積:330L
サイズ・重量:W600×H1698×D660mm・67kg
カラー:ナチュラルホワイト、クリスタルブラック

▼各部屋の容量

  • 冷蔵室: 180L
  • 野菜室: 70L
  • 冷凍室: 80L
  • 合計: 330L

三菱電機「MR-CG33TE」にはハイエンドモデルに採用されているガラスドアが使われており、このクラスの中でもひときわ高級感のあるデザインが魅力です。さらに、ガラスドアは油などの汚れも落ちやすく、お手入れも楽ちんです。

容量に対し冷蔵室と冷凍室がゆったりめに取られており、冷食や惣菜がたっぷり入ります。サッと汚れが拭き取れて掃除しやすい全段ガラスシェルフや、外して洗える野菜室のトレイなど、いつでも清潔に使える工夫がなされています。

キッチン思いがけずチルドが優秀
アクア「AQR-SV38J」

アクア(AQUA): AQR-SV38J:冷蔵庫

アクア(AQUA)
AQR-SV38J
実勢価格:13万8000円

内容積:375L
サイズ・重量:W600×H1804×D662mm・83kg
カラー:チタニウムシルバー、ダークウッドブラウン

▼各部屋の容量

  • 冷蔵室: 218L
  • 上段冷凍室: 41L
  • 下段冷凍室: 47L
  • 野菜室: 69L
  • 合計: 375L

最後にご紹介するのはアクア「AQR-SV38J」。こちらはハイエンドモデルに搭載される「旬鮮チルド」を備え、魚の臭みや肉のドリップを抑えて保存できます。2部屋ある冷凍室は、作り置きのおかずやアイスクリームは上段、冷凍食品は下段といった具合に、用途に応じて使い分けられて便利です。

チルドの性能や冷凍室の充実ぶりに目が行きがちですが、大容量の冷蔵室もGOOD。全段強化処理ガラス棚や、チューブスタンドなど使い勝手に心遣いが感じられます。

キッチンメーカーごとに特徴があるのでニーズに合わせた1台を選びましょう

以上、二人暮らし向けの冷蔵庫おすすめ5選をご紹介しました。

パナソニックはハイエンドモデル並みのチルドが神! 東芝は野菜の新鮮さを長期間キープするなど、メーカーごとに特徴があるので、ニーズに合わせてお選びくださいね。